スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみの繋がり

今日は沖縄慰霊の日。

僕は当然、戦争は経験していない。
それでも、僕の祖父にあたる人は、戦時中、海軍にいて、
海上で戦死しており、そのせいで、実家は代が一代跳んでいるので、
戦争の影響を少なからず受けている。

言い方を変えれば、戦争が無ければ僕は生まれていなかったかもしれない。

僕の幼少期には、まだ曽祖父と曾祖母がいて、僅かだけど記憶に残っている。
曽祖父と曾祖母にとっては、一人息子を戦争で殺されたので、
その悲しみは計り知れないものだった事だろう。

今日、TV等で沖縄慰霊祭の様子や、沖縄戦についての特集が組まれている。
以前は大変な事があったんだなと漠然と感じていたものが、
今日は、実際の体験者の方の証言や、当時の映像、写真が流れている内に、
いつの間にか涙が溢れていた。

そして、いい戦争など絶対にない、失うのものはあっても、
得るものなど何もない。そう強く感じた。

自死遺族となってから、理不尽な亡くなり方をした人、その遺族に対して、
感情移入が激しくなっている気がする。

同じ経験をしたわけじゃないので、その気持ちが分かるとまでは言えないけど、
大切な人をある日突然、納得がいかないまま亡くして二度と会えず、
悲しみがいつまでも消えないと言うところは共通だと思う。

妻は、戦争で亡くなった人にあの世で会って、話を聞いたりしてるんだろうか。
あの世ではこの世以上の出会いがありそう。何たって時空を超えてるから、
歴史上の偉人とかもいるのかな。

沖縄戦で尊い命を落とした人、その遺族の心情を思うと、胸が締め付けられる。
戦争経験者でも無い僕がこんな事言っても、経験者の人に怒られるかな。

単純に比較は出来ないけど、大切な人との突然の別れは本当につらい・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

慰霊

るい37さん、
今日のテレビは沖縄慰霊の話題が多かったですね。
沖縄は主人と何回か旅行に行きました。
あんなに長閑なところなのに、米軍基地が集中しているし、未だに戦争の影を引きずっていますね。
私も戦争の経験はありませんが、戦争はイヤですね。
るい37さんの奥様と同じように、私の主人も時空を越えた人とあの世で会っているのでしょうか。

チワワさんへ

沖縄は、高校の修学旅行で一回行ったきりなので、もう一度訪れてみたいです。

戦争のある時代に生まれたばかりに、過酷な生き方をせざるを得なかった人々が
本当に不憫でなりません。

戦争体験は未来永劫伝えていく事が必要だと思います。

亡くなった人同士の出会いは、当然あると思っています。
それこそ本当にリアルな戦争経験が聞けるのではないでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

こんばんは。

お休みいいですねー、思う存分のんびりして下さい。

沖縄は台風の影響が大きいですから、そういう事もあるのでしょう。
ニュースとかで見る沖縄の台風は恐ろしささえ感じます。

現在の日本は、戦争で亡くなった多くの人の犠牲の上に成り立っていると思います。
今、自分が生かされている事に感謝して、絶対に同じ過ちを繰り返してはならないと
強く思います。

戦争中の同盟国に救援物資を送っただけで、敵対国からは日本も同じ敵国とみなされるのに、
こちらから攻撃なんかしたら、この街も緑も何もかも失う事になりかねません。

体調は何とか日々をやり過ごせています。
マイペースと開き直りは、ここ最近の座右の銘かもですね。(笑)

ありがとうございます。

さくらんぼさんへ

死後の世界は個人的には信じたいです。

妻の遺書にも、「またね」とあったので、あの世での再会が現状での
最大目標です。

さくらんぼさんの考えも正しいと思います。
ご主人の事を思いやる優しい気持ちが溢れていると感じます。

信じる人には見える、信じない人には見えない、
死後の世界はそんな世界でもいいのではと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

やはりかなりの確率で戦争の影響を受けている家があるんですね。
そのお手紙の内容を想像するだけで、涙が出ます。

当時は、いつ死んでもおかしくない、むしろ国の為に死ぬ事が美学のような
そんな思想が力を持っていたのでしょう。
しかし、一般市民はもとより、軍人でさえ、いざ自分や家族が当事者となったら、
死にたくないに決まっています。

つくづく正しい戦争などない、そう思います。

70年経った今でも、その時の記憶は鮮明で、今なお消える事は無いと聞きます。
人間が人間らしく死ぬ、それすらも許されない光景はまさにこの世の地獄です。

犠牲となった人達が、安らかに穏やかに自由に過ごせている事をただただ切に願います。

まるさんへ

こんばんは。

お忙しそうで何より?です。

私もコメントをいただく事で、様々な考え方、意見を聞く事が出来、
自分の糧になっています。

人と人とが殺し合う、映画やドラマのようなかっこいいものなど何も無いのでしょう。
憎しみが憎しみを生み、勝者も敗者も虚しさしか残らない。
むしろ真の勝者などいない、それが戦争だと思います。

まるさんのお祖父さんは身を以ってそれを知り、一生忘れる事の無い記憶が
脳裏に焼き付いていたのでしょう。

大切な人との理不尽な別れを少しでも減らしたい、
一生苦しむ人をこれ以上出したくない、

自死遺族としての心からの願いです。



プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。