様々な形

先週の土曜日。

高校時代の友人二人と会って来た。
ここ数年会っていなかったので、つもる話もあり、久々に帰宅が午前様になった。

今回は自分の抱えてる思いを多少なりとも話す事が出来たような気がする。

悲しみや苦しみは決して無くならず、むしろ年月を重ねると大きくなって来る事。
ただただ、それに慣れていくしか無い事。
これまで何度も(今でも)後追いしようとする気持ちと戦っている事。

これまでは、二人とも妻子がいて、自分とは違う世界の人間(リア充)だから、
会っても仕方が無い、自分の気持ちなんて理解されない。

そんなネガティブな感情ばかりだったのが、今回はなぜか思いを素直に言う事が出来ていた。

自死の事はまだ話せていないけど、これまで二人とも特に妻の事を詳しく聞いては来なかったし、
彼らなりに僕の事を静かに見守って、気にしてくれていたせいかもしれない。

二人の近況はと言うと、
一人は15歳の長女が2、3年前から不登校になり、今はフリースクール的な所に通っている。
長女は知的障害もあるようだ。
妻(母親)は長女と心を通じ合わせる事が出来ず、友人の前で、長女を愛せないとまで言ったらしい。
そんな事もあってか、夫婦仲もよろしくないようで、子供がいなかったら離婚かもとか。
自分の父親がパーキンソン病を患っていて、歩くのも難しいとか。
もともと、彼の兄は知的障害者で今も一人では生活が難しいとか。

もう一人は、転職を繰り返し、年収が以前の半分にまで減って、
生活苦との事。娘が二人いるのにどーするんだろう。
夫婦仲は特に変わっていないみたいだけど、彼はクルマ好きなのに、好きなクルマに乗れない状況。

二人とも妻との会話はほとんど無いらしい。

それと比較すると、好きなクルマを2台持って、好きなように弄って走って、
両親もおかげ様で元気だし、仕事もいろいろありながらも順調な部類。

友人達から見ると、僕はお金も自分の好きなように使えて、心配事もなく、好きな事出来て羨ましいらしい。

待て待て、今の目先だけ見ちゃだめでしょう。
心配事なんて山のようにある。
両親が要介護になったら全部僕が背負う事になる。
自分の老後は誰も面倒見てくれない。だからそんな好き勝手に散財はしてないつもり。
一日仕事して帰宅して、今日あった事を話したくても話す相手がいない。
何かを相談する人もいない。
温もりが欲しくても、誰も与えてくれない。

「じゃあ、二人とも家族を手放すか?」

そう言いかけて言葉を呑み込んだ。

どんなに好きな事が出来ても、何よりも配偶者の自死と言う背負いきれない十字架が重すぎる。

二人の話と僕の状況を考えて、いったい何が幸せで、何が理想なのだろうと心が迷走する。

とにかく誰もがみんないろいろ事情は抱えている、それだけは間違いない。

なぜか今回は、自死遺族のオフ会以外に、初めて会ってよかったと思えた。
ある程度、自分の思いも話す事が出来たし、これも自分の中での変化なのかもしれない。

次はどう変わっているのかな・・・


にほんブログ村












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同級生との会

るい37さん、
高校の同級生と色々お話ができて良かったですね。
私も近々ある大学の時のサークルの同期会に誘われていますが、気が進みません。私以外は出席みたいです。
私の友人の殆どには主人が亡くなったことすら言っていません。
懐かしい友達には会いたいもの、リア充の友達に会うのは辛いです。

チワワさんへ

今回はなぜか会ってよかったと思えたので、自分でも驚いています。
私もこれまで(今でも)同窓会の類はあまり気乗りしませんでしたが、
行動を起こせば、何かが変わるかもと言うかすかな期待が芽生えるのも事実です。

参加したいと思えば参加すればいいし、ムリに参加する必要もありません。
常に自分に正直に行動すればいいと思います。

チワワさんの心に少しでも変化が訪れるといいですね。


ご無沙汰です。
同じ境遇じゃない方とも会えて、話ができたこと、本当によかったですね。

そういう、当たり前のことが私たちにはハードルが高かったりするので、行動することにこそ意味があるのだと思います。

あまりに幸せそうな方達じゃないほうが、昔からの友達でも会いやすいですね。私もシングルマザーの子や、独身の友達とは会いやすいので分かります。
幸せの形もそれぞれなように、不幸な形もそれぞれで。。きっと自分だけが不幸なわけじゃないと思えると少しだけホッとするのかもしれないです私は。。

でも、やはり、じゃあ好きなことするために家族を捨てれるのかと胸のなかで湧いた思いがあるように、やっぱり家族と一緒にいられる人が羨ましいです。
私は捻くれ者になってしまったようです。

ねこさんへ

こんばんは。

普通は会うのが楽しみなはずですが、どこかで妙な引け目を感じて踏みとどまってしまうと思います。
そこから一歩踏み出すかどうかで、いいも悪いもいろいろ変わって来ます。

独身の友達とは会いやすいのは良く分かります。
お互いの都合もつきやすいので、合える回数も比較的多くなりますね。

自分が最も不幸だと常々感じているだけに、もっと不幸な人を探して自分を安心させようとする気持ちが
本能的に働いているような気がします。
そんな自分に自己嫌悪しつつも、納得したりもします。

家族はどこにも売っていませんから、家族とともに生きられる人の方が幸せだと思います。
捻くれ心はまだまだ残っていますが、今の自分が出来る事で幸せを見つけて進むしかないと思っています。

こんにちは

こんにちは。
今日もお疲れさまです。

私にもリア充時代があったはずなのですが、思いがけず自死遺族になってしまいました。
思い返せば、リア充だった時は思ったほど家内と会話をしていなかったような気がします。
世間では「空気のような存在」という言葉が使われますが、空気がないと人は生きていけないですよね。
家内がいなくなった今、常に酸欠状態に陥ってるような気がします。
周りから見たら私は好きなように生きれて羨ましいと思われていると思います。
でも、真実はそうじゃないと力説したところで、リア充満喫中の人には伝わらないと思うので右から左に受け流しています。
心を許せる人にも家内の旅立ち方を話す事はできませんが、少し気持ちが楽になったりします。
次のオフ会にも参加できるように、家内と二人で今日を生きぬきますね。

みっちとましゃさんへ

こんばんは。
お疲れ様です。

リア充期間はそのありがたみに気づかない人が多いので、
努めて会話をしようとはしないのでしょう。

一人になり、誰かに何かを与える事も与えられる事も無くなってしまった、
まさに抜け殻と言えます。

端から見れば、好きなように束縛も無く生きていると見られますが、
好きな事でもしてなければ、生きて行けず、自分を維持する事が出来ません。

これまで、話す事自体がイヤで誰とも会わないようにしていましたが、
自分をいい意味で適当に見守ってくれている人には、少しずつ、取り乱す事なく、
思いを話す事が出来るようになりました。

これまでどうにか生き抜いて来た成果が少しは現れて来たのかもしれません。

次のオフ会ではまた違った自分を見せられるかもしてませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

誰もみな、様々な事情を抱えているのだなと今回は深く考えさせられました。

友人の人生もつらい事が多いし、僕の人生もつらいものとなっています。
果たして幸せの形っていったい何なんだろうと感じました。

隣の芝生は青いとは良く言ったものです。
無いものねだりとも言えます。
一人の寂しさか、子育ての苦労か、どちらも楽な道ではありません。

それでも子育ての苦労より、自死遺族の心の傷の方がきついと思います。
子育てをした事が無い人間の言う事なので、説得力がありませんが、
子育てには嬉しさもあります。

やはり、幸せか否かは自分の心次第なのでしょう。
なので、常に出来るだけ自分が幸せだと思える材料を求めているのかもしれません。

私が友人達と会えるようになったのは、一人になって3年目くらいからでした。
8年目にして初めてまた会おうと思う事が出来ました。大きな変化だと思います。

焦らず、マイペースで、自分の心と向き合っていけばいいと思います。
私もあの日の事は、未だに思い返すと一気に当時に感情が逆戻りします。
決して消えない記憶、心の傷、歳月を重ねる内にそれに蓋を出来る時間が長くなっていくのかなと思います。

好きな事、好きな時間を増やし、心の傷に触れないようにしながら、
その日その日の自分をどうにか維持していくのでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

こんばんは。

二人でいた時の他愛の無いやりとり、日常が幸せの形だったのだなとしみじみ感じています。
いかに自分が伴侶に甘えていた、その境遇に甘えていたのか今になって思い知らされます。

自分が満たされていない事ばかりを思うから、恵まれていないと思うわけで、
自分が出来る事、他人には出来ない事に対して幸せだと思う事で、
日々をやり過ごして行けるような気がします。

この考え方に至るまでには相当の時間と労力が必要だったわけで、
それでも伴侶の事を思うと、まだまだ悲しい気持ちの方が大きいです。

今週後半からは春の陽気となるみたいですね。
その陽気に出来るだけ自分の心も近づけていけたらと思います。

とりあえず、runさんにチョコをもらうまでは生きていようと思います。
これでまたひとつ目標が出来ました。
ありがとうございます。

プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR