外出で感じるもの

今日は、社用車で外出。

高速利用して目的地まで。
高速道路、料金所、どこを通っても、妻とのドライブがすぐに目に浮かぶ。

妻とドライブした同じ場所を通ると、当時のやりとりに想いを馳せる。
もう二度と叶わないと分かってても、助手席を見て妻の姿を探す。

乗ってるかな?乗ってるよね?

社用で外出した時は、外から妻に電話したりメールしたりしてた。
時には、お土産を買って帰る事もあり、会社の人間に見つからないように
こっそりと持ち帰ったりしてた。
帰宅した時の妻との会話が楽しくて、待ち遠しくて、家路を急いでいた当時。

何年経っても、そんな事ばかり思って、切ない想いを抱えながら、帰社する。

どうやってもこの感じ方はもう変わらないのだろう。

いつか違う感じ方に変わる時が来るのかな・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

神と仏

先日、神社でご祈祷を受けて、お札やらいろいろもらって来た。

母親は、これらを神棚に飾って毎日拝むようにと言う。

僕は正直、あまり乗り気じゃない。
仏壇は毎日拝んでいるけど、神棚は特に気にしていない。
仏様は妻に対しての想い、先祖に対する想いから
自然と拝む気持ちになれる。

だけど、神様は果たして何かしてくれるのか。
もちろん、何かして欲しいから拝むのでは無いけど、
そもそも創造主としての神様は不平等過ぎて納得出来ない。

本人の努力次第での環境や境遇については、
人間に責任がある。

生まれつきの病気や障害、
予防も原因も治療法も分からない病気や障害を
なぜ作るのかなぜ無くさないのか。

いくら頑張ろうとしても、どうしようも出来ない境遇におかれては、
生活の質が大きく損なわれてしまう。

それが与えられた運命だとは言うけれど、
そんな言葉で片付けられるほど簡単で軽いものじゃない。

神様はちっとも平等じゃない。

とりあえず、母親が自分の事を思ってしてくれている事なので、
拝むようにはするけれど、何とも複雑・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村




そうだ そうに決まってる

先日、物置の整理をした。

物置と言ってもクルマのものばかり。
一通り整理を終えて、
部屋の中にいると、
物置の外に出しておかなきゃいけないものが
あった事を思い出した。

物置の鍵は、部屋の鍵置き場に
いつも掛けてある。

鍵を取り出そうとすると、
無い。どこにも無い。
周辺を探しても、ポケットの中や
部屋中を探しても無い。

物置に鍵を差しっぱなしかなと
物置を見に行っても差さって無い。

ヤバイなぁ。
物置開けられないと洗車も
弄りもメンテも出来ない。

途方に暮れて、
物置の扉を破壊するしかないかなと
思って、もう一度物置を
見に行くと、

物置の上に鍵があった。
物置の高さは自分の胸くらい。

そこは何回も確認したところ。

よかった~、ほっと胸をなでおろす。

それにしても、

さっきはなかったのに、
どこかに落ちてたのを誰かが置いた?
人の気配なんてしないし、
そもそも敷地内に入って来る事自体、考えにくい。


妻が困っている僕を見かねて
置いてくれたのかな。

うん、そう思う事にしよう。

やっぱりいつも傍で見てくれてるのかな。
誰が何と言おうとそうに決まってる。

久々に妻を感じられた気がして
温かい気持ちになった。


ありがとう。
未だに僕の事を気にかけてくれて。
これからもずっと見守ってて欲しい。

遺影に向かってそう話しかける・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村










プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR