スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とって変われたら・・なんて

連日の熊本地震関連の報道を見る度に複雑な思いに駆られる。

この地震は最初から決まっていた事なのかもしれないけど、被災者の人達がいった何をしたと言うのだろう。
ある日、突然、住処を失い、近しい人を亡くす。
絶望ばかりが心を覆い尽くしているのだろう。

自死遺族で無い人が何を言っても僕の耳には入らないのと同じで、
当事者で無い僕なんかが何を言ってもまるで説得力が無いと思うけど、
大切な人が突然いなくなり、二度と会えないそのつらさは分かるつもり。

不謹慎かもしれないけど、亡くなった人の代わりに自分が死んだ方がいいのにとか思ってしまう。

それはムリとしても、何か自分に出来る事は無いかと考えたけど、
現地へ支援しに行くのもなかなか難しい。かえって迷惑になるかもしれない。

とにかく気持ちだけは届けたいと、日本赤十字に直接義援金を送る事にした。
これくらいしか出来ないな。

ライフラインの整った、プライバシーと安全が確保された環境が提供され、
一日も早く日常が戻りますようにと祈るしか無い。

明日は我が身だしね・・・



にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

地震

るい37さん、
連日の熊本を中心とする地震には、心が痛みます。私には、親戚や知り合いがいるので、尚更です。無事の確認はできたものの、未だに余震が続いているようなので、大変だろうと思います。
同じような規模の地震が東京に来たら、怖いなと思います。犬と母が生きているうちは、来ないでほしいと願うばかりです。
犬と母がいなくなって、私が一人になれば、いつだってあの世に行っても構わないので、地震も怖くありません。

チワワさんへ

熊本に親族や知り合いがいると、本当にいても立ってもいられないでしょうね。
とにかく、まめに連絡を取り合って勇気づける事だけでも出来たらと思います。

東海も大きな地震がいつ来てもおかしく無いので、
両親が生きているうちは、それなりに備えをしようかと思っています。

私も両親を送った後ならもういつでも何でも来い、な感じです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

うちの実家は古いですから、大地震が来たら高い確率で倒壊する気がします。

クルマが被害に遭ったらかなりショックを受けると思います。
命の危機にそんな事は言ってられませんが、家もクルマもメチャメチャになるなら、命も要らないとか思うかもしれません。

自分にはどんな運命が待ち受けているのか分かりませんが、伴侶の自死よりつらい運命は無いと思いますので、何でも受け入れると思います。

ボランティアも一つの選択肢ですね。
被災地の方に逆に元気をもらったなんて話も聞きます。
自分に出来る事、一つでも多く実現したいものです

はじめまして。

当方今年1月に夫を自死で亡くした者です。

40代、子供無し、仕事無し、これといったスキルも無し、、
今後の生きていく意味が見い出せず、ネットで色々模索していたら
貴ブログにたどり着きました。

息子に先立たれた義母を見ていると辛かったので、
自分も母よりは先に逝くことだけは止めようとは思っています。

今は色々な事情で関東の義母の家に居候しているのですが、
早く実家の九州に戻って人生を再構築しないと、と思っていた矢先での九州での地震。
九州は関東や東北と比べると地震が少ないとされてきたので、
今回の地震は色々な意味でショックでした。
(自分の実家は被害の大きかった熊本大分ではないのですけどね)

また時々ブログに訪れて、コメントさせていただくかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します。

ももんさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

その時期ですと、まだまだ生きる意味どころか、自分が生きているかどうかも分からないような
状況では無いでしょうか。心中お察しします。(上から目線でスイマセン)

ご実家が地震で大きな被害を受けていない事はせめてもの救いですね。
九州で新たな道を開ける日が早く訪れる事をお祈りします。

またいつでお越し下さい。よろしくお願いします。

こんにちは

こんにちは。
今日はゆっくりされていますか?

最近、心のざわつきがなかなか収まらず落ち着かない毎日を過ごしています。
今回の九州方面の災害で思いがけない別れをされた方々も辛い思いをされているのでしょうね。
正直、被害に遭われた方と変われるものなら変わりたいと考えてしまいます。
僕の命をあげて救われる人がいるのなら喜んで差し上げます。
共に何もかも共有できる伴侶はかけがえのない存在ですね。

みっちとましゃさんへ

こんにちは。

ゆっくりしていると言うか、ただの無気力なのか分かりませんが、
一般的にはゆっくりしていると言う枠に入るのでしょうね。

何かしてないといても立ってもいられない状況から、
何もせず時間が過ぎるのを耐える事が出来るようになった気がします。
それでも悲しみや切なさは何も変わらないようですが。。

地震による近しい人との別れ、誰も予想だにしなかった事、
遺族の方の心中を思うと切なさがこみ上げて来ます。

特に伴侶を失った人に対しては、自分の命と交換してあげたいと考えますね。
こんな自分でも誰かの役に立てるのなら、こちらとしても嬉しく思います。
やはりあの世でもこの世でも二人が揃っていてこそだと思います。



プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。