スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違うけど同じ思いはある

今日はクルマのメンテナンスでいつもお世話になっているお店へ。

ここの店主は僕と同い年。スタッフは僕より一周りくらい年下。
いつものようにクルマの話をしながら作業が進む。

ふと、スタッフが家庭の事でストレスを抱えていると言う話に。
彼は所謂マスオさんで、奥さん、その両親と全然合わない様子で、
仕事してる方が楽しいとか。

僕も経験者だから分かる部分はあるけど、彼の二人の子供の内、一人(5,6歳?)が、
筋肉や神経の病気で要介護なので、別居に踏み切るのも難しいらしい。

そこに店主も話しに入って来て、僕が以前はマスオさんで、別居に至り、
二人で家を建てたけど、二年余りで妻が亡くなった事を話すと、
店主が、「奥さん、どうして亡くなったの?病気?」と言って来た。

僕は、「病気と言えばそうだけど・・実は自殺なんだ。病気を苦にしてってヤツだね」
その後、妻が苦しんでいた時の生活とかを話し、
「人生いろいろあるよね」と締めくくる。

話を聞いていた二人は、そうかぁ、と頷く。
特に驚いたり、深くも聞いてきたりしなかった。

店主は、奥さんが数年前に脳の重い病気にかかり、長い入院生活の後、
長期の自宅リハビリを経験している。
奥さん、一時は家族の事も分からない、徘徊する、意味の分からない言動、等々で
かなり大変な思いをしている。そのせいか、彼は病気に関しても詳しく、妻の病気についても知っていた。

今回、僕が特に違和感もなく事実を話せたのは、僕の中での変化もさる事ながら、
二人が上記のような経験をしている事、職場や近所や幼馴染とかと言う関係では無い事からなのかもしれないし、
自死遺族では無いものの、どこかにそれを受け入れられるものを二人に感じたのかも。

作業終了後も、この世はあの世にまた戻る為の修行の場だから、この世は地獄だとか、
信じられない事が起こっても、もうそれは決まっていた事なのだと思うしか無いとかを話し合って、
何となく自分の思いを例え僅かでも分かち合えるようなそんな時間だった。

今日は、自死遺族以外でもその思いを話せる人はいるのだと思えたような気がする。

これも自分が歩みを進めて来た結果かもしれないね・・・


にほんブログ村











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私はまだ言えません

るい37さん
奥さまのことをお話しできる方がいるのは、少しでも気が紛れるでしょうか。私は相変わらず、多くの友だちに亡くなったことを話せずにいます。
今日は大学のサークルの女子会でしたが、私は主人が生きているように振るまっていました。普段は外している主人からもらった指環を左手の薬指に付けていきました。
寒さが身に染みるこの季節は、寂しさも一層つのります。

チワワさんへ

やはり自分一人で抱え込むのは限界があり、話せる人、話せる場があると少し楽になれる気がします。
それでも私も、友達には妻が亡くなった事は言えても、自死は言えないでいます。
逆にあまり親しくない人、自分の過去を知らない人の方が話せたりするのかもしれません。

事実を偽って振る舞うのは本当に疲れます。自死遺族はそれを強いられてしまうので、苦しい日々を過ごさざるを得ません。
チワワさんも、いつか自分の仮面を外せる人、場所を見つけられたらと思います。




孤立…

るい37さんへ
わかるような気がします。
さまざまな事情で、周囲に理解されない病を抱えていると
どうしても孤立します。わかってもらえない…、その孤立感が、
理由は違えども、同じ思いにつながるのではと感じます。

昨年末、遠い知り合いが自死しました。
相談をしているようで、誰にも頼ることができていなかったようです。
息子が亡くなった時のことを思い出し、息ができなくなり、ここしばらく苦しい毎日を過ごしています。

違うけど同じ思いがある…、そういう優しさを交わすことができて
何よりです。
辛い日々を過ごしているとやさしさを忘れてしまいがちです。

いろいろ重なりギリギリのところで生きていると再認識したところでしたので、少し救われたような気がしました。

暖冬かと思いきや、最大級の寒波で季節通りの大寒です。
心が凍りそうですがなんとか乗り切りたいと思います。

コメント欄をお借りしての弱音、ご容赦ください。

sueさんへ

一般的に極めて稀な状況に陥ると、それを人に話す事を遠慮してしまうのは、
状況は違ってもある程度共通みたいですね。

人に言えない孤立感がますます自分を追い込んでいきます。

他人ですら、自死の話題を聞くと切ない気持ちになるので、
知り合いであれば尚更でしょう。自死された人の気持ちや苦しみを思うと、
胸が苦しくなります。

ここのところの寒波で、ただでさえ冷え切った心が凍結してしまいそうですね。
今週を乗り切れば、寒さも若干緩むようですので、もうひと踏ん張りです。

このブログ自体が弱音の塊ですので、弱音吐こうが泣き言言おうが全然問題ありませんよ。
吐き出す事で少しでも楽になればと思います。





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

内容は重たいですが、3人ともさらっと会話してました。
重たい経験をして、ちょっとやそっとの事ではもう落ち込まない強さを身に着けているのかもしれません。

闇を抱えている人は自分が思うよりも多くいて、闇は闇を呼ぶと言うか、
お互いに何となく引き寄せられているのかもしれませんね。

闇を吐き出し、分かち合う場を神様が与えてくれたのでしょうか。
いや、そもそも闇など与えれくれない方がいいんですがねぇ。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。