スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人ごみは・・ね

先日、あるイベントに出かけて来た。

かなりの人出でそこかしこで行列が出来ていて、
カップルもたくさんいた。

並んでいる最中、各々いろんな会話が飛び交っている。

そんな時はどうしても妻との時間をダブらせてしまう。

あそこ行った時はこんな会話したかな、
懐かしいな、そんな回想にふけっていると、
知らずに涙が溜まっていて、あわてて他事を考える。

僕は元来、人ごみは苦手で、息苦しさからそういう所には出かけたくない人
だったけど、一人になってからはさらに苦手となり、
息苦しさ+切なさでどうしうようもなくなる。

やっぱり人が多い所に行くのはやめよう。


そうやってますます俗世間から孤立してしまうんだろうな・・・



にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは…お元気で良かったです。以前コメントさせて頂きました。交信がないので、ちょっぴり心配していました… 元気じゃないですよね。ブログUPされたので、元気で良かったの意味です。私も人混みは苦手です。ファミリーみるのは、辛すぎます。連休中も引き込もっています。まだまだ毎日毎日涙…いくら泣いても枯れないですよね!!愛と悲しみは、となり合わせですからね!!ただ奥さまも娘も、楽になったんだと…もう仕方ないって思うしかなく、私達が気を病み、体を壊したりすれば、故人が悲しむ…もう私は、娘をこれ以上悲しませたくない…一心で今を生きるしかありませんね…何れあの世で会えると信じて。でも頭ではわかっていても中々現実は、無理です。家族を喪う辛さは、言葉には表せないです。毎日が生き地獄です。 それでも私達は生きていかなくてはいけない!! 経験しない人から、慰めのつもりが、傷つく言葉ってあります。私もそのたび号泣でした。人との接触も控えたい…避けたい…仕事も退職し、子供たちが生き甲斐にしてきた人生に、卒業しなきゃいけないのです。自分のために生きる…死ぬために生きる…そのためには、前を向くしかありませんね…一生モノですから、どこかで封印し、亡くなった人は、いつもそばにいる。こちらの想いが、ストレートに伝わる…そう思うと、まずは、自分に優しくです。今回のできことは、この世で一番悲しい…です。衝撃すぎて…言葉にできません… 。頑張れないです。もとのパワフル母ちゃんには、戻れないです。でも自分しかないですから… 遺族の分かち合いも参観していません…行く気力もなく、勿論心療内科もです。心配して行くように勧める人も居ますが…私は、傷つきながらでも、ここまで考えられますから…行く必要もないと鷹をくくっています。自分の想いばかりすみません… 悲しみと共に生きる… また悲しみ切る…泣きたい時には我慢しないで泣く… 住職の奥さまが、泣いてあげるのも供養だと…でもそのあとで、会えて良かったって声かけてあげる…と 中にはいつまで泣いてるの!!成仏できないわよ!!など好き勝手に言われたり…あんたに何がわかるんや!!って声あげたくなりますが…穏やかに穏やかにが私の課題ですね!!それが娘に近づくはや道なんだと思えるようになりました…許すということです。頑張れないですが、生きていきましょうね!!

静さんへ

ご無沙汰してます。
うーん、世間一般から見れば元気に見えると思います。
内面は全く進歩していませんが。

よく、遺された者がろくな生活をしていないと、
故人が心配するとか悲しむとか言いますが、
実際に本人から言われない限り、全く説得力がありません。

この悲しみとは一生付き合っていかなければなりませんが、
誰が何をしてくれるわけでもなく、自分で自分を励まして
進んでいくしかないのかなと。

故人に逢えるその時まで、ただその時まで、
自分を支えて生きていくしかないのだと感じています。

とにかく穏やかに過ごせるように心がけたいですね。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。