折り合っているのか

自死遺族となってから、大きく分けて二通りの自分がいる。

一つ目
妻を自死で亡くした自分が普通の生活など送れるわけがない。
一刻も早く妻の後を追いたい。
後を追わなくとも、仕事も何もかも捨てて、ろくに食事も摂らず、衰弱して誰も気づかない内に死ぬのだろう。
妻を愛していたのなら、それほどの状態になるのが当たり前だろう。
決して幸せになどなってはいけない

二つ目
妻を心配させる事はしてはいけない。
一応、多少なりともこれまで築き上げたものがあるので、出来ればそれは捨てたくない。
まだ親が生きているので、親を送るまでは社会に留まる必要がある。
遺される家族がいる以上、自死はしない。


この二つの自分は事あるごとに衝突して、多くの葛藤を生み出して来た。

何かイヤな事があったり、気分が優れない時は、一つ目の自分が大きくなり、
消えたくなる気持ちが強くなる。

好きな事をしてる時は、まだこれを続けたいと言う理由から、
二つ目の自分が大きくなる。

これまで前に進んでいるのか、どっちが前なのか分からずに、
何となく生きて来た気がする。

今は、とにかくマイペースで、仕事も適当に、
好きな事をする時間を増やして、日々をどうにか乗り切っている。
一応、社会との繋がりを保ちつつも、体調を崩す事も多くなっている。
と言っても死が間近に迫るほどの病気や怪我はしていない。

でも消えたいと言う思いが無くなる事は無い。

二つの自分がお互いに譲歩しあった結果が今の現状なのかもしれないな・・・


にほんブログ村








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

葛藤

るい37さん、
月日が流れるのは早いもので、今日から6月ですね。
ご自身の中に2つの心があるのは、分かります。
私は主人の後を追いたい気持ちが未だにありますが、愛犬を見たり、親のことを考えると、まだ死ねないなという結論に達します。
生きていく以上は、また幸せになりたい自分も居て、良い再婚相手とめぐり会いたいなと思ってもいます。難しいとは思いますが、私は出来れば良い人と出会ってもう一度幸せになりたい気持ちもあります。でも、主人と同じ位に私に合う人に出会うのは困難だと自覚しています。毎日色々な思いを抱えて、このままあっという間に年月が過ぎて、年老いていくのでしょうか…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

もう今年も半分近く過ぎたんですね。

再婚相手ですか、なかなか難しい問題です。
寂しくて人恋しくて、何かにすがりつきたくなる時は確かにありますが、
妻ほど私の事を理解してくれて、価値観も理解し合える人はいないのではと思います。

そうこうしてる内に歳月が過ぎ、このまま朽ち果てていくのかなと思う日々です。

るなさんへ

お疲れ様です。

ひとつお役目を終えて、一段落されているところでしょうか。
何かを集中して考えている時間は、人生では大切だと思います。
後ろ向きだろうが、自分が楽しく感じられるのであれば、胸を張って進めていけばいいと思います。

お墓は死後の家と言えるものですので、
気に入ったものが出来るといいですね。

伴侶と同じお墓に入る事は、この世の目標の一つですね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ポータロウさんへ

FC2サーバーの調子が悪いようで、返信遅れました。(汗)

はじめまして。

コメントありがとうございます。

年代も自死遺族歴も近いですね。
いろいろと苦しまれているようで、心中お察しします。

私も、投げやりな心は常に抱えています。
何もかもイヤになる時も相当数あります。

それでも今は生きなければいけない時なんですよね。

悲しみは消える事は無く、自分が慣れるしかないのだと感じています。

今ではいったい何が幸せなのかも分からなくなっています。
目先の小さな目標や好きな時間だけを見て、その日を乗り切っていくしか無いのかなと思う今日この頃です。

大丈夫です。愚痴が出ない自死遺族はいないと思いますよ。

はじめまして

はじめまして

わたしは1年半前に主人を自死でなくしました。それからもいろいろなものを失いました。
2つの感情、痛いほどよくわかります。私の場合は、両親は心に入らないですが(気持ちを踏みにじられ続けたので)娘が唯一です。

日によって、時によってシーソーみたいに傾きます。
周りには理解されません。そんなものなのでしょうか。
とにもかくにも、今、生きています。先が見えませんが。
前に進めない自分、頑張ってない気がして、(認められないんです、自分自身のこと)情けなかったり。

乱文になってしまいました。
すいません。

それでも、生きていきます。

果歩さんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

二つの感情を同感いただいて嬉しく思います。
そうですねー、日によって、時には時間によっても激しく思いは移り変わりますね。

周りには理解を求める方が間違っていると最近は思う事が出来るようになりました。
いや、分かって欲しくも無いと言った方が正しいかもしれません。

自分がイヤになる時も多々ありますが、自死遺族として生きているだけで、
それだけで自分を褒めてあげたいと思います。

お嬢さんをどうか大事にしてあげて下さい。
その思いを柱に生き抜いて欲しいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みかんさんへ

おはようございます。

その状況ではご自分の心を慰めるどころではありませんね。
子を失った悲しみが大きいのは分かりますが、
この先もずっと一緒に歩むはずだった伴侶を亡くした気持ちも、
とてつもなく悲しく苦しいものです。

双方とも当事者でなければ理解出来ないので、
お互いにつらいのだと思いやる事が出来なければ、溝は深まるばかりです。

それでも、故人を偲び、供養したいと言う思いは同じはずですが、
お義母様は少し違うような気がしますね。

とにかく感情的にならずに、するべき事を粛々とこなすしかありません。
ご自分の心に正直に、ご主人への想いを最優先に考えて過ごしていきたいですね。

こんばんは

こんにちは。
こちらは雨で空冷4気筒もV12も発動することができず、憂鬱な休日を過ごしています。

二通りの自分が存在する気持ち、よくわかります。
毎日分刻みで自分の中で葛藤しています。「哀しい、家内に会いたいからもう自分で区切りをつけよう。」、「自分がこの世を去る事で何か変わるのか。家内の分まで生きなきゃ。」
正しい答えはどちらなんでしょう。
自分だけが楽しんでいいんだろうかとも思ってしまいますし、家内なら何て答えるだろうと考えてみたり…。
寝ても覚めてもそんな事ばかり考えてしまいます。
仕事も前のように目標を持って取り組めないですしね。
生かされているのは理解していますが、最大の理解者がいない現世は疲れます。
一線を越えるか越えないか、自分でも発作的な衝動は抑える自信がありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みっちとましゃさんへ

こんにちは。

そちらの雨が今夜にはこちらに来そうですね。
今日は4発の方の愛機でぶらっと流して来ました。

分刻みで変化しますねー。
自分の心なのに、いつ変化するのか、何が正しいのか未だに判断がつきません。

どこかの大佐が言ってたように、
妻に導いて欲しいと常に思っています。

これまで一線を越えたくなる衝動は私も何度か感じて、何となく思い留まっています。
自ら決断する勇気も無い情けない自分に辟易しながら、
実は妻の力で止められているのかなとも思います。

一番の理解者は今でも自分の事を見てくれている、そう思うようにしています。


まりもさんへ

こんにちは。

妻がいる時は人並みにいろんな番組を見てましたが、
独りになってからは、ほぼNHKしか見なくなってしまいました。
特にバラエティや芸人がはしゃいでいるような番組は、何が楽しいのか理解出来ず、
見ていて疲れてしまいます。
情報番組も、一緒に各スポットに行く人がいない自分には無関係です。

自分の幸せですか、ありがとうございます。
はっきりと妻にそう言われれば、生き方も変わるような気がしますが、
それはムリなので、自分でもう少し自分の幸せを考えてみるようにしてみます。

人生、これ以上の谷は無いと思いますので、浮上するきっかけを掴みたいものです。

のあさんへ

ありがとうございます。
一応、文系ですので。(笑)
その代わり、数字にはめっぽう弱いです。

思った事をただ書いているだけですが、同じ自死遺族の心に響いてくれたのなら、
こちらとしても心強く思います。

どちらかの自分だけだと、果たしてこれでいいのかと言う思いが強くなります。
自分の心ながらホントに面倒だと思います。
それでも捉え方を変えて、自分の思いの移り変わりに一喜一憂するより、何となくその時の流れに
身を任せれば楽なのかなとか思います。

「自分を大切にしよう」
これ大事な事ですが、なかなか難しいですね。
ともすれば自暴自棄になる自分を抑制するのは容易ではありません。
それが出来るようになって来れば、もっと自分の幸せを考えられるようになるのかもしれませんね。

あー、確かに免疫力は独りになってからは確実に落ちてますね。
何か美味しいもので栄養つけたいですね。






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

多分、runさんへ

のろさん、こんにちは。
ってrunさんでは無いですか?HN変えられたんですか?

雨はすっかり上がって少し晴れ間も見えて来ました。

アレキシサイミア、初めて聞きましたが、失感情症ですか、
この現状を表すには言い得て妙だと思います。

私達、自死遺族はブラックな心を持っていますが、同時に弱いものへの優しい心も持っています。
子供達へはその心が自然と発動すると思いますよ。

伴侶の質感、匂いは私もまだはっきりと識別出来ます。
これはもう自分の一部なのでしょう。

この先の天気を見てるとこのまま梅雨入りしそうな気もしますね。
鬱陶しい時期ですが、出来るだけマイペースで過ごしたいものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

なるほど、了解しました。

runさんでもこういう事あるんですね。
いい意味で安心しました。(笑)

今後ともよろしくです(^^♪

二つの気持ち

こんにちは。

夫を亡くして5ヶ月が経ちました。
ようやく九州の実家に戻り、住む家を探しているところです。
住む家を見つけても、今度は自立するための仕事探しもあり、
まだまだやらなければならない問題はたくさんあります。

二つの気持ち、わたしもよくわかります。
先の見通しが全く見えない中
全て投げ出して消えてしまいたい気持ちに落ち込む一方、
早く自立して誰にも迷惑をかけずにどうにか生きて生きたい、
このままで終わってはたまるか、という気持ちもあったり。

今は九州に戻り、前向き(とまではいきませんが)な気持ちのほうが強いですかね。一ヶ月前位は、周りと比べて惨めな自分に一層嫌気がさして、消えてなくなりたい気持ちで一杯だったのですけど。

まだまだ不安定な生活を送っていますが、
これからもこの二つの気持ちと向き合っていかなければならないのでしょうね。
参考になりました。

ももんさんへ

こんばんは。

少しずつ一歩を踏み出されているようですね。
何かと忙しいのはいい事だと思います。
余計な事を考えず、何かをどこかを目指して集中出来れば、時間も自然と過ぎていきます。

二つのこの相反する気持ちに共感いただき、ありがたく思います。
心の葛藤はまだまだ続きますね。
自分の中での事であり、誰かに解決してもらうわけにはいかないので、なかなか苦しいものです。

消えたい気持ちを抱えているのは自分だけじゃないと思うだけでも、
歩みを進める手助けになると思います。

プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR