形あるもの

先日、新人の歓迎会があって、宴会の類はあまり好きじゃないけど、
仕事と思って参加。

一通り終わって、二次会に行く人もいた。
元々、早く帰宅したい人なので、一次会終了後に家路につく。
早く帰宅しても妻がいるわけじゃないけど、とにかく静かに過ごしたいから二次会はパス。

妻がいれば、今日の仕事の事や歓迎会の事を話すところ。
妻は同じ会社にいただけあって、内容もよく分かってもらえる。

こういう時は特に妻が恋しくなって来る。
遺体が火葬される前にもっともっと抱きしめれば良かったなとか思う。
あの時は気持ちもまともじゃなくて(今でもまともじゃないけど)、
遺体が妻であって妻じゃないようで、葬儀場を出る前に棺に花を入れる時に、
妻に頬ずりしただけだったような気がする。

検死やら、湯灌やらでろくに抱きしめる時間がなかったのも理由かも。

いっその事、遺体を冷凍保存でもしておけば良かった?
いやいや、それじゃ死体遺棄になってしまう。
棄てたわけじゃなく保存だから遺棄にはならない?

まあ、それは非現実として、どちらにしろ形ある温もりは恋しいわけで、
抱きしめたいなぁ。

心や思いは健在だとしても、やはり形あるものは強い・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同感です

こんばんは。
今日もお疲れさまでした。
僕は飲み会があると二次会三次会になだれ込んでしまうタイプで、遅くなっても家内が車で迎えに来てくれてました。
でも、家内が亡くなってからは当然迎えに来てもらえないので、またそれで寂しさが募ってしまいます。
辛くてたまらなくなりお酒の量も増えました。
家内が体調を崩すまでは毎日二人で晩酌するのが日常だったんですが、今から考えるとかけがえのない日々だったって感じます。
家内を送り出す時は大声で泣いてしまいました。
最後のキスは今でも忘れません。
本当に可愛い家内でした。
もっとあちこち連れて一緒に遊びたかったな…。
いつか、るい37さんとお話する機会があったら自慢話をいっぱいしてしまうかもしれません(^-^;
今でも僕は家内の掌の上で転がされてるような気がします。
また会える日を夢見て時を刻んでいくしかないんでしょうね。

みっちとましゃさんへ

こんばんは。

お疲れ様です。

私とは対照的に午前様も辞さないタイプなんですね。
私はお酒が呑めないのもあって、昔から酒飲むよりもタイヤ買う人でした。(笑)

みっちとましゃさんにとっては、お酒は奥様との想い出がたくさん詰まったものなんですね。
いつもの当たり前の二人の時間は、何ものにも代えがたいものだったと今更思い知らされます。

お互いに自慢の妻ですので、お会いした時には妻自慢とクルマ談義に花が咲きそうです。



会いたい・話したい

るい37さん、
会社の飲み会にご参加お疲れ様でした。飲み会参加も仕事のうちなんですね。
私はもともと飲むのが好きだったのですが、一緒に飲む主人が亡くなってから、お酒には弱くなりました。
色々と話したいことがあるのに、一番話したい人がいないのは寂しいですね。
私も主人がいれば相談したいことが沢山あるのに、いないから寂しいし心細いです。
いつの日かあの世で会うことがあれば、話すことがいっぱいありそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

気が合う仲間ばかりでは無い飲み会は、仕事と思っています。
行きたくないけど、新人を歓迎する気持ちはありますので、と言った感じです。

お酒が飲める人でも、飲まないと弱くなるのものなんですね。
いつも二人で飲んでたのなら、一人で飲むのは悲しくて飲まないようになるのでしょう。

今日、あった出来事、思った事、感じた事、相談したい事、一番話したい人に話せないのは
悲しくて寂しくて本当にストレスが溜まります。

再会した時には、話題が溜まりすぎて何日あっても話し足り無さそうです。
こちらから聞きたい事もたくさんありますしね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

こんばんは。

気が進まない事はもう、仕事と思うしか無いんですよね。

ご主人、runさんと出会って安住の地を見つけたと言う感じでしょうか。
ご主人の行動が変わったのは、ご主人が自ら望んだ結果であって、
runさんに束縛されてるなんて思わなかったと思います。

依存されると男性は嬉しいものです。
男冥利に尽きます。

今でも、姿はなくとも傍で見ていると思います。

今週も来週も梅雨真っ只中って感じですね。
心が晴れる保証などどこにも無いので、せめて天気だけでも晴れて欲しいものです。

きりんさんへ

こんばんは。

冷凍保存はやはり現実には法的にもそうですが、
心への影響が大き過ぎて出来無さそうですね。

今、会おうとしていない、会う機会が無いだけで、
同じ空の下にいるのだと思う。
それは確かに大きな支えになりますね。

七夕の日、せめて夢で逢えたらと思います。

No title

るい37さん、こんばんは。

私は、夫がなくなった今でも晩酌は続けています。
もう長年の習慣で、「今日一日、無事に終わったね、お疲れ様~」という感じです。
テレビのつけて、夫が目の前にいるみたいに話しかけて、勝手に一人会話をしながらの食事。それでも黙って、一人でもくもくと食べているより、少しは寂しさも紛れる気がしてます。

本当に形あるものは強いですね。
いくら、目に見えるものが全てではない、いつでもそばにいる、と思っても、今の生きている私たちには、それでも形あるものを求めてしまいます。それがどんなに叶わないことでも。

今夜は七夕。私も、せめて夢で逢いたいです。


形あるもの、確かに欲しいです。私も冷凍したかった。。主人を焼く時はやっぱり焼かないでもらえませんかと土下座しましたが無理でした。。焼くまではくっついて寝てましたが、冷たくて冷たくて逆に悲しかった。。

娘がパパと同じ大きさでパパの顔のぬいぐるみでいいから欲しいと言いました。。それをどうするの、と聞いたら一緒に寝たり乗っかったりしたいと言ってました。。

形があれば慰めになるのかもしれませんね。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こりんさんへ

こんばんは。

2人で一緒にしていた習慣は、悲しみが増幅する事もありますが、
こりんさんの場合は、大切な人を身近に感じられ、自身の支えとなっているんですね。
私もクルマに乗った時、助手席の妻に話しかけたりします。

この世では、どうしても目に見えるものにとらわれがちです。
視覚と触覚に訴えるものは本当に強いです。

七夕の昨夜、妻が逢いに来てくれました♪

さくらんぼさんへ

さくらんぼさんは、実際に保存への行動を起こしたんですね。
ある意味感心します。私はそこまで踏み切れませんでした。
でも、やはり現実は厳しいものです。

人は、身に着けたり、触れられるものに対しては本能的に惹きつけられるみたいです。
物じゃない、とは分かってても100%割り切れるものでもありません。

心の拠り所となる形を欲しているのかもしれませんね。

のあさんへ

帰るコールをする、宴会の報告をする、感想を話し合う、
これが出来ると出来ないとでは、まるで心の状態が違います。

当たり前の事と思われがちですが、当たり前の日常の儚さを
身を以って知ってしまった私達には高嶺の花、夢のまた夢です。

一緒に逝けば良かったと言う気持ちは、周期的に襲って来ます。
見捨ててしまったと言う思いも消えません。

病気と闘うと言う選択を早期に諦めてしまったのも、可能性の芽を摘んでしまったのかと
考えさせられます。
今更、何を思っても、考えても遅いんですけどね。

普段は固く閉ざしている心の蓋は、ふとした拍子に自分でも気づかない内に開きかける事があります。
認めたはずの現実を、また否定して後戻りする、この現象も一生物なのかなと思います。

外には出せないどうにもならないこの思い、
せめてこの場で吐き出して少しでも楽になりたいものです。



プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR