秘めた想い

先日、妻の実姉宅にお邪魔してきた。

義姉とは妻の三回忌以来会ってなかったけど、
快く迎えてくれて、いろいろご馳走にもなり、
かなり居心地がいいと感じた。

妻がいない今はお互い本当に他人だけど、
義姉は、そんな僕を何かと気遣ってくれる。

たった一人の妹を亡くした、
義姉の方がもっとつらいに違いないのに、
「どうして妹を守ってくれなかったの?」
「何でもっとまめに相談連絡してくれなかったの?」
「そばにいながら何やってたの?」

そんな言葉を言われても仕方がない僕に、
今まで一言もそんな事は言わず、逆にお礼を言って、
僕をもてなしてくれる。

義姉宅では義兄と3人で世間話や
近況で盛り上がっていたけど、
妻の想い出話はお互いに話せない。

話したいのはやまやまだけど、
3人とも心穏やかに話す自信がない。

それほど妻の死は、3人の心の深い深いところまで
突き刺さって、抜ける様子が微塵もない。

義姉宅への往復の道中、訪問中、
ずっと秘めた想いを胸に過ごしてた。

義姉夫婦もきっと同じだったと思う。

いつになったら取り乱す事なく、
想い出が語れるんだろうね・・・




にほんブログ村


にほんブログ村










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

るい37さん、こんばんは。

奥様のお姉さんと穏やかな時間を過ごされたとのこと。何よりでした。

私も、妻が逝ってから、妻の代わりに甘えるつもりで、週1回は義父の家にお邪魔してます。るい37さんと同じで妻の話はほとんどしませんが。
本当は、妻のことを存分に語って共に涙を流したいと思ったりしています。ただ、それをすれば、気丈に振る舞っている義父を困らせることになるのでできないでいます。

マボさんへ

こんばんは。

法律上、本当の他人となっても、妻との繋がりを
少しでも維持継続したくて、妻の家族達との関わりを
大切にしますね。

そう、それなんですよ! 事情も分かっている者同士で、
ありのままの想いを吐き出して、泣き崩れて、という
事をしたいと常々思っていますが、相手の心情を
思うとなかなか踏み切れませんね。

静さんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

娘さんを亡くされたとの事ですが、事情を察するに悲しさ、寂しさ、悔しさで心身ともにボロボロかと思います。

しかもまだ3ヶ月・・


こればっかりは経験していないと、その痛みなど分かるわけがありません。
経験者同士でも感じ方は千差万別ですから、周りの発言など到底聞き入れる事は出来ません。

事ある毎に襲ってくる心臓を握り潰されるような感覚は、未だになくなりません。

ですが、
お互いに大切な家族を常に身近に感じながら、恥ずかしくない生き方をして、再会した時には胸を張って話せるようにしたいですね。


またいつでもブログにお越し下さい。



No title

るい37さんこんにちは。私は元気ですよ(笑)
最近仕事が忙しくて、体調管理には以前より気を使うようになりました。夫が心配しないようにね!!

奥様のお姉さんと良い時間が過ごせてよかったですね。
私も夫の家族とはマメに連絡を取るようにしています。
夫の父親は夫の死から1年後、脳梗塞で亡くなってしまって、今はお母さん一人ですが、
私にとって、自分の母親とはまた違う感情があり、とても大切な人です。ずっと長生きしてほしいな・・・って思ってます。

つっちゃんさんへ

こんばんは。

忙しい事はいい事です。僕は看病してくれる人がいないので、
体調には気を使っていますね。

やはり大切な人の家族との絆は、ずっと繋がってて欲しいですね。
少しでも妻(夫)を感じられるものを保ち続けたいという
想いからでしょうか。

妻(夫)が大事にしていた家族は、
自分も大事にしたいと思うのは当然でしょう。

いい関係をずっと続けていきたいものです。





No title

はじめまして。
私は、28歳の次男を自死で失くしました。

るい37さんが奥様のお姉様たちと交流しておられること、とてもいいですね。ただ共にいるだけでお互いに癒されておられるのではないかと思います。
穏やかなお人柄を感じています。お互いにボチボチ、穏やかな毎日でありたいですね。

忘れな草さんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

ご子息を亡くされた悲しみ、お察しします。
私には子供がいませんので、軽はずみな発言は出来ませんが、
決して癒える事のない傷に苦しまれているかと思います。

義姉達とはやはり同じ想いを抱えているせいか、
他人と違って自分を取り繕う必要がないので、
この先も交流は続けていきたいと思います。

ゆっくり、自分のペースで日々を過ごしていきましょう。
常に自分に正直でありたいですね。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR