最恐?

この時期になると、納涼企画として、
肝試しや心霊特集の番組が目につくようになる。

昨夜、たまたまTVをつけたら、心霊現象?を撮影した動画特集をやっていた。

あり得ない場所、あり得ない構図から、
人の顔?や手等が撮影されていた。

出演者はみな相当怖がっていて、まさに最恐企画との事だったけど、
自分は少し違っていた。

それらの現象が霊によるものだとしたら、
きっと何かを訴えたくて姿を現しているのだと思うし、
元々は霊も人間だったわけだから、それほど恐ろしいものだとは思わない。

生きてる人間の方がよっぽど怖い気がする。

そう思うようになったのは、自死遺族となってからだと思う。

自分の大切な人が霊となっていると言う事で、
親近感とまではいかないまでも、霊の存在に逃げ惑う事など無い。
もし、どこかで何かの霊に遭遇したとしたら、
あの世で妻の事を見かけていないか聞いてみたいし、霊界の存在も確認したい。

例え、それが悪霊で、あの世に連れていかれてしまったとしても、
妻の元に逝けるのなら、恐怖どころか楽しみとなる可能性だってある。

幼少の頃から、所謂「お化け」の存在は怖がっていた自分だけど、
今は、逆に逢いたいと思うようになっている。

変われば変わるものだね。
それほどまでに衝撃的で、心が破壊されるほどの経験をしたと言う事かもしれないな。

自分にとっての最恐は、自死遺族として心に受けた衝撃なのだろう・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も共感します。
今まではお化け屋敷にすら、入れない私でしたが今は心霊スポットに興味があります。
彼の霊があるなら、絶対に私の呼びかけには答えてくれる気がして、、。霊でもいいから会いたいのです。

怪奇現象とか。今は遭遇したいくらい。何か物音がしたりして、原因が分からない音だったりすると小躍りしたくなるくらいです。

最も怖い出来事はもう起きてしまった。だから。。もう怖くはないですよね。

心霊スポットには興味本位で行くものではありませんが、
大切な人の霊がそこにいるのなら、話は別ですね。

科学では説明出来ない現象が起きると、不安と言うより、
期待の方が大きいかもです。

大切な人の自死を経験してしまったら、もう何も怖いものはありませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

以前は家で一人のとき物音がすると気味悪く感じたものですが、今は何か音がすると、ああ近くにいるんだねという気がします。
もう一度声を聞きたい。

まるさんへ

おはようございます。

どんな些細な事でも、相手が霊であっても、
大切な人の消息を知りたいですね。

訴えたい事があったり、苦しんでいるとその姿を現すと言う事は、
穏やかに過ごしているから姿を現さないのかなとも思います。

私も一周忌くらいまでは、姿は見えないけれど、
音や光での不思議な現象は数回ありました。

その現象が無くなったと言う事は、あの世での生活が落ち着いて来ているのだと思いたいです。

伴侶の自死、今までもこれからも、この経験以上の衝撃は無いだろうと思います。

通りすがりさんへ

やはり、霊やあの世への畏怖の念が無くなり、もっと近づきたいと思うから、
自分の感覚も変わったんでしょうね。

大切な人の声、ホントに愛おしいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

のあさん、さらに上手を行ってますね。
一度でも死と隣り合わせたら、いつでも受け入れる心構えが出来るのでしょうか。

稲川淳二サン、久々に聞きました。(笑)
やはり大御所は外せません。
何かご主人への手がかりと言うか繋がりを持てる話が聞けるといいですね。

霊に対してもそうですが、物事全体に対して、動じないと言うか、
無関心と言うか、とにかく反応が鈍くなりましたね。
「何かあっても、別に死ぬわけじゃないし、いや、死んでもいいし」
その結論に至ってしまうので、大概の事に対して慌てる事が無くなったような気がします。

誰かの幽霊が現れたら、「待って!消えないで。話を聞かせて」と
強引に引き止めてしまいそうです。(笑)

恐いものは無し

るい37さん、
最愛の人の自死を経験したら、恐いものは無くなりますね。
心霊現象もオバケも恐くありません。
お盆だから(東京のお盆は7月ですが)でしょうか、主人の夢を立て続けに見ました。
近くにいて、何かを伝えたいのかなと思いました。

チワワさんへ

死と言うものに対して、受け入れられない気持ちが、
恐怖となるのだと思います。

死を受け入れる事に抵抗が無いのなら、
何も怖くないですね。

ご主人、きっと何かを言いたくて姿を現したのではないでしょうか。
チワワさんにご主人のご加護がありますように。

私も共感です⋆。˚✩
逢えるもなら~逢いたいですから~
出て来てー!と言ってしまう日もあります(笑)
お迎えに来てくれるのが 楽しみで仕方ありません⋆。˚✩

(^_^) さんへ

ふと、今、隣にいるのかな?いるの?とか
話しかけたりもします。

自分があの世に逝く時はちゃんとお迎えに来てくれるのかな?
霊に遭遇するのも、死を迎えるのも全く怖くないですね。
プロフィール

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR