むしろ増加するもの

毎年この時期に特に目につくようになったもの。

日航ジャンボ機墜落事故や戦争で亡くなった人達への慰霊。

日航ジャンボ機墜落事故から30年。
終戦から70年。

どちらの遺族にも共通しているものは、
悲しみは全く変わらず、むしろ増加していると言うコメント。

近しい人をある日突然亡くす悲劇。
心の整理など出来るはずもなく、遺るのは悲しみ、怒り、後悔。
それらは時間が解決する事もなく、一生抱えていく事になる。

終戦から70年経っても、悲しみが増加していると言う遺族のコメントを
聞いた時、僕の悲しみもやはり一生消えず、増えていくのだろうと思った。

自ら命を絶った自死と一緒にするな、と
遺族の方に怒られるかもしれない。

でも、日常生活での遺族の苦しみ、悲しみに関しては少しは分かるつもり。
少なくとも自死遺族になる前とは明らかに違う感じ方をするようになった。
以前はただ、つらいだろうな、としか思わなかったものが、
現在は、遺族の方が自らの心境を語っている映像を見ると、
自然と涙が出て来るようになった。
当事者に近い感情が入るようになったのかな。

近しい人を納得出来ない理由で亡くす、と言う事に関しては
共感出来る部分があると言う事なのだろう。

僕の祖父にあたる人は、昭和20年4月に、
海軍伍長としてフィリピン方面の海上で戦死している。
もちろん、会った事も無く、仏壇にある海軍の制服を着た写真しか知らない。

享年23歳。
遺骨も無い一人息子の死に、曾祖父母はどう向き合っていたのだろう。
きっとその悲しみは消える事なく、その生涯を終えていったのだろう。
今は、あの世で親子3人で穏やかに過ごしていると思いたい。

終戦があと半年早かったら、祖父は死なずに済んだかもしれない。
まあ、そうなると僕も生まれていないけど。

いつかあの世で祖父に会ったら、挨拶しないといけないな。

戦時中のあの世は大混雑だったに違いない。
次から次へと来る死者達に、閻魔様も大変だっただろう。


どうか日航ジャンボ機墜落で亡くなった人、
戦争で亡くなった人達がせめてあの世では穏やかに過ごせますように。
その遺族の方に少しでも笑顔の時間が増えますように。

毎年、そんな事を思う終戦記念日・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

るい37さん、
毎年この時期は、日航機墜落事故、広島・長崎原爆、終戦と、忘れてはならない出来事の関連の報道が増えますね。
犠牲者の方があの世で穏やかに過ごせますように、願ってやみません。
オフ会ですが、私は関東で犬もいるので、残念ながら参加できません。有意義な会になると良いですね。

チワワさんへ

各出来事の当時者の方達を思うと、言いようの無い切なさを感じます。

自分の心に、他人の悲しみを思う余裕など無いはずなのに、
どこかで誰かと思いを分かち合いたいと言う気持ちが、
こういう感じ方をさせているのかもしれません。

誰もが穏やかな気持ちになれるように願うばかりです。

オフ会は、また機会があれば是非お会いしたいですね。

No title

30年経っても辛いまま…なのですか。
時薬を期待していたんですが…。
30歳の娘を自死で亡くして、もうすぐ半年です。
順調なら、その頃はあちらへ行けるはず。
娘を育てた期間か。長いなぁ。うーん、耐えなきゃ…。
きっと、良く頑張ったねって神様に褒めて貰えますよね。
沢山のお母さんが戦争で子どもを亡くしたんですよね。
ほんと、先輩方を見習わなきゃ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マミー☆さんへ

つらい時間は短くはなるとは思いますが、
悲しみの大きさそのものは変わらないのでは無いかと思います。

つらい日常に慣れていくのが日にち薬のような気がします。
自死遺族となって半年であれば、まだまだそれは感じられないのでは無いでしょうか。

この世での生を全うすれば、必ずあの世で再会した時には褒めてもらえると思います。


のあさんへ

戦争で人を殺した人も、一生苦しみを背負っていくと言いますね。
一生背負っていくと言う部分は、自死遺族と同じだと思います。

大切な人を納得いかない不条理な理由で亡くすと、
自分でも予期しないきっかけで、心が乱れる事があるのも共通ですね。
配偶者や子供を亡くした場合は、あるべきはずだった未来への可能性を思い、
悲しみに暮れます。

その過去への悲しい思いに、いつしか共感出来る自分になっていました。
捉え方感じ方が、対岸の火事から当事者に変わったと言う事なのでしょう。

オフ会、ご案内送っておきますね。

runさんへ

海軍伍長、仏壇の写真を見ても、
真面目で頭の切れそうな印象です。
母によると、賢い人だったそうです。

私はさっぱりそういった遺伝子を受け継いでいませんが。(汗)

戦争はそういう惜しい人を本当にたくさん亡くしています。
祖父の写真やお墓を見る度に、同じ過ちを二度と繰り返してはいけないと強く感じます。

現在の平和は、多くのかけがえの無い人達の命で以って、
実現しています。

それを忘れる事なく、感謝の思いで日々過ごしていきたいですね。

No title

あなた様のブログを、全て読ませて頂きました。
同じ自死遺族でも、自分との生活レベルの差を感じ、
溜め息が出ました。(母子家庭です)
我々は、引越すにも、借金しなければ、なりませんでした。
どうやら、神様は、一番大切なもの(人)を
奪われるようです。
あなた様は、奥様を、私は、娘を連れていかれ・・。
大変な思いを味わったのです。

我が子を自死などで亡くす事は、
断腸の思い・・腸がちぎれるほどの、狂わんばかりの
母の気持ちなのです。

どうか、あなた様が、平穏な気持ちで、
毎日が送れますように、
幸いにも、あなた様の周りには、
悪い人達はおられない様子・・
少しずつでも回復される事をお祈り致します。

ローズさんへ

読んでいただき、ありがとうございます。

子供を亡くす親の気持ち、
以前に母に子供への思いを聞いた事がありますが、
自分の命と引き換えにして子供を救うのは
母親として当たり前の感情で、迷いなど無いと言われました。

子供がいない私には理解は出来ませんが、生きていても仕方がない、
早く後を追いたい、きっとその思いばかりで日々苦しまれている事と思います。

お気遣いありがとうございます。
親兄弟、ここで交流のある人達に支えられて、
現在に至っています。

ローズさんの心に少しでも穏やかな時間が増えていきますように。
お嬢様のご冥福をお祈りするとともに、ローズさんの心身の健康を願ってやみません。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR