誕生日

今日は妻の誕生日。

生前と変わらず、
花屋さんで花買って、妻がお気に入りだった
ケーキ屋さんでケーキ買って、
今年も御祝い。

今日で妻も40歳。
40代へようこそ。

でもあっちでは歳取らないのかな?
永遠の35歳なんてズルイな。

5号のケーキは一人ではデカい。
甘いもの好きな僕でも一度にはムリ。
2日間で何とか食べられるかな?


5年前の最後の誕生日会で、
体調を崩してふさぎこみがちだった
妻もこの日は笑顔が戻っていた。

この嬉しい日に何とか
体調が良くならないかと
自分で自分を鼓舞する意味でも
ムリに明るく振る舞っていたのかもしれない。

どんな小さな事でも、
事態が好転するきっかけになる事を
期待していたんだろう。

そんな嬉しい日から半月後に
妻は逝ってしまった。

妻の日記の最後には、
「本当の自分に戻りたいよ」
と書かれていた。

いつも優しい笑顔で、
周りを明るくしていた妻。

どうやっても自死とは結びつかない
楽しかった日常。

二度と戻らない日常。

この家で祝う誕生日は最後だけど、
この先も永遠に祝い続ける。


早く一緒にお祝いしたいな・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Happy Birthday

奥様のお誕生日、おめでとうございます。
40歳、私と同級生ですね。

主人は36歳で亡くなりました。
誕生日に永遠に年を取らないなんてズルい、と同じ事思っていました。
今もケーキとお花をプレゼントしてあげてるなんて、優しいですね。


主人も毎年、お花プレゼントしてくれたなー。。。なんて思い出しました。
今では自分の誕生日なんてスルーです。
もう来年の誕生日は来ないといいな、なんて願望さえ。


それでも実際は子どもを育てるために、必死で働いてます。
思ってる事とやってる事がチグハグで、どこに向かっているんだろう?と、ふと虚しくなってしまいます。
もっと強くならなきゃいけないのに。

はかりさんへ

ありがとうございます。
同級生なんですね。
時代の話題も共通ですね。

少しでも妻を感じたい一心で、
誕生日のお祝いは続けてます。
なかなか出てきてはくれませんが。

自分の誕生日は全くスルーですね。
どんどん妻と年齢が離れてしまうので、
自分の誕生日なんて要りませんね。

自分の心と社会的な行動のギャップで、
疲れますね。ムリヤリ社会生活してる感は
否めません。

はかりさんもギリギリのところで、
日々を生き抜いていると思います。
子供たちは、はかりさんが頼りなので、
自分が強くならざると得ないと思います。

でも、息抜きと言ったら語弊があるかも
ですが、力を抜く日、時間を
作って自分を労わって褒めてあげたいですね。
応援しています。

お誕生日

奥様のお誕生日おめでとうございます。

お花とケーキでお祝いなんて素敵ですね。
生前も亡くなってからも、
ご主人にお祝いしていただける奥様は幸せですね。

うちも、主人の誕生日を祝って間もなく(一カ月半後)
一人で逝ってしまいました。

ケーキを焼いて、ペアのグラスで乾杯したのに。
何日も前から、自分でカレンダーにシールを貼って、
誕生日を楽しみにしているふうに見えたのに。

あの頃は死ぬつもりはなかったのかなぁ。

亡くなった人は年をとらないので、
主人も44歳のままです。
私だけお婆さんになってゆくのは嫌ですね~。

るい37さん、奥様が亡くなって5年経つのですね。
私は5カ月で、日が浅いからかも知れませんが、
時々錯覚を起こします。

時計を見て「今日は主人の帰りが遅いなぁ。」と思ったり、
スーパーに行って「主人の好物だから買って帰ろう。」と思ったり。

現実逃避ですかね、まだ主人が生きているような気がして。

るい37さん、
奥様のお誕生日をお祝いして、命日に引き渡し。
やはり今回の引っ越しは奥様の導きのような気がしますね。


のあさんへ

ありがとうございます。

のあさんところは手作りケーキですか。
いいですね。どこのお店の
ケーキよりも美味しい事でしょう。
ペアグラスでの乾杯は、
生前はうちでもやってました。

ご主人もさぞかし毎年の楽しみだった事と思います。

ご主人は5ヵ月前に44歳で
亡くなられたとの事ですが、
私と同級生ですね。

私は5年も経つのに、
未だにこんな状況ですから、
かなり女々しいですね。

のあさんと同じように、
以前は、妻がそのうち帰宅するような
感覚はよくありました。

いつの間にか現実を事実として
受け入れるようになったのか、
どうやっても会えないんだと
いう事だけは理解するようになりました。

悲しみの感じ方、受け止め方は
一人として同じではありませんから、
比較は出来ませんが、
のあさんが現実逃避したくなる
気持ちはよく分かります。

今の状況を認めたくない、
認めたら本当に伴侶が死んでしまうような
そんな気がしてしまう。

逃避したい時は逃避するだけして、
少し現実に戻る。
その繰り返しなのかもしれません。

私は自分で決めたようで、実は妻の導きに従って
この先も生きていくのかもしれません。



プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR