スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンドレスループ

今朝は何だか身体全体が重くて、頭も重くて、本当に何もしたくない状態だった。
何とか出社したものの、何をしていても集中出来ず、何も考える事が出来ない。
何かに追い立てられるような焦燥感も同時に感じる。

どこか悪いのでは無い事は分かってる。
病院行っても身体的には特に異常無しだと思う。

この症状は、自死遺族になってから度々襲って来るもの。

独りの寂しさ、この先の不安、仕事のストレス、妻の自死に対する後悔、
様々な思いの波長がちょうど高まったところでシンクロすると、発症するような気がする。
大きくジャンル分けすると、うつの分類になる?

これが出ると、自分の存在自体を消したくなる衝動に駆られる。
ふっと、死のうか、と言う言葉が頭をよぎる。
今、自死を選択するのも僕が生まれた時から決まっていたんじゃないかと
ヘンな理屈を立てたりする。

もちろん実行に移すまでには至らないけど、以前はその周期が早く、
衝動の強さも大きかった。

最近はなりを潜めていたようだけど、久々に出るとやっぱりきつい。
仕事中も度々、目立たない場所でしゃがみこんでじっとしていた。

ただ、こうして苦しい思いをしているのは自分だけじゃない、
毎日ギリギリのところで踏みとどまって生きている人がいる、
生きたくても生きられない人もいる、
仕事が無い人、身体が思うように動かない人、

とにかく自分が恵まれているんだと、ムリヤリ自分に言い聞かせて、
今日を何とか乗り切った。
そうでもしないとやっていけない。

今朝、死にたいなぁ、と思った時、
親兄弟や、同じ自死遺族の方達の事が頭に浮かんだ。
そうすると、いやいや、今死んでる場合じゃないと、自分が
引き戻されたような気がした。


向こうに逝こうとして、引き戻される、
このループは永遠に繰り返されるのかな・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同じ気持ち

るい37さん、
主人が亡くなってから約2年たちましたが、気持ちは変わらないですね。自死遺族の辛さは何年たっても変わらないのですね。
最近でも、ふと死にたくなります。早く迎えに来てくれないかなぁとか考えます。犬があと10年弱は生きそうです。犬が亡くなったら、私はいつでもあの世に行けます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

何年経とうとも根本的な思いは変わらないようですね。
消えたくなる気持ちが消える事も無いようです。

私も、親と猫を送ったら、一日でも早く迎えに来て欲しいものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

僕もそうです。

るい37さん、こんにちは。

同じく妻を自死で亡くしたものとして、時々ブログを拝見させて頂いてます。

過去に僕のアメブロのほうにコメントを頂いた事もあると思います。

妻を亡くして1年8ヶ月ですが、2ヶ月ほど前から僕も焦燥感が強く出てきました。

仕事にも集中力を欠き、人に対しても余裕がなくなりイライラ、ソワソワして、下手したら頭を死がよぎり、何とかしたいと思って、色々試しています。

今ちょうどブログで書いているんですが「マインドフル瞑想」というものがあって、そちらの本と音声を聞きながら毎日寝る前に実行しています。

これをやって、一日に数時間ですが、初めて焦燥感が消える時間が出来ました。

るい37さんの苦悩が少しでも和らげばと思い、僕の実体験をお知らせしました。

応援しています。

runさんへ

こんばんは。

惜しい!タッチの差で2番でしたね。(笑)

他人の優しさに弱くなったのは私も実感します。
涙もろくなったのも同じです。

ありがとうございます。
今日は、昨日に比べれば回復傾向にあった気がします。
それでもきついには変わりないので、さっさと帰宅しました。

当然、runさんの事も浮かびましたよ。
この繋がりは切りたくない、切っちゃいけない、そんな感じがしました。

一生この思いを抱えていくのは間違いないようなので、
自分の心が穏やかになれるような時間、瞬間を自分で見つけていくしか無いのでしょう。

自死遺族達の心が優しさに包まれますように。


まるさんへ

こんばんは。

こういう時こそ、大切な人に寄り添いたいのに、
それが出来ないのは分かってるので、
苦しみが増幅して消えたくなりますね。

ホントに何もしたくなくなるので、ただ、じっと回復するのを待つしか方法が見つかりません。
うつの診断をネットでやってみたら、かなりの確率で、うつ状態だと出ました。
でも、治療も解決も出来ない問題なので困ったものです。

自死遺族の方で、最近見かけなくなったなぁと思うと、もしや?と思ってしまいます。
それでも、自死の悲しみや影響の大きさをいやと言うほど分かっているので、
自死遺族の後追いは実は少ないのかなと感じます。

自死遺族の繋がりが、こういう時に力となり、自分を維持出来ていると思います。
お互いに何かの支えになれたら、と思います。



みっちとましゃさんへ

お疲れ様です。

この環境には慣れたはずなのに、まだこの感情は襲って来ます。
焦燥感に疲労感、同感です。
まともに仕事に集中出来ないので、余計に疲れます。

あの笑顔に逢えるのなら、ホント、何でもします、何だって出来ます。
未だに想っているのはやはり女々しいのでしょうか。
でも自分の心は偽れません。

時々、もう自分の事など妻は忘れてしまっているんじゃないかとも思い、
また落ち込みます。

とにかく早く逢いたい、ただそれだけですね。

オフ会は提案いただいて逆に感謝しています。
お互いに今ははそれが生きる意味ですね。

yoshiさんへ

こんばんは。

お久しぶりです。
この感じ、共感していただけるのはやはり同じ経験をしてる方ですね。
仕事中の状況、心境、同じです。
自分だけじゃない、そう思う事で大きな力となります。

「マインドフル瞑想」ですか、調べてみますね。
藁をも掴みたい状況ですので、試してみたいところです。

情報提供ありがとうございます。
本当に嬉しく思います。

私も応援しています。

yoshiさんの心に安らぎが訪れますように。

ごめんなさい

コメントの文字の大切な所が抜けてました。

マインドフル瞑想ではなく、「マインドフルネス瞑想」です。

僕が買って実践しているのは「マインドフルネス瞑想入門」というCD付きの本です。

人間は悲しみ苦しみ自責などの過度のストレスが掛かった時、その感情に耐えられないので、無意識に感情を抑制するそうです。

そうすると、ネガティブな感情にも慣れてような感覚になりますが、ポジティブな感情も感じにくくなるそうです。

僕は妻亡きあと、「生きている実感がない」と常々思っていました。
何か全ての感覚が薄まってしまったような、、。

どうやら、この無意識の自己防衛が根底にあったようです。

焦燥感は無意識に押さえつけてきた感情が、表に出てきたのだと推察しています。

yoshiさんへ

先ほどググってみたら、マインドフルネスだったので、多分これの事だろうなと思いました。
わざわざコメントいただき、ありがとうございます。

人間の防衛本能が成せる感情の仕組みなのでしょうか。
確かに今まで自分の感情に蓋をして生きて来たと思います。

それが溢れ出して来た時に、こういう状況になるようですね。

この感情が自分で制御出来たらいいんですが、難しそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

なるほど、深いですね。
失ってみないとその有難みか分からない人間の典型のような気がします。

今は余命宣告されたら、やっと逝けるのかぁと思いますが、
いざ、それが現実になったら、あれもしないとこれもしないととか意外に抗ったりするのかもしれませんね。

休みを取って、一日何もせず、何も考えない時間にするのもいいですね。
休みに何もしないと何だか勿体ない気がしていましたが、
そういう日を作るように心がけてみます。

今のところこれ以上の症状はありませんが、
心療内科は以前かかった時に薬が合わずに苦い思い出しかないので、
もし、かかる事があったら別の病院に行ってみます。

不眠は無いですが、いくら寝ても昼間に眠くなるので実は熟睡出来ていないかもしれません。

気にかけていただき、ありがとうございます。
自分の身体と相談して、体調優先で行動するようにします。

のあさんもくれぐれもお大事に。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きぼさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。
やはりこのループは時間が解決するわけでは無いみたいですね。
自問自答の答えもまだまだ出る気配も無いです。

お墓にいるのか、仏壇にいるのか、実はいつも傍にいるのか、
いったい何が正しいんでしょうね。
いや、全て正しいのかも、とか考えるときりがありません。

日常の中で、想い出に触れる事があると涙するのは、
一生変わらないような気がしています。
悲しみって消えないものなんだなと実感します。

あの世で再会する時は、二人が一番幸せだった時期に二人とも戻ると思っています。


プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。