要らない強さ

猫が亡くなったからと言うもの、毎日必ずどこかで涙が出る。

普段、猫がいた場所を見た時。
帰宅しても猫が出て来ない事を実感した時。
布団に入り眠る時。
昔の写真を見た時。

生前の猫の様子を思い浮かべると、切なさで胸が苦しくなる。

どうしたらこの悲しみ苦しみから逃れる、または和らげる事が出来るのか。
そう考えた時、妻が亡くなった時の事を考えた。

あの時、心に受けたとてつもない衝撃と、その後の悲しみ苦しみは、
これまで経験した事が無いもので、ホントにもう何もかもどうでも良くなって、
消えてしまいたかった。

その想いは今も変わらないけど、それを背負いながら、どうにか生きる事が出来ている。

今回の猫との別れは、
ある程度、心の準備が出来ていて、またその臨終に立ち会う事が出来たので、
妻の時に比べたらまだ幸せで、十分に耐える事が出来るものなのだと思うようにした。

これも自分を守る為に身に着けた術なのかもしれない。

自死遺族となって、強くなった?面なのかな。

こんな強さなんて全くもって要らない。
こんな強さと引き換えに妻がいないなんて、絶対に割が合わない。

この7年間で、妙に涙もろい時と、異様なまでに冷静な時との差が激しくて、
自分でも驚く事がある。

とかく誰かと一緒にいる時には極力感情を押し殺し、
何に対しても基本、取り乱したりしない。

以前、あまりに冷静なので、
「鉄仮面でも被ってるの?」と言われた事がある。

確かに仮面は被ってるなぁ。
被らないと外には出られないからね・・・


にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

身に付けたくなかった強さ

るい37さん、
猫ちゃんが逝かれて、本当に寂しくなったと思います。
私の犬は私が夕方帰宅すると、しっぽを振ってお迎えしてくれます。それがいつかは無くなると考えたら切なくなります。
主人が亡くなってから2年経ちました。毎日主人を思いださない日はなく、まだまだ立ち直っていません。いや、立ち直るということは一生ないでしょう。ただ、この状況に慣れるというか、悲しいと言う感覚が麻痺するだけなんでしょうと思っています。

No title

おはようございます 私はるい37さんより年上ですが毎日泣く事

で気持ちを落ち着かせます。るい37さんもご自分の部屋で

思いっきり泣いてください。とにかく辛い、悲しいですよね。

お体を大切に。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

愛別離苦

こんにちは。
今日もお疲れさまです。

前回のブログにコメントさせてもらおうと思ったのですが、言葉にならなくて…。
生きとし生けるものは『病・老・死』からは逃げられないと頭の中では理解しつつも気持ちとはどうしてもリンクできません。
二度も辛い別れを受け入れざるを得なかった、るい37さんの心中をお察し申し上げます。
愛猫ちゃんはお浄土で奥さまの膝の上に乗り、るい37さんとの日常を楽しく伝えていることでしょう。
奥さまと愛猫ちゃんのご冥福を重ねて申し上げます。

チワワさんへ

帰宅した時の出迎えが当たり前になっていたので、ついつい猫の姿を探して、
切なくなります。

自死遺族の悲しみは立ち直ると言う表現は当てはまらないと思います。
どうやっても元には戻れないので、「直る」は不可能に思います。

やはりこの現実に慣れていくしか無いのだと感じています。
猫のいない生活に慣れるのはいつになるのでしょうか。

風さんへ

こんばんは。

泣く事で、心のもやもやを吐き出す事が出来る気がしますね。
泣きたい時は我慢せずに泣く。
妻の死と向き合って、それを実感したので、
今回も同じようにしようと思います。

とにかく自分の心に正直になりたいですね。

ありがとうございます。

月さんへ

最期を看取れるかそうでないかは大きな差だと思います。
今回、そこだけは救いだと思っています。

妻が亡くなってからは失う恐怖、喪失感を恐れるあまり、他人との関わりを避けて、
親しい人を作らないようにするようになった気がします。
とにかく別れが怖いです。

そういう振舞が鉄仮面を彷彿とさせるのかもしれません。

自分らしくって、言われてももうどういう状態を指すのか分からなくなりましたね。

ここは唯一、仮面を被らなくてすむ場所です。

ありがとうございます。

みっちとましゃさんへ

こんばんは。

今日も一日お疲れ様です。

猫の事を思い、寂しいけど、ここまでの命だったんだと言い聞かせますが、
そうそう簡単には割り切れるものではありません。
妻の事も、こうなる事は妻が生まれた時から決まっていたんだと
思うようにしていますが、未だに割り切れていません。

決して癒えない悲しみに包まれている最中に、さらなる悲しみに
追い打ちをかけられている感じです。

あの世での妻と猫との会話を想像して、その微笑ましい光景に救いと癒しを
求めようと思います。

ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

お帰りなさい。
心配してましたよー。

本当にお疲れ様でした。
とにかくこうして言葉を交わす事が出来て何よりです。
マイペースでムリせずに日々を過ごしましょう。

猫の死で、さらに悲しみを背負う事になり、まさにいっぱいいっぱいです。
これまで自分がそんなに悪い事したのかなと神様に聞いてみたいです。

猫との想い出を振り返る度、涙に暮れています。
ただ、思いを分かってくれる、共有してくれる人がいる事で、
大きな支えとなります。

ありがとうございます。

のあさん、どうかゆっくり静養して下さい。
一日も早い回復を祈っています。

猫ちゃんとのお別れ 寂しいですね( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` ) うちの子も19歳くらいにそろそろなるのか もうなっているのか~毎日皮下補液をしながら過ごしています
3匹いたのですが~いまの子が最後の子になってしまいました が 最後の最後まで愛情を持って仲良くして行こうと思っています✩°。⋆

強さ~
普段は出さないようにしてます やはり皆さん一緒なんですよね~夜寝付けないとき ふとひとりになった時など 突然涙が止まらなくなる時 ありますよね これから先も同じように過ごして行くんでしょうね~
涙がでなくなる日が来たりするんでしょうか?わかりませんね。

(^_^) さんへ

動物を飼えば、別れは避けられませんが、何度経験してもつらいですね。
生きているうちに、後悔の無いようにやれる事を精一杯してあげたいと思います。

夜、布団に入ると涙が出るのは私もよくありますね。
猫が亡くなってからは、またその回数が増えました。

涙の量が減る事はあっても出なくなる事は一生ないような気がしてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

こんばんは。

「すごいね」、私も言われた事ありますよ。
妻の自死後、仕事を続けていた事に対して、
「もし、自分がそうなったら仕事なんてすぐ辞めてると思う」
そう言われました。

言われた方は悩みますよね。
自分が強いと思われてるのか、それほどショックを受けていないと思われてるのか、
相手はこちらを励まそうとしてるのは何となく分かりますが、
素直には受け取れません。

筋トレを思い立ったんですね。
何かに集中するのはいいと思います。
しかも身体を動かす事は、心にも好影響を与える気がします。

感情を外に出すと、どこかで自死遺族特有の考え方や言動が
表に出るのが怖いのかもしれません。
この仮面は一生外せないのかも?

筋トレで心も身体も鍛えられそうですね。
私も何か身体を動かす事考えないといけないかなぁ。
と思いつつ、洗車やクルマの作業でお茶を濁してます(汗)

ここで愚痴って少しでも心が晴れれば何よりです。
そうして一日一日を乗り切っていきましょう。


プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR