8年越しの

今日、お寺で納骨をお願いして来た。

妻が亡くなって以来、喉仏と頭の骨の一部と婚約指輪と結婚指輪を
小さな骨壺に入れて、仏壇に保管していた。

いつまでそうしておくのか自分でも分からないでいたけど、
先般から、妻が成仏出来ずに困っているのを知らされ、これも妻を苦しめている原因のひとつなのかもしれないと
思い始めた。

お盆を前にこの機会に納骨しようと思い立った。
お寺に連絡して、和尚さん立ち会いの下、お墓から妻の遺骨が入った骨壺を取り出す。
8年以上経過してるから、骨壺はかなり汚れていたけど、遺骨はそのまま綺麗に収まっていた。

骨壺から遺骨を取り出し、お墓の中に納める。その後に、喉仏、頭の骨、婚約指輪、結婚指輪を納めた後、
お経をあげてもらう。

骨壺から喉仏を取り出した時、今は骨だけど、ちゃんと生きていて、動いて、話もしていたのになと思い、
ウルっと来た。

これで解放されて成仏出来るかな。

妻が亡くなって8年と10ヶ月近くになるけど、ようやく少しずつ時間が進み始めたのかもしれない。
かと言って、妻の事を忘れると言うわけじゃない。
むしろ、より強く自らの心にその存在を刻み込む気持ちになった。

悲しみは変わらないけど、生きている以上、この世での歩みを進めていかなきゃならない。
まだ僕にはこの世でやるべき事があるのかもしれない。

そのやるべき事を、心に刻んだ妻と一緒に進めて行こうと思う。

これからも変わらず見守っていてくれるかな・・・

IMG_1896-1.jpg



にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

月さんへ

こんにちは。

ラジオやテレビから、今の自分の心境や進む道へのヒントを得る時はありますね。

自分の本心は自分でも未だによく分かりませんが、もっと普通の状態で生きていたい、と
言うのが本心なのかもしれません。その為にするべき事を自然と選択しているのでしょう。

以前の自分からしたら、今回の行動はとんでもないものだと思います。
でも今の自分は比較的穏やかに済ませる事が出来ました。
とにかく一歩一歩進めていけているのだと思います。
妻の意思も働いているのでしょう。

相変わらず落ちたり上がったりはありますが、
以前よりは安定して来ていると思います。

月さんもゆっくり少しずつ、進んだり戻ったりしながら、
穏やかな時間を増やしていけたらと思います。


るい37さんへ

こんにちは。

残暑お見舞い申し上げます。

この度、奥さまのために起こされた行動に深い愛情を感じました。
るい37さんと奥さまがまた一歩踏み出された事は、僕にとっての大きな道標になります。
家内が旅立って三回目のお盆を迎えますが、僕はまだ正面を向けません。
こんな事ではいけないとわかってはいるのですが、中々行動に移せないんです。
家内が傍にいてくれた時のように笑える日がまた来るのか、ぐっすりと眠れる日がまた来るのか、そんな事ばかり考えてしまいます。
ネガティブなのはキャンバーだけで十分なんですが…。
先日、家内が夢の中に出てきてくれました。
夢の中で『夢にきまってるやん』と思いながらも家内を抱き締めると、家内の温もりを感じる事ができました。
こんな事ってあるの?とか思いながらずっと抱き締めていました。
夢の中で会えた家内はいつもの笑顔で僕の名前を呼んでくれて、甘えてくれました。
夢って必ず醒めるものですが、夢の中だけでも家内に会う事が叶って思わず泣いてしまったりして…。
家内の今の状況は判りませんが、笑顔で毎日を過ごしていてくれたらと思います。
奥さまはきっと健やかなる日々を過ごされていますよ。
あちらで僕の家内に会ったら、お茶に誘ってもらえると嬉しいと奥さまにお伝えくださいませ。

みっちとましゃさんへ

こんにちは。

毎日暑いですね。

私の歩みは極めて遅いと思われるので、道標となるかどうか・・
それでも何かの参考になれば幸いです。

私が3回目のお盆の頃は、まだまだ正面がどちらかなのかさえ分かっていなかったと思います。
こんな事ではいけないと言う感情すら無くて、とにかく何もかもどーでもいい無気力さだけだった気がします。
もうネガティブさは超鬼キャンでした。(笑)
少しずつネガキャンも立って来た気もしますが、ポジキャンには一生なれない感じがしてます。

夢だと分かっていても、目の前に妻が現れたら迷わず抱きしめてしまいます。
例え僅かでも本当にいい時間でしたね。奥様は自分は笑顔で過ごしているからと伝えに来たのかもしれません。

妻は最近はすっかり出て来なくなったので、多少は安心して見守ってくれてるのかも?
あの世では、意外ともう既に女子同士は会っていて、お茶しながらこちらを見ているのかもしれません。
妻が奥様に、今日、姿を見せてあげたら?なんて助言をしてるとか?


見守ってくれていると思います

るい37さん
奥様の遺骨と指輪などを納めることは、るい37さんにとって一大決心がいることだったのですね。
私は未だに主人のものを捨てられません。
街で主人と同じようなビジネスカジュアルな服装の方を先日見かけました。正視できずにその場を走り去りました。主人の夢も3ヶ月位見ていません。でも、やはり思い出すようなものを見てしまうと未だに心が抉られるような気持ちになります。
るい37さんの奥様はるい37さんのことを見守っていますよ。

チワワさんへ

思い立ったのは何となくだったんですが、いざ納骨すると、複雑な想いが駆け巡りました。
それでも全ての遺品を整理したわけでは無いので、まだまだ道半ばでしょうか。

チワワさんがご主人の遺品を整理出来ないのはごくごく普通の事だと思います。

私も今日、妻が来ていた服装によく似た女性を見かけて、しばらく立ち止まって見ていました。
当時の記憶が甦り、いつの間にか涙ぐんでました。
やはりいつまで経っても、こういう時は平常心とはいかないようです。

ありがとうございます。

プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR