一番なんだけど・・ね

引越しが迫っているからか、妻との想い出を
回想する機会が増えている気がする。

2人でたくさん遊びに行ったけど、
一番多く行ったところは、やはり京都。

僕はそれまで一度くらいしか行った事が
なかった。
妻と付き合うようになって、何回も京都行きに
付き合わされて、そのうちに自分自身も
京都が好きになっていった。

寺社仏閣はもともと嫌いではないから、
そういう場所にいると落ち着くし、
川沿いの道とかも趣きがあっていい。

京都の地図を見てたら、各地での
想い出に浸り、無性に京都に行きたくなって来た。


そうだ、京都行こう。


こんなCMがあったような。

でも一番行きたい場所には違いないけど、
今までは悲しみの方が強くて、とても近づけなかった。
高速のICを通り過ぎるだけでも涙が止まらなかった。
一番行きたいけど、一番行きたくない場所でもあった。

しかし、先日は高速で京都付近を通ったけど、
比較的安定した心情だった。
何か自分に変化があったのかな。


思い切って行ってみるかな。
でも一人だと悲しみが勝ちそうで怖い。

誰か誘ってみるか。
誘う人がいればだけど・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ハートさんへ

京都に近くて羨ましいです。

東海からは近くも無く遠くも無くって感じですね。

古き良き日本がそこにある気がして、
自分を清める意味と癒しを求める目的で
訪れます。

ホントに落ち着きますね。


目に見えないパワーが満ち溢れている場所ですので、
ハートさんの願いもきっと、聞き届けられる事と思います。

うちも…

奥様を強く愛されているので、やはり回想してしまいますよね。

京都は魅力がありますね。
神社仏閣や美味しいお店、可愛い小物屋さん。
奥様との思い出が詰まった京都。
行ける日が来ると良いですね。

私たち夫婦も京都が好きで、年に何回も行きました。
神戸と並び、思い出一杯の場所です。
もしかしたら、るい37さん夫婦とは、道ですれ違っていた可能性もありますね。

ダメです、泣けてきました。

暑い中、嵐山で、有名な鰻屋さんに何時間も並んだこと。
貴船で流しソーメンを食べたこと。
ライトアップされた紅葉。
東山の竜馬のお墓。
京都は主人との想い出がたくさんあり過ぎて辛い…。

亡くなる一年前に、錦市場のお茶屋さんで【黒豆茶】を買いました。
主人が気に入って、自分のお小遣いで支払って。
楽しかったな…。
もう、あんな日々が二度と訪れないなんて…。

私はきっと、死ぬまで今の状態から立ち直れないかも知れません。

るい37さん、引っ越しが終わるまで、まだまだ奥様との想い出のシーンの回想は絶えないと思います。
お一人で大変ですが、無事に引っ越しが出来ますように、
心から応援しています。






のあさんへ

女性はホントに京都好きな方が多いですね。
小物のお店にもよく行きました。
そこで買ったものもたくさん保管してあります。
見るとまだつらいですが。

また共通点が見つかりましたね。
何だか本当に京都で、4人がすれ違っている気がします。
同じお店で隣にいたかも?

三千院で吹雪になって慌てた事。
渡月橋の下でお弁当を食べた事。
東福寺で撮影中の俳優さんに逢った事。
メーデーの日に二条城行って大渋滞した事。

大切な人との想い出は、嬉しかった事も、
トラぶった事も全てがかけがえのない宝物です。

2人であーでもないこーでもないと
相談しながら買い物する、まさに至福の時ですね。

楽しいひととき、でももうそれが二度と叶わないと
思うと、何も手につかなくなり、とてつもない絶望感に
襲われます。

応援ありがとうございます。
一人で出来たよ、と妻に報告出来るように頑張ってみます。

おこがましいかもしれませんが、
のあさんの悲しみや苦しみを少しでも和らげるように、
小さな事でも共感していけたらと思います。

行けるのかな。

こんばんは。
私達夫婦の新婚時代は南関東に住んでました。よく、伊豆に遊びに行ってました。

子育てが、終わり一段楽したらまた、新婚時代の思い出の場所に行こうと話しをしていました。

特に、熱海が好きで金曜の夜夕飯を食べたあとよくドライブしてました。夜の海辺を歩いて、明け方帰ってきたり・・・。楽しかった。

でも、もう一生いけないと思ってます。できるなら、主人の思い出での場所は行かない。行けない。と・・・

本当は、今すぐにでも誰も知らない土地で暮らしたいと思ってます。

私も、もう少し時が過ぎたら行ってみたいと思えるのでしょうか?
いつかそんな穏やかでやさしい気持ちになれるのでしょうか。

お引越しは、思い出が走馬灯のようにめぐってきますよね。
主人が生きていた頃の引越しでさえ、たくさんの思い出が出てきたことを覚えてます。生きていたときは、主人によく「今日、あの時撮った写真出てきたよ。」とか楽しかった記憶があります。

大切な奥様を亡くされてからのお引越しはお辛いでしょうが、頑張ってくださいね。きっと、奥様もるい37さんの隣で一緒に思い出されていらっしゃると思います。

ふーこさんへ

こんばんは。

伊豆もいいところですね。
関東の人達の観光地というイメージです。

私達は土肥や修善寺に行った想い出があります。

夕飯食べた後のお出かけはいい時間ですよね。
人が少なくなったショッピングモールでお茶したり、
ただ、ぶらっとドライブしたり 、気ままな飾らない2人だけの時間。

以前は一緒にいったカフェに行くだけで涙が溢れて来ましたが、
今は切ない気持ちは確かにありますが、表面上は平静を装う事が
出来るまでになりました。

ただ、想い出の地を訪ねたところで妻に会えるワケもないですから、
切なさと懐かしさのどちらが勝つかは、行ってみないと分かりません。

いつから大丈夫になるというわけじゃなく、今日は大丈夫かな?
でも明日は・・という感じで比較的安定する日が少しずつ増えると
いう感じだと思います。

そういう日があったら、動き出してみようかと言う気になるかもですね。

ありがとうございます。
引っ越しは妻の後押しを受けながら、想い出を引き連れて進めて行こうと思います。



プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR