スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も見つけられない

昨日は、通勤車のタイヤ交換と洗車。
今日は、朝イチでホームセンターに行き、日用品の買い物の後、
親のクルマの洗車やら点検やらを済ませて、年賀状も出して来た。

例年通り、あまり年末と言う感覚も無いまま、また年を越すのだろう。
結局、今年も、生きる意味は明確には見つけられそうにないようだ。
来年もそのまた先も見つけられないのかな。
いやいや、そんな先の事を考えるのは止そう。

TVも特番ばかりでいつも以上に見たい番組が無いし、
オンラインでの誰かと繋がりを求めて、何となくゲームをしたり。

ムダに時間を使っていると思われるかもしれないけど、
独りになってからは、この世の人生の残りそのものがムダに思えている。

今年がそうだったように、来年も生きていたら、目先の目標、目的を見つける日々になるのだろう・・・


にほんブログ村






油断と言うわけでは無いけれど

昨日から、喉が痛くて熱っぽい感じ。
今日、仕事中も症状は悪くなる一方で、寒気までして来た。

もう座っているのもつらくて、早々に帰宅。

ここ数年こんな感じはなかったなぁ。
手洗い、うがいは欠かさずに、人混みも行かずに出来る限り規則正しい生活をしてたつもりなのに、
体調を崩す時はこんなもんか。
自分は大丈夫なんて油断があったのかも。

こんな時、パートナーがいないと心細いし、治りも遅いような気がする。

とりあえず食欲はそれなりにあるので、食べて寝る事にしよう。

早く復活するゾ!
何て気合いも空回りしそう・・・


にほんブログ村

街は色づき、心は色褪せる

一昨日は仕事で、昨日は映画を観に、名古屋駅周辺へ行って来た。

久しぶりに名駅(名古屋駅の事)周辺を歩いたけど、街はイルミネーションだらけで、
クリスマス年末ムード一色。
ミッドランドスクウェアビルの灯りが、トナカイ模様になってたり、それはもう普通なら否がおうでも
気分が高揚する雰囲気。

そんな世間の浮かれ様をよそに、僕はと言うとやっぱり切ない気分にしかならない。
純粋にその風景を綺麗だとか、何だか購買意欲が湧いて来るとか、そんな気持ちには全くなれなかった。
何年経ってもダメだねぇ。

気持ちが落ちるばかりの昨夜、久々に妻が夢に出て来た。
寂しさでいっぱいの僕は妻を抱きしめる。

僕 「いいなぁ。いつまでも変わらないから。永遠の35歳かぁ」
妻 「どんな風にいいの?」
僕 「ずっとチャーミングだって事さ」
妻 「普通に可愛いって言えばいいのに」

やりとり自体は何て事ないけど、僕にとっては十分な癒しになった。

この二日間で、世間との疎外感を改めて思い知らされ、心が色褪せた僕を憐れんで出て来てくれたのかな。

早くもう一度二人で紅葉やイルミで色づく街を歩いてみたい・・・


にほんブログ村


思わぬ地雷

少し前にi-phoneのOSをアップデートしたら、写真メニューの中に「ピープル」とか言うものが追加されていた。
そこには人の顔が表示されていた。
当然、妻の顔もあって、顔をタップすると、妻の写真がずらっと表示された。
その中に、再生ボタンのようなものがあり、それを押してみた。

すると、妻の写真がスライドショーになり、次々と表示されていき、
しかも何だか妙に切ない(自分にはそう思えた)音楽も流れ始めた。

何だこの機能、これは泣けてしまう。久々に涙が溢れた。
まさかこんな所にこんな地雷があるとはねぇ。
全くのノーマークだった。

もしかして、これって妻が、もっと私の事を考えなさいよ、と言ってるのかな?
妻の事を考えるとつらくなる事が多いから、あえて考えないようにして
自分を守って来た部分もある。
もし妻からのメッセージだったら、夢に出て来てくれればいいのに。

涙は枯れたと思ってたけど、どうしてどうして、泣ける場面はまだまだあるらしい。

実は泣く事って、ストレス解消になる事もあるらしい。
泣いた後は何となく適度な疲労感で、すっきりとは言わないまでも悪いものが抜けたような、
そんな気分になった。

妻の思惑は実はそこにあったのか?
ここ最近、仕事のストレスが大きくなっていたから、救済措置を施してくれたのかな?

うん、そう思う事にしよう。
何事もいい方向に考えれば、自分の為だしね。

これも自分を守る為の成長なのかもしれないな・・・


にほんブログ村

変えられるものなら

TVのニュースで、独り暮らしの老人に近づき、身の回りの世話をしながら、
老人のキャッシュカードで預金を勝手に引き出したり、亡くなった老人の遺体を廃屋に遺棄した
男女が逮捕された事件を見てたら、

母親「どうやったらてああいう事する人間になるんだろうね、育った環境なのかね」

僕「彼らが生まれた時からもう決まってたんだよ」

母親「そんな事言ったら身も蓋も無いんじゃない?自分で運命は変えられると思わないと
    駄目だよ」

僕「自分で運命を変えられたんだと思っても、実はそれも最初から決まってたんだよ」

母親「・・・・」

そう、運命を変えられるものなら、とっくに変えている。

妻の運命を変えられなかった自分をさんざん責めて来て、どん底まで落ち込んで、
希死念慮と戦い続けて、そうして導きだしたのが、「何でも最初から決まってて、
誰もどうしようもなかった。」
これが結論。

もし、運命を変えられるのなら、
変えられなかった時に、ああしていたら、こうしていれば、
この言葉がエンドレスで頭の中を回り続ける。

そんな日々が続けば、心身ともに到底もたない。
だから自己防衛機能が働いて、最初から決まっていた、そう思うようになったのだろう。

無気力だの、向上心が無いだの、覇気が感じられないと言われようとも変わらない。

そうでもしないとやっていけない・・・・


にほんブログ村










プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。