戸惑い

実家に引っ越して約1週間。

実家と言っても、15年近くも
住んでいないから、
以前とは感覚がまるで違う。

同じ家具を持ち込んでいるものの、
置けるスペースが不足しているので、
配置が異なっている為、
生活動線の違いに戸惑っている。

顔洗ったり、トイレ行ったり、
食事の準備したり、そんな事ですら
どこに行けばいいか少し考えてしまう。
このヘンは慣れだとは思うけど、
それなりにストレスになってる。

何より許せないというか
納得出来ないのが、
妻が使っていたものを
以前のまま保管出来ない事。

以前は、いつも目の届くところに
置いておく事が出来た。

別の部屋にあるだけで、
いつでも見て、触れる事が出来た。

特に妻が身につけていた、
服、靴、アクセサリー類の
収納場所に頭を悩ませる。

一人で住んでいた時のように
部屋や収納場所に余裕は無い。

身につけていない小物雑貨は
ダンボールの中に入ったままで
しばらく放置しかない。

アクセサリー類は自分の部屋に
どうにか収納場所を確保。

靴は本意じゃないけど、
箱に入れて物置の中に収納。
ブーツ様達は箱に入らないから、
倒れないように気をつけて
物置内で他の物とは
間隔を空けて保管。

以前は全て、家に据え付けの
下駄箱に入ってたのになぁ。

一番悩んだのは服。

以前は据え付けのクローゼットに
余裕があったから良かったけど、
実家にはほとんど無い。

タンス類はそのまま実家に持って来たけど、
(ほとんど妻の服が入ってる)
それでも収納スペースが足りない。
一時的に実家にあった移動式の
ハンガーにかけておいたけど、
どうにも納得いかない。

親から服の処分を匂わせる事を
言われて、悩んだ末に、
あまり着ない自分の服を
捨てて、そのスペースに
残った妻の服を収納した。

自分が着れない、着る人もいない
服をそこまでして保管する意味あるのかと
言われそうだけど、
そういう問題じゃない。

自分の中で処分や整理する事が
とても考えられないから
こういう行動はごく当たり前だと
思ってる。

女々しい、キモイ、情けない、
何と言われようと、自分の直感に
従って行動するだけ。

妻も出て来ないから、
異論は無いんだろう。


引っ越しの感想を
妻に聞きたいな・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おつかれさまでした

こんばんは。
引っ越しお疲れさまでした。

やっぱり実家だと、荷物全部は置けないですね。。。
私は納得できるまで倉庫代わりの借家に保管してました。
家賃を払ってでも捨てられなくて。

結局、スーツなど子どもも将来着ないようなものなど
たくさん処分してしまいました。
どんどん処分して、実家に保管できる量になって
最近ようやく借家の解約ができました。

いつまでも置いておきたかったけど
そこから進めないような不安で葛藤しました。
主人を守れなかった罪悪感もあり、
進んではいけないような気もして。

進んでいるんでしょうかねー、精神的に。
止まったままでも、いいのかな。
とにかく早く時間が過ぎて、
「亡くなってもおかしくない年齢」になりたい。




はかりさんへ

倉庫を借りるというテがありましたね!
それにしても自宅内に置いておけないのは
つらいです。

それでもいつかは処分する日が
来るのでしょうか。

進んではいけない、幸せになどなっていけない、
この思いはずっと抱えています。
生きてちゃいけないとまで思う事もあります。

心は進んだ部分もあれば、決して進めない部分も
あると思います。

早く時間が流れないですかね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

遺品

るい37さん、実家暮らしはいかがですか?
ストレスは大丈夫ですか?

遺品はなかなか処分できないですよね。
故人が身に着けていたと思うと、
たとえ部屋が狭くなろうが、不便だろうが、
自分が生きているうちは我慢してしまいますね。

最近、時々考えるんですが、
「私が死んだら、主人との思い出の品はどうなるの?」
「子供も居ないし、親類が全部処分するんだろうな。」
「棺に入れて欲しい(入れてもいい材質)
写真や品物はとっておいて、後は処分してくれと書いた、
遺書や遺言状を作成しないと。」って。

車を運転していても、
「もし事故で私が死んだら家はどうなる?貯金は?
それよりワンコ2匹は?」って心配ばかり。

一人になるって、こういうことなんですね。

ネットをしていても【自死】【生まれ変わり】【あの世】
【魂】【大地震】【滅亡】…
常に「死」と関係のあるキーワードばっかり打ち込んでいます。

この世で一番愛する人を亡くしてしまった、
しかも自死で。
もう死ぬことは怖くないと思ってしまいます。

ですが、つい最近、関西で地震がありました。
結構揺れて震度3の場所もあったのですが、
うちは震度1~2ぐらいの小さな揺れでした。
気付いた瞬間、犬を抱っこして逃げてましたね。

自分の行動に思わず苦笑してしまいました。

主人から「言っていることと行動が伴わないよ。」って
呆れられそうです。

るい37さん、引渡し間近になってきましたね。
お辛いと思いますが、奥様がきっと見守ってくれていますよ。


のあさんへ

実家では何かと勝手が違って、
猫共々苦戦してます。
徐々に慣れていこうと思います。

親はそれなりに気を遣っているようで、
感情面ではまあまあ安定してると
思います。

遺言状は妻が亡くなった当初から
考えていましたね。
棺に入れて欲しいもの、
印鑑等の重要なものの場所、
大してありませんが、遺産相続内容、
色々悩み過ぎてまだ書いてません。

でも自分がいなくなった後なんて
どうでもいいやとも思い、
仏壇にある妻の遺骨の一部だけは、
自分の遺骨と一緒にしてほしいとだけ
書こうかなと思ってます。

一度、大きな地震を経験されてると、
地震に対してはかなり過敏に
なるんですね。
こちらは東南海地震が来る来ると言いながら
なかなか来ません。


いつ死んでもいいと言いながら、
その時はその時で精いっぱい
抗ってしまうのが人間かもしれませんね。
病気等で体力が弱まっていく
状態なら間違いなくそのまま放置で
死を迎え入れると思います。

あと数日で引き渡しですが、
その場には妻も同席してると思いますので、
その存在を感じながら手続きを
進めようと思います。

ありがとうございます。


プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR