思わぬ地雷

少し前にi-phoneのOSをアップデートしたら、写真メニューの中に「ピープル」とか言うものが追加されていた。
そこには人の顔が表示されていた。
当然、妻の顔もあって、顔をタップすると、妻の写真がずらっと表示された。
その中に、再生ボタンのようなものがあり、それを押してみた。

すると、妻の写真がスライドショーになり、次々と表示されていき、
しかも何だか妙に切ない(自分にはそう思えた)音楽も流れ始めた。

何だこの機能、これは泣けてしまう。久々に涙が溢れた。
まさかこんな所にこんな地雷があるとはねぇ。
全くのノーマークだった。

もしかして、これって妻が、もっと私の事を考えなさいよ、と言ってるのかな?
妻の事を考えるとつらくなる事が多いから、あえて考えないようにして
自分を守って来た部分もある。
もし妻からのメッセージだったら、夢に出て来てくれればいいのに。

涙は枯れたと思ってたけど、どうしてどうして、泣ける場面はまだまだあるらしい。

実は泣く事って、ストレス解消になる事もあるらしい。
泣いた後は何となく適度な疲労感で、すっきりとは言わないまでも悪いものが抜けたような、
そんな気分になった。

妻の思惑は実はそこにあったのか?
ここ最近、仕事のストレスが大きくなっていたから、救済措置を施してくれたのかな?

うん、そう思う事にしよう。
何事もいい方向に考えれば、自分の為だしね。

これも自分を守る為の成長なのかもしれないな・・・


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

思いがけないこと

るい37さん、
1ヶ月ほど更新がなかったのは、お忙しかったのですね。
そんなOSがあるなんて、泣けてしまいますね。
私は主人が亡くなった頃は写真ばかり見て泣いていました。今はなるべく見ないようにしています。最近は夢に出てくる頻度も減りました。夢に出てくる時は、いつも楽しそうにしています。彼にとって、あの世はこの世より楽しいのだろうと自分を納得させています。

チワワさんへ

ここのところ、なかなか更新するまでの余裕が無い日が続いてました。
忙しいのはいい事だとは思いますが、その加減が難しいところです。

iOSのこの機能はおせっかい過ぎて困ります。
写真単体でも見つめてると泣けて来るのに、音楽付スライドショーなんて反則です。

ご主人、あの世では楽しく過ごせていると思いますよ。
この世で苦しんだのですから、もっともっと楽しんでいいと思います。
その姿が、チワワさんにとって心の救いのひとつになればと思います。

るい37さんへ

こんにちは。
今日もお疲れさまです。

日々の暮らしの中で地雷はあちこちに潜んでますよね。
僕はAndroidですが、入れてるアプリをバージョンアップさせたらいきなり家内の画像のスライドショーが始まりました。
『思い出通知』とかもあって、予期せぬタイミングで家内の画像が表示されることもあります。
会社のOutlookには未だに家内のアドレスがありますし。
今日、家内の社内アドレスにメールを送ってみました。
もちろんユーザーが不在ですと返されましたが、自分で送信したとはいえ何ともやりきれない気持ちになります。
来月は三回忌を執り行いますが、いつになったら遠距離婚を解消できるのか家内に聞いてみたいです。
聞けても「まだダメ!」って言われるのかな…。


みっちとましゃさんへ

こんばんは。
お疲れ様です。

スマホのアプリには同じようなものがあるんですね。
「想い出通知」なんてされた日には、外出先でも泣きだしてしまうと思います。
想い出は大切だけど、安易に触れられない危ういものでもありますので、
不意打ちには到底対応出来ません。

妻宛にメールしたり電話したり、私もやりました。
ムダだと分かっているけど、妙な期待感を持ってメールしますが、
その結果に余計切なくなります。

法要をこなす度に、そろそろ逢いに行ってもいいのかなと思ったりしますが、
お迎えが来ないと言う事は、まだその時期では無いのだなぁと自分に言い聞かせています。

その時期が来れば真っ先に迎えに来てくれると信じるしか無い、
そんな感じですね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

いくらこの環境に慣れたと言っても、泣ける時はいつでも泣けるみたいです。

ここのところ、自分でも気づかない内に、ストレスを溜め込んでいたようで、
それを妻が分かってくれていると思えば、何となく落ち着いた気分になれますね。

毎年毎年、浮かれ気分の年末年始がまたやって来ますね。
一般的にはストレス解消の時期なのかもしれませんが、
私達にとっては正反対で、どうやって乗り切ろうかと頭を悩ませます。
街もマスコミも、誰かと一緒に過ごす楽しみ方の話題ばかりで、
疎外感が一層強くなる時期です。

心がさらに冷え込むこの時期は、せめて身体だけでも温かくしたいものですね。
さらに、自死遺族としてお互いに心が繋がっていると感じ、それがこの難局を乗り切る支えになればと思います。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR