裏付けデータ

今、たまたまつけたTVで、懐かしい歌特集番組をやってた。
昭和50年代60年代が多いな。
昭和50年代とかは小中学生~高校時代で、様々な歌を聞きながら、当時のいろんな事を思いだしてた。

あの頃はよかったなぁとしみじみ思う。
携帯も無い、クルマもバイクも持って無いし、インターネットも無い。
それでも十分楽しかったし、心は今より豊かで満たされてた気がする。

何より、妻が元気で生きている。
もちろん、当時はお互いの事は全く知らない。
懐かしい歌を聞きながら、あーこの時は何歳だね、と妻の写真に話しかける。

その後、「まさかこの時は自分の寿命があと20年前後なんて思わないよな」と
全てそこに行きついてしまう。


さて、前回ブログの内容に関連した研究結果が今日のニュースで報道されていた。
何てタイムリーな話題だろう。

死別離婚でリスク増

研究結果にある、ストレスはもうどうしようも無い。
精神的なサポートが必要とあるけど、死別の中でも自死遺族の場合、
誰がどうやってサポートするのだろう。

脳卒中、脳出血、クモ膜下出血かぁ。ヘンに生き残って後遺症が残るのはいけない。
返す返す不謹慎だけど、
発症して、誰も気づかず、短時間で逝けるのなら、このデータはむしろ好都合。

次はもっと詳細に自死遺族だけのデータもとりまとめて欲しいところ。
でも、公にならない事が多いから、データ取り出来ないかも・・・


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

こんばんは。
今日もお疲れさまです。

なるほどな集計結果ですね。
るい37さんの言われてるように、自死遺族でできれば性別での確率がわかったら更に興味深いデータになりそうです。
いわゆる三大疾病で、後遺症が残りやすいのは頭部の疾病でしょうね。
僕は一人暮らしなので、頭部とか心臓の疾病に罹患したらまずこの世にいないと思います。
家内が旅立ってからも飲酒量は変わらないので、その手の疾病に罹患したらリーチ一発って感じです。
V12のサウンドを奏でられなくなるのは少し残念ですが、あの笑顔をもう一度見られるのなら即オッケーですね。
希望の出物があれば次のV12にいくつもりではありますが、罹患するのとどっちが早いか勝負してみます。

みっちとましゃさんへ

こんばんは。

お疲れ様です。

今回のデータでも性別で異なる結果となっているので、
自死遺族だけのデータでも性別でどうなるか興味深いところです。

どちらにしろ短命なら、とにかく世話がかからず、いかに短期間で逝けるかどうかですね。
この世でこれ以上ないくらいの試練に耐えているので、それくらいの願いは叶えて欲しいです。

普通に身体が動くうちに、したい事をしておきたいので、
是非次のV12にチャレンジして欲しいです。あと走行中はマズいですが、
自宅で愛機の車中で逝ければ、なんて思ってしまいます。
ダメダメ、不謹慎ですね。(汗)

るい37さんへ

連コメ失礼しますm(__)m

僕のV12の方はキャタレスなので、確実に逝けると思いますが、家内に叱られそうなので止めとこうかなと(汗)。
家内が元気な頃は「そのうちご近所さんに○○さんの家は未だにガソリン車なんですってて噂されちゃうよ。」って言われてました。
いつか今みたいなスピードの領域で走れない日が来るとは思いますが、それまでは化石燃料を使いまくろうと思います。
あ、でも燃調はかぶらないようにプラグがキツネ色くらいにセッティングしときますよ。

みっちとましゃさんへ

そうでしたね。締め切ったガレージ内だと可能性がさらに高まります。
車内作業やメンテ中に突然重篤疾患を発症すればなぁとかも思ってしまいます。

このエコカー全盛時に、ガソリン+過給器付のクルマしか無い私も、立派なエゴカー乗りです。(笑)
それでも心躍るエキゾーストノートは大きなストレス解消になります。

既に以前よりも常用回転数が低くなっている気がしますので、プラグの番手も再考するべきかもしれません。

やはり短命なんですね

るい37さん、
昭和50~60年代の曲は懐かしいですね。私もその頃の主人を想像してしまいます。携帯もコンビニもない時代ですが、私も若くて元気だったので、古き良き時代ですね。
死別離婚の人は短命リスクが高いという記事が出たのですね。犬と母が逝ってしまえば、私は何時でもあの世に逝きたいです。
犬と母が生きているうちは、大地震が来ないと良いなと思います。私一人なら、地震であの世に逝くのもアリです。

チワワさんへ

古き良き時代、まさにその通りですね。
私も妻も、チワワさんもご主人もみんな若くて元気いっぱいだったと思います。
ホント、いい時代でしたねー。

今回の研究結果、この境遇で長生きする要素など何もありませんから、当然の結果でしょうね。

送るべき家族を送ったら、もうこの世での仕事はありませんから、
地震でも病気でも事故でもその時の状況を素直に受け入れる事でしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

月さんへ

こんばんは。

どれもこれも重篤なものばかりですね。
ひとりぼっちのストレスの重さを推し量る目安になります。

そうですねー、心不全等、所謂突然死に繋がると言われたら、
特に驚きもせず、むしろ好都合とか思ってしまいます。
いけませんね。

このストレスが、長引く疾病に繋がらないようにコントロールして、
いかに短期間で逝けるものに導くか、なんて考えも浮かんでしまいます。

ダメだと思いつつも、この先も惰性で生きていくのでしょうか。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

こういうニュースにはやはり敏感になりますね。

独りだと食事も適当になりますね。
配偶者がいると、ムリヤリにでも食べさせられるので。(笑)
そういう部分もありますが、やはり精神的なストレスが一番大きいと思います。

自分を責めたり、後悔したり、とにかく後ろ向きな思考が脳にダメージを
与え続けるのかもしれません。

脳出血や脳卒中を発症したのなら、亡くなるまで誰にも見つからない事を
祈るばかりです。
ヘタに助かった方が不幸に思えます。(世間に怒られそうですが)

あの時代、みんな少年少女でしたね。
何も考えず、楽しい事だけを見つめていた気がします。
のあさんの少女時代を勝手に想像してしまいます。(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

こんにちは。

今日、私も今シーズン初めてエアコン入れました。

支援と言っても、難しいですよね。
自分でもどうしたら改善されるのか分からないのに、同じ自死遺族でも一人一人違うのに、
全く違う立場の人が支援など出来るはずも無いと思います。

その気持ちだけをいただくしか無いでしょう。
ホント、メンドクサイ事極まりないです。

クルマの下のハート模様、奇跡ですね。
ご主人の意思を感じる瞬間だと思います。
またまたrunさんの想いが通じましたね。良かったです。

この先一週間くらいは晴天が続きそうですね。
晴れてるのはいいんですが、黄砂が気になります。

ゴールデンウイークねぇ、毎日がブラックデーの繰り返しなので、
何も変わりません。どこにも行かず、いつもと変わらないただの休日ですね。






プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR