妻は不在です

最近、家のリフォーム(主に外壁)業者の売り込みが
よくある。

セールスマンが訪ねて来て、
リフォームの内容を説明したり、
築年数を聞いてきたりする。

「このご自宅は、建てた人の拘りが
 随所に見受けられますが、ご主人様の
 趣味ですか?」


そんなワケないだろ。


「家の事は全て妻が仕切ってますね。」


「そろそろ外壁の張り替え等を
 お考えじゃないでしょうか。」

「妻に聞かないと何とも言えないですね。」

「奥様が戻られたら、この内容をお話
 いただいて、ご検討のほどよろしくお願いします。」



妻が亡くなってるとはどうしても言えない。
自分自身が泣きだしそうだし、現実なんだけど、
それを表立って口に出して認めたくないってのもある。

それを言うとまたいろいろ聞かれそうだし。


「奥様が戻られたら」

いつまで待っても戻って来ないんだよ・・・


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

><

そうですね・・

勧誘は1こと言えば、3倍くらいになって返ってきますからね。
築10年過ぎるとよく来ます。
うちもしょっちゅう来てます。
お金ないですと断りますが。

ほんとにお一人で思い出のいっぱいの家に住まれてるとおつらいと思います。

何年経っても…

何年経過しても認められないものなんですね。

今日は主人の百箇日法要でした。
昨年の12月は、主人の父親の三回忌で一緒にお経を聴いたのに、
今年は隣に主人がいない…。
信じられなくて気が狂いそうでした。

きっとこの先、ずっとこんな日々を過ごしていくような気がします。

お二人で建てられた、奥様の拘りがたくさんあるマイホーム。
奥様は当時、本当にお幸せだったと思います。
セールスマンも素敵なお家なので、奥様に会ってお話したいんでしょうね。
「外壁を綺麗にして、拘りのお家をキープしませんか?」みたいな感じで。

うちも数週間前、選挙のお願いに来た方に「旦那様が戻られたら、よろしくとお伝え下さい」と言われ、同じ気持ちになりました。

いつまで待っても戻ってこないんだよ…と。








kirarafuuさんへ

いつまで経っても妻の事を聞かれる事に対して過敏になってますね。
どうしても死因とかの話題になりがちなので、
怖いです。

「もう引っ越すので」、と言って断るのも、
いろいろ聞かれそうで困りものです。


のあさんへ

現実だと分かっていても、どこかで
100%受け入れられない自分がいます。

ご主人の法要お疲れ様でした。
事ある毎に、あの時はここにいたのに、
話ししてたのに、歩いてたのに
何で今はいないの?
この繰り返しは終わりが見えません。

のろけでは無いですが、当時、
本当に妻は楽しそうでした。
想い出したらまたうるうるしてしまいます。
のあさんは私を泣かせるツボを心得ていますね。

奥様が戻られたら・・ご主人が戻られたら・・
ホント、このやりとりをすると、
自分がまた落ちていくのが分かってやりきれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かすみさんへ

病死とか事故なら、まだ言えるような気がしますが、
やっぱり自死ではひけ目を感じて言えないです。

これは生涯背負っていかなければいけないんでしょう。

自死遺族間でも想いはそれぞれ異なるので、
まして経験した事がない人には分かるわけないですし、
分かってもらおうとも思いません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かすみさんへ

想いを分かりあえるお友達が出来て
よかったですね。羨ましいです。

自分の想いを聞いてもらえる
人がいるだけでもかなり違うと思います。

自死遺族会への参加も
考えてみてもいいかな・・。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR