織姫

先日、姪っ子が、花火大会に来て行く浴衣が欲しいと言って来た。
どうやら遠いお店らしく、ネットでしか買えないらしいので、
サイトのURLを姪っ子から送ってもらい、購入。

姪っ子は17歳。花火大会も友達だけで行くらしい。
もうそういう年頃になったんだなぁ。

浴衣を見てて、ふと、妻と花火を見に行った時の事が頭をよぎる。
そういえば浴衣を着てた時もあったな。
あの時は、原因は思い出せないけど、大ゲンカして、妻は泣き叫ぶくらい怒ってた。

喧嘩したいなー、話がしたいなー、そう思ってたら、
七夕の夜に妻が逢いに来てくれた。

夢の中。
部屋で僕がゴロゴロしてる時に、ふいにドアが開いて、
妻が入って来た。
「また寝てるー。」 と呆れながら座る。

その後は何を話したか覚えてないけど、
妻の温もりと言うか、存在に触れる事が出来た。

目覚めて、「逢いに来てくれてありがとう」 と妻の写真に向かって話しかける。

僕がブログで、形あるものは強いとか書いてたから、それを見て逢いに来てくれた?
うん、そういう事にしておこう。

僕の織姫は、ちゃんと僕を見ていてくれた・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

良かったですね

るい37さん、
奥様に会えて良かったですね。
きっとあの世から見守ってくれて、心配もしてくれているんですね。
私の主人が夢に出てきてくれたのは、今月の初めくらいですね。段々夢に出てきてくれる頻度や回数が減っている気がします。それだけ、あの世で幸せに暮らしていると思いたいです。
夏はすぐそこで、花火の季節もすぐにやって来るんですね。
主人とも良く花火を見にいきました。花火も思い出の一つです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ラブラブ

なんだか(。-_-。)ポッってなりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

姪っ子さんも今が一番輝かしい青春ですね。そんな時代に戻りたい。。
小さな頃からずっと虚しく生きてきたので過去に戻りたいなんて、思ったことなかったのに。。今は戻りたくて戻りたくて仕方ないです。主人に出会わないでいい、私なんかと出会わないでいいから過去に戻って運命を変えたいです。

チワワさんへ

見守っているのか監視してるのか分かりませんが、気にしてくれているようです。

夢に出て来る回数が減っているのは、安心して穏やかに過ごしているのだと思えば、
こちらも安心出来ますね。

季節ごとのイベントでも想い出は尽きませんね。
今年も花火の話題を耳にしたり目にすると、楽しかった当時に引き戻されるんでしょう。

みっちとましゃさんへ

こんばんは。

髪をアップにした浴衣姿の妻は本当に綺麗でした。
お互い、妻自慢は止まりませんね。(笑)

奥様は本当にお綺麗な状態で旅立たれたのですね。
その姿であの世から見守っていると思います。

奥様が笑顔でいられるように、しっかり生き抜いて、
再会の時を待ちましょう。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なおさんへ

織姫様の前では永遠にトキメいてしまいます。

キリンさんへ

私があまりにも世話が焼けるので、仕方なく逢いに来てくれたのかもしれません。

伴侶の存在が確かに過去のものとなりつつあるのは否定出来ないかもしれませんね。
想いは全く変わっていないはずなのに、生きると言う事はどうやっても時間を止められない事?
そんな自己問答をしたりします。

正解なんて無いような気がします。
夢で逢えたら正解を聞いてみたいですね。

さくらんぼさんへ

17歳、まさに青春ですねー。
姪っ子には今しか出来ない事を精一杯楽しんで欲しいです。

過去を懐かしんで、あの頃は良かったなーと思いますが、
過去に戻るとまた大切な人の自死を経験すると思うと、
躊躇してしまいます。

運命が変えられたらどんなにいいかと思います。

nonさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

何と言ったらいいのか分からないほどの経験をされていると感じております。
そんな日常の中で、このブログが何かのきっかけや、助けになれたのなら幸いです。

時薬と言う明確なものは未だに見つけられませんが、
現実に、環境に慣れていく事が結果的に時薬となるのかなと思っています。

これからも落ちたり這い上がったりの繰り返しだと思いますが、
少しでも多くの思いを共有出来たらと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

こんにちは。

子供達には季節のイベントは欠かせませんから、
季節感と想い出を感じられる事と思います。

織姫様は僕を憐れんで逢いに来てくれたのだと思います。
有難い事です。

子供達も恋人たちも、楽しめる人は楽しめる内に
各行事を楽しんで欲しいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

青春真っ只中、私達にもそんな時期ありましたよね。(笑)
一生に一度しかありませんから、満喫して欲しい、そんな思いで
浴衣を購入しました。

夢での会話って、すぐ忘れてしまいますね。
結構、支離滅裂な会話だったりするので、思い出すのも難しいです。
それでも逢えただけで十分嬉しいものです。

妻と出会って死別するまでで、あの時が一番激しく妻が怒った気がします。
にも関わらず理由が思い出せない私に苛立って、夢に出て来たのでしょうか。(汗)
生前、その時の事は何度か2人で話しましたが、「やっぱり〇〇クンが悪い」と
言われてました。

妻がそう言うのなら、きっとそうなのでしょう。

そんな想い出を共に振り返る事が出来ないのはやはり寂しいものです。







プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR