あると分からない無くすと分かる

実家で両親との3人暮らしする日々。

一番の困りごと。
両親の喧嘩というか、
お互いの愚痴の言い合いを
聞かされるのがかなりのストレス。

もういやあんな人、
もう付き合いきれない、
疲れる、
どうしようもない、
しゃべりたくない、
どうしてあんな事しか言えない、出来ない、
一緒にいたくない、


よくもまあ、言えるもんだなぁ。
上記の言葉、やりとりを
目の当たりにするのは
つらいな。

いつも目の前に当たり前にあると、
その大切さがお互いに分からないんだ。

喧嘩出来る事、
愚痴を言える事、
例え言い合いであっても、話せる事、
手を伸ばせば触れる事が出来る事、

どうしたって羨まし過ぎる。
何をどうしたって何ひとつ叶わない。


いなくなってみないと、
その存在の重さに人は気付かない。

喧嘩してる両親に、どっちが正しいか聞かれた時、

「喧嘩出来るのが羨ましいよ」

と親に言ったけど、

お互いに全く譲る気配が無い。

お互いの事をお互いが理解しようと
少し思いやるだけで変わると
思うんだけどなぁ。

やっぱり無くさないと分からないんだな。

いくら人生の先輩と言っても、
配偶者を亡くす事については、
こっちが先輩。

どうしたら分かってもらえるんだろう。

あー、もう頭がヘンになりそうだ。


仲が悪いとお互い思ってる夫婦が
健在で、
いつまでも変わらず仲がいいよね、と
お互い思ってた、言ってた2人が
離れ離れなんておかしくないか。

不条理過ぎて納得いかない。


早く逢いたいよ。
いつ会える?
教えてくれないかな。
僕達が離れて暮らすのは
どうしたって間違ってるよね。

一人部屋に籠って遺影に
問いかける・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
連休最後ですね。
すでに疲れてきてます。。。

ケンカできる相手がいるだけでも、いいですよね。
羨ましいです。
私もそんな風に思える場面に何度か遭遇しましたよ。

自分の調子のいい時は「羨ましいな」と思うし、

調子悪い時は「だったらあなたの旦那も亡くなればいいのにね」

・・・もう最悪です。

人がいなくなればいいのに、なんて思うなんて。
でも止められない。

ヨボヨボの人が一生懸命生きているのに
「もう、いいのにね」って思う。

根本がおかしくなってる。
本心隠して普通の人ぶって生きていくのはしんどいな。

はかりさんへ

こんにちは。

行楽日和の休日は心が
疲れます。

調子が良くても悪くても、
「一度、亡くしてみたら?」の
言葉が喉元まで出かかります。

家族連れ、カップル達が
一緒にいるのを当たり前と
思えず、
「大切な人と一緒にいれるなんて
 なんて奇跡なんだろう」
そう思ってしまいます。

お年寄りを見ても、
もう十分でしょ、と思うのが
常です。
もっと言うと、「何でそこまで生きてるの」
もう、自分の闇を抑えきれません。

仮面被って生きるのは
ますます心が崩壊しそうです。



るい37さんへ

るい37さん、うちも同じです。

うちの両親もケンカばっかりしています。
母からの電話も、結局最後は父親の悪口で終わります。
(電話代がもったいないし、聞かされる私がストレス
なので、悪口が始まったら切ります。)

るい37さんはあの世や霊を信じますか?

私は半信半疑ですが、やっぱり信じていないのかな…。
でも、主人が自死する前は全く信じていなかったんです。
今は「あってほしい」「主人に会いたい」
という想いが強いので、確信がほしくて、
ネットで調べたり、アマゾンで本を買ったりしています。

霊が見えるのは精神的に疲れていたり、
抗鬱剤や抗不安剤の影響(幻覚や幻聴の副作用)だと
いう見解を見聞きすると、悲しくなります。

でも、それなら生まれ変わりは?
科学では証明できない例もあるとか…。
毎日、かすかな望みを抱きながら生きています。

配偶者が健在な人は、こんなことを考えないんでしょうね。
配偶者とケンカできるって幸せです…。

世間では3連休でしたが、
私は結局どこにも行かずじまいでした。
去年は主人と出かけていたのに…
悲しいです。




のあさんへ

こればっかりは亡くした人でないと
分かりませんよね。

そんなにいやなら離婚すれば?と
言いたくなります。

あの世や霊の存在は
昔から信じています。
目に見えない力、世界の存在が
無いと説明出来ない現象が
ありますよね。

今は、それにもまして
その存在が支えとなっています。
あの世で妻に会えるその日を
指折り数えて待つ日々です。

目標はただそれのみです。

今まで妻の存在を感じた時は
決して偶然でもなく、
疲れていたわけでも無く、
明らかに妻の意思を感じる事が
出来ました。

私達はもう「普通」には戻れません。
いや、戻りたくないと言った方が
適切かもしれません。

私も片づけがほとんどで、
出かける事なんて、
日用品を買いに行ったくらいです。

行楽やらお祭りやらで
世間は賑わっていましたが、
違う世界の人達なので、
気にせず目の前荷物だけを
見て作業していました。

2人で出かけた日々。
早くあの世で実現させたいです。


同じですね。

こんばんは。私は、週末実家で夕飯をごちそうになってます。平日は仕事が忙しくまともな料理ができないので子供達のために行ってます。私の実家の両親もあまり仲がよくなりません。主人が生きていた頃には感じなかった負の感情がありお世話になっているのに感謝の気持ちがあらわれません。私にはとても気を使っているのがわかりありがたいですが反面ほっといてという感情もあり微妙な感じです。
親子でも伴侶がいるだけで嫉妬してしまいます。

今日は雲ひとつない天気でした。主人が生きていたらきっと海にでもドライブしにいっただろうなと考えながら部屋で空を見て一日がおわりました。

心強いです

るい37さん、コメントを読んで、
とても嬉しくなりました。

るい37さんの言葉は心強いです。
私も主人の魂を感じたいです。

今は睡眠剤を服用して寝ているせいか、
夢の中にも主人は現れません。

うちの主人も「あの世」や「霊」を信じる人でした。
なので、もし霊が存在するのなら、
いつかきっと私の前に現れてくれると思います。

荷物の整理は大変ですね。
最近また暑くなりましたので、よけいに疲れますね。

お身体に気を付けて下さい。

ふーこさんへ

こんばんは。

親からすると、少しでも
娘を助けてあげたい、悲しむ時間を
減らしてあげたい一心だとは思いますが、
私達自死遺族が、夫婦のやりとりにそこまで過敏に
なっているとは思わないんでしょうね。

実家で食事をもらって帰って、自分達だけで食べる、
と言うのが最良の方法だとは思いますが、
それが子供達にとって果たしていいのか
疑問ですしね。

土日月と行楽や運動会、お祭り日和でしたね。
ドライブ日和でもありましたが、
隣に誰もいない状態では
とても出かける気にはなれませんでした。

のあさんへ

全身全霊をかけて、
故人を感じようとすれば、
その存在を感じられると
何かで読みました。

何とかして、
伴侶が発している思いを
受け止められる術を
身につけられたら、と
常々思います。

ご主人も様々な方法を
試しながら、どうにかして
のあさんに思いを、存在を伝えようとしていると
思います。

その波長が合う日が
早く来てほしいものです。

荷物の片づけはある程度は
完了しました。

昼間と朝晩の温度差が激しくなって
いますので、お互いに体調には
気を配りたいですね。


プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR