そういうものなのかもしれない

今日は、仕事を早く切り上げた後、
寄り道して、自分の買い物をした。

平日のホームセンターは閑散として、妙に落ち着く。

妻も仕事の後の寄り道が大好きで、
たまに妻の寄り道に付き合う事もあった。

きっとあの世では思う存分寄り道を楽しんでいる事だろう。


先日、職場の人間をクルマに乗せる事があって、
乗せた人間に、「まだ奥さんを忘れられないんだ」と言われた。

僕のクルマの運転席のバイザーには、妻の写真が貼ってあり、
ナビのオープニング画面にも、バイザーとはまた違う妻の写真を使っている。

それを見て「まだ忘れていない」と言う感想を持ったのだろう。

忘れる?忘れる訳ないじゃないか。

忘れるって言うのはちょっと違う気がする。

以前はクルマに乗って写真やナビを見る度に、
泣き腫らしていたけど、最近は、
「行って来ます」や「今から帰るよ」と言った感じで、
写真の妻に言葉をかけるのが日課のようになっている。

それはもう生活の一部、いや、僕自身の一部になっているのだろう。

自分の一部になっている妻の事を忘れるわけがない。
こういうのを自分の中で今も生き続けているって言うんだろうか。

これからもずっと一緒だね・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

忘れることはできない

るい37さん、
これから何年経っても、亡くした伴侶のことは忘れられません。
万が一、好きな人や再婚相手ができたとしても、忘れられません。
主人のことを思い出さない日はありません。一生こんな感じで生きて行くのでしょうね。
ずっと孤独を抱えたままかと思うと、気が遠くなります。

忘れることはできませんね。

毎日 ことあるごとにでてきます。


なにをしてても思い出す。

でてきたあとは、

ただただ 涙

チワワさんへ

忘れるって事は永遠に無いと思っています。
代わりは絶対いないし、生きていた証も消えません。

孤独ではありますが、伴侶は既に自分の一部なのだと思えれば、
少しは孤独感が和らぐような、そんな気になる事もありますね。

ひでさんへ

出て来るきっかけも、日常の至るところにあるので、
忘れる事は無いのだと思います。

涙を流しながら、その存在を徐々に自分の中に
取り込んでいくのかなと思う次第です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

人が少ないのって、やっぱり何だか落ち着きますね。
ゆっくり考えながら買い物出来ます。

ご主人もホームセンターお好きでしたか。
ホントに時間が過ぎるのを忘れる場所です。(笑)

配偶者との死別はやはり経験しないと分からないと思いますが、
それでも、「忘れる」と言う言葉が出て来るとは思いませんでした。

忘れて何か自分にいい事があるのでしょうか。
自分の幸せを見つける為に忘れろと言いたいのでしょうが、
そんな軽いものじゃないんですよね。

もし、他の愛を見つけたとしても、亡くなった配偶者もひっくるめて自分を愛してくれる人でないと
とても受け入れる事は出来ないと思います。
そんな重みを受け止められる人なんて、そうそういないでしょう。

クルマの中は自分の好きな空間なので、
好きな空間は好きな人と、と言う事で写真といつも一緒にいます。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まるさんへ

おはようございます。

忘れられたら楽になるかもしれませんが、
忘れたくないのも事実ですね。
大切な人は確かにこの世にいた、それを消し去る事は出来ません。

何だか、周囲は亡くなった人を過去へ過去へ追いやろうとしてるように思えて
仕方がありません。
確かに過去の人には違いないですが、自分にとっては永遠の人です。

被害妄想、私も相当に強いです。
どうして自分だけ、とか、どうせ自分なんか、人生なんか、いつもそんな感じです。

50年経ったらどうなんでしょうねー、
そこまで生きたくないのが本音ですが、先の事は極力考えないようにしてます。(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

こんにちは。

昨日は過ごしやすい日でしたね。

同化していると言うのは何となく共感していただけるみたいですね。
どうやっても話せない、触れないと言う事を自らが認めて、
だったら自分に取り込めばいい、そんな苦肉の策にも近い感覚です。

私も妻のような人には二度と巡り会えない気がしています。

梅雨時は何かと体調を崩しやすいですね。
どうかご自愛下さい。

ありがとうございます。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR