やむを得ない中断

今週はなぜか異様にイライラしっぱなしで、思いを書こうと思っても、
自分で自分の思いを説明出来ないでいた。

持病の調子が悪いのも、

確実に流れていく時間と、止まったままの自分の時間との差が歳月を追うごとに
大きくなり過ぎているのも、

独りの寂しさと一人に慣れてしまった自分の矛盾と戦っているのも、

他にもいろいろなものが積み重なって、イライラしてるのかもしれない。
どうにか一週間を乗り切り、趣味の時間で心を誤魔化す今日。

夕方、探しものをしようと納戸を漁っていたら、
妻の履物を見つけた。
物置と下駄箱にしまっていたと思ってたら、こんなところにもしまっていたんだ。

ああ、こういうのもあったなぁ。この靴達を履いている妻の姿が目に浮かぶ。
靴を手にとって、抱きしめる。少しでも妻を感じたくてしばらくじっとする。
探し物は当然、中断。

結局、何を探していたんだか忘れるくらい、中断してしまった。

でもおかげでイライラが多少、収まった気がする。
未だに妻の力は偉大らしい。
いくら歳月を経ても思いは変わらないって事か。

僕の心情を察して、妻がこの納戸を見るように導いてくれたのかな。
やはり、妻は僕の一番の理解者らしい。
ありがとう。

そう思えば、また少し心が安定しそうかな・・・

IMG_0896.jpg


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今も昔もやはり一番の理解者は奥さんなんですよね。。一番の理解者を失い、イライラしてしまうのも当然の日々です。
私は彼の一番の理解者でいられたのか、最後はやはり理解しきれていなかった、力不足だったと、どうしても堕ちてしまいます。もっともっとわかり合いたかった。もっと一緒にいつまでもいたかった。。それしかないです。

私も主人の物はあまり見れません。止まってしまった時計と、無常にも進んでいく時計とがありますね。。
もうすぐ主人がいなくなった春がきてしまう。。
悲しみは深く、寂しさは募るばかりですね。

ねこさんへ

私の見て欲しいところも見て欲しくないところも、妻には全てお見通しって感じでしたね。
いつの間に見られてたんだろうと思う事が多々ありました。

あまりにも突発的な別れをすると、自責と後悔はいつまで経っても消えないですね。
ですが、ヘンな言い方ですが自責と後悔が無ければ本当に空っぽの自分かもしれません。
それ以外の感情を忘れてしまう、それほどの喪失なのでしょう。

自分の中の時計と世間の時計との隔たりはずっと埋まる事は無いような気がします。
悲しみと寂しさも小さくなるどころかますます大きくなっていき、
普段はそれを表に出さないようにしてるだけですね。







管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お大事にしてください

るい37さん、
持病で調子がイマイチとのこと、まだまだ寒い日々が続いているせいもあるのでしょうか?どうぞお大事にしてください。
家の中を見渡すと、私も主人のものが目に付いてしまいます。いつかは処分しなければと思いますが、なかなか出来ません。るい37さんは、奥さまのものが出てきて、少しは心が慰められたのですね。
気がつけば、もう2月も下旬です。自分の中の時計と世間の時計とは乖離しています。最も思い出深い冬が過ぎ去っても、春もまた思い出があり、辛さは春夏秋冬年中続いていきます。

runさんへ

こんばんは。

今日は寒かったですが、良く晴れて気持ちのいい空でしたね。
今週、仕事がやや立て込んでいたのは確かですが、それ以上に心が妙に不安定で、
ブログを書く気力が湧きませんでした。

何か書いたとしても支離滅裂なものになりそうで、自分で自分が分からなくなっていました。

あー、伴侶に関連した数字を見た時の反応、良く分かります。
クルマの中で、妻に話しかけたりしますよ。

独りになりたての頃、何もかも完璧にこなそうとして焦っていた気がします。
妻に常に見られている、安心させないと、そんな思いからの焦燥感だったのかも。
それでも時間は容赦なく流れ、現実に否がおうでも慣れさせられてしまいます。

お散歩、お疲れ様です。
花を見て綺麗だとか、安らぐとか言う気持ちにはまだ私もなれません。
切なさの方がまだ強いですね。

気候の暖かさに少しでも心の温度が追いつけるようになりたいものです。

こんなブログを、こんな私を応援して下さり、ありがとうございます。
何も返せなくてゴメンナサイですが、ともにこの世を乗り切る力をつけていきましょう。
とりあえずまた一週間、ですね。

チワワさんへ

やはり気温が低いと調子があまり良くないようです。

伴侶の遺品ですが、処分しなければとムリに思う必要も無いかと思います。
その時が来れば自然にそうなるんだと楽に考えるようにしています。
故人との繋がりは物じゃない、想いなんだと言う気持ちに切り替わって来たら、
自分の心に正直に行動すればいいかなと。

季節が変わる度に、現実と心の時間のズレを認識させられ、落ち込む事もあります。
四季の想い出が、切なさから懐かしさに変わっていくといいですね。

ありがとうございます。

こんにちは

こんにちは。
今日もお疲れさまです。

毎日がタイトロープ状態になってしまうのは自死遺族故にしょうがない事なのでしょうが、日々心をすり減らしながら生きていくのは辛いですね。
家内の忘れ物は全然整理できていません。
車の名義もそのままです。
週末は家内の車に乗るようにしていますが、知らぬ間に独り言が出てしまいます。
どれだけの期間一人で寂しい時間を過ごさないといけないのかわかりませんが、毎日がカウントダウンされている事だけは真実だと思うので、家内の笑顔をもう一度見るその時まで足掻いてみます。

みっちとましゃさんへ

こんばんは。
お疲れ様です。

心がすり減っている感覚、以前は絶対に感じる事はなかったんですが、
今はそれを実感するシーンが多々あります。
自らの疲弊具合に、何をするにも億劫になります。

遺品では無く、忘れ物と言う表現、いいですね。何だかしっくりと来ます。
私がみっちとましゃさんと同じ頃は、全くと言っていいほど整理出来ていませんでしたので、
それが普通なのだと思います。

独り言も増えましたねー、誰にも言えない、二人にしか分からない事ですからどうしようもありません。

この世での日々は再会へのカウントダウンと思えば、一日ずつコツコツ乗り切れる気がします。
あちらでは、私達が来るのを指折り数えて待っていてくれていると信じたいです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

そもそもこの境遇では心に安定しろと言う方がムリかもですね。

犬は飼い主の心境を敏感に察知すると言いますから、
やはり空気を読むんですね。

妻の靴は捨ててはいないですが、その中で母親が気に入った靴があって、
履こうとしたら、靴が経年劣化で壊れたりしてたものは処分しています。
時間の流れは残酷です。

現実を認めているようで、まだ認めたくない自分も確かにいて、
そのバランスが時に変わると、気持ちも逆戻りします。
ご主人の誕生日、穏やかにお祝い出来ますように。

死んだら再会出来るのはずっと信じて疑いません。
魂と言うか意識は永遠だと思っています。
肉体には限界がありますから、今のうちに美味しいスイーツ、甘味を存分に食べておきましょう。(笑)

今日は暖かかったですねー、明日はまた寒くなるようですが、
こうして少しずつまた季節は巡るんですね。
気持ちも少しずつ温かくなっていけばと思います。
またイラッとしたら、私も甘いものに救いを求めます。(笑)

ありがとうございます。





プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR