それでも時は止まらない

昨日、2回目の鍼灸をしてもらった。

昨日は結構痛かった。
左腕は一番重い時よりは軽くなったような気がする。

あと4、5回は通ってと言われたから、
とりあえずそうしようと思う。

この先どうなるのかは誰にも分からない。

鍼灸院は実家近くにあるから、
当然、妻の実家近辺も通る事になる。

よく通った道を走りながら、
当時の事を思い出す。

妻との初デートで待ち合わせた
スーパーの駐車場。
徒歩で現れた妻を、初めて
愛車に乗せた場所。

「何でこのクルマこんなに低いの?」
とか言われたような気がする。

そのスーパーも今はトレーニングジムになっている。

他にも無くなった、替わった店もいくつかあり、
時の流れを感じさせる。

自分自身の時間は妻と楽しく
過ごしていた時からずっと止まっているのに、
世間の時間は容赦なく流れていく。

限りある日々、止まらない時間。

だからこそ悔いのないように
生きなければならないと思うけど、
既に悔いばかり、いや、悔いしかない。

時間が止まるか、百倍速で流れるかの
どっちかがいいな・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

時はどんどん過ぎてゆき、
息子がバイトをしていた所も、想い出の場所も姿を消し、
悲しみと寂しさが増し、その近くを通るたびに、
涙しています。
いつまでたっても辛い気持ちは変わらないものなんですね。

ハートさんへ

想い出の場所がそのままでも、
そこに故人がいない事に
悲しくなります。

想い出の場所が無くなっても、
時の流れに切なくなります。

本当に心が安らぐ日は
なかなか来ませんね。

あらゆる所に思い出が転がっていて、つまづいては転んで泣けてきます。今日は仕事場を出てすぐの車道。付き合い立ての頃、夫が車で迎えに来て、その車道で私を待ってくれていたことを思いだしました。夫に会えたことが嬉しくて、何だかドキドキして~という甘酸っぱい気持ちまで思い出してしまいました。あの頃は、ホント楽しかった。

お身体、原因がわからないのは不安ですね。少しでも好くなると良いですね!お大事にしてください。

うちの近所も徐々に変化しています。
主人が亡くなってからオープンしたお店、
無くなったお店、空き地に住宅ができたり…。

寂しいですね…

るい37さんのおっしゃる通り、
私も【時間が止まるか、百倍速で流れるかの
どっちかがいいな・・・】。

今日、心療内科の受診日で、
苦しい胸の内を医師にうったえました。
「何で未遂で終わらなかったのか?」
「自死を止めることが出来なくて悔しい。」
「主人が居ない毎日が哀しい。辛い」など。

でも結局、医師でも自死遺族の気持ちなどわからない。
「時が癒してくれる。」などとしかアドバイスをくれない。
本当に時が癒してくれる?
私も、るい37さんのように「時が止まったまま」、
気持ちは変わらない気がします。

毎日主人のことを思い出し、
「この世に主人が居ない事が辛い…。」
きっと、こんな日々が続いていくんだろうな。

るい37さん、左手が少し軽くなられたとのこと、
良かったですね。このまま鍼灸が効きますように。









Fooさんへ

ご主人がFooさんを迎えに行く時、出て来るまで待っている時、
Fooさんを見た時、Fooさんをクルマに乗せた時、
会話した時。

きっとご主人も言いようのないときめきを
感じていた事でしょう。
よく分かります。

かけがえのない気持ちです。

お気遣いありがとうございます。
多少はおちついて来たような気もします。



のあさんへ

自分がどんなに苦しんでいるかを
どれほど訴えようと、
経験者でないと到底理解出来る
はずがありません。

基本的には医師も患者にかける言葉が
ないと思います。

時が過ぎても何も癒える事は
今のところ無いですね。
変化と言えば、一人の生活のリズムに慣れた事
くらいでしょうか。

心の中は何ら変わっていません。

でも、引っ越しをしようと
思った事は自分の中で
何か変化があったのかもしれません。
自分では気づきませんが。

何を見ても、何を聞いても、
何を思っても、
伴侶がいないと言うどうしようもない
事実に行き着いてしまいます。

日常の中にごくささやかな救いを
探して彷徨う日々が続きます。

左腕は鍼灸とリハビリで様子見ですね。
ありがとうございます。



No title

はじめまして。
過去のブログを読ませていただいて、共感することが多くメールさせていただきました。

時間の経過は100倍速が、いいですね。
1000倍、10000倍でもいいかもしれない。
もう今にでも終わってほしいという心境です。。。


3年半前、夫をるい37さんと同じ理由で亡くしました。
子どもが3人います。当時、一番下の子が生後4カ月でした。

お一人でいらっしゃるのはとても寂しい事と思います。
私はこの先3人の子どもを育てていかなくてはいけないという重圧から、時々すべてを投げ出したくなってしまいます。

苦しいですね。
共有できる場所があって嬉しいです。
初コメで重くてごめんなさい。

はかりさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

まさに今すぐに終わってほしいのが
本音ですね。

ご主人が亡くなられて3年半、
本当に苦しくてつらくて、
でも誰にでも胸の内を言えるわけでもなく、
日々をどうにか過ごされて来た事と思います。

投げ出したい自分と、
しっかりしないといけないと言う自分との
戦いですね。

この場所は重いのが「普通」ですから、
これからも遠慮なく覗きに
来て下さい。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR