募る想い

今日、所用で出かけた時、ある和菓子屋さんの近くを
通りかかった。

そのお店には妻が好きだった水まんじゅうが
置いてある。

毎年、夏になると買っていた気がする。

たまたま妻が検査入院していた病院が近くにあり、
入院中の妻にも買っていった。

妻は僕が面会に来るのを今か今かと
待っていて、何回も「もう着く?」
「あとどれくらい?」とメールが
携帯に届いていた。

病室に着いて、水まんじゅう買って来た事を
告げると、いい笑顔で、
「ちょうど食べたいと思ってた。
 一緒に食べよ」

水まんじゅうを買って帰る途中、
そんな事を思い出していた。

あ、ダメだ。また泣けて来た。
どれだけ泣いても涙は枯れない。

その病院の近くにも未だに行けない。
当時の記憶がよみがえって、
全身が固まりそうになる。



妻が無くなって3年以上経つと、
環境も変わって来る。

特にモノは劣化が進み、
消耗品は交換、購入が必要となって来る。

日用品でも出来るだけ、妻が使っていた
物にしたいけど、生産中止や
モデルチェンジ等で手に入らない物もある。

こういう所で月日の経つのを感じる。

身につける服も、
妻がいつも買って来てくれて、
僕は着るだけだった。

服は劣化していくので、
買い替えが必要となる。

自分で服を買いに行くわけだけど、
適当に買って来てるから、
「相変わらずセンスないねー」
と妻に呆れられている事だろう。

どーせセンスありませんヨ。

だったら、出て来てアドバイスしてほしい。


自分が使うものはそーやって
変わっていく。

でも妻の物、服、靴、アクセサリー、
化粧品、ハンカチ、櫛等々は、
亡くなった当時とほとんど変わらぬ状態。

遺品整理って何?

気持ちがいつになっても、どーやっても
そんな方向に向かない。

周りから前を向いてとか言われ、
自分でも前進まないと、と思うけど、
未だに前がどっちだかさっぱり分からない。

結婚指輪もすっとはめたまま。

いつかそれを外せるほどの
機会が訪れるのかな?


ムリだろうなぁ・・・





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

るい37さんへ

奥様は、水まんじゅうが好きだったんですね
入院中の奥様にとって、優しい旦那様の顔と声を感じれることが何よりも嬉しかったはずです。

父が好きだった物を見たり、姿が似てたりすると私も涙が込み上げてきます・・

最近よく思うことがあって
もう一度逢いたい・・
もう一回声が聞きたいなぁ・・・って
無理だとは分かってても思ってしまいますよね

めぐchanさんへ

これを二人で食べるのが夏の風物詩のひとつでした。

僕が入院してたとしたら、妻と同じ気持ちだったと思います。
まさに一日千秋な想いですね。

故人のものは見るとつらいけど、手放す事も出来ませんよね。
困ったものです。

あ、他人の後姿が似てて、少し追いかけた事もあります。(汗)

二度と会えない、そう分かっているから、
引き裂かれそうな感情に襲われます。

プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR