諸行無常 盛者必衰

今日は、16回目の結婚記念日。

毎度ワンパターンだけど、花とケーキでお祝い。

花屋さんで花を受け取った時に店主の女性から、
「いつもありがとうございます。」と言われた。

ケーキ屋さんで、「結婚16周年」と入れて下さい」と
言ったら、女性店員さんが、
「「祝」の文字も入れときますね」と満面の笑みで言われた。

花屋さんもケーキ屋さんも、
僕の事を、さぞ仲がいい夫婦だろうなと思ってるのだろう。

実際、仲はいい。いや、良かった。過去形なのが切ない。

帰宅すると、母親に、
「毎年良く忘れずにエライわね」と言われた。
さらに、
「アンタには悪いけど、私はお父さんにはそんな気持ちはこれっぽっちもないわ。
いない方がいい」

そんな事言われたら、以前の僕ならキレてたところだけど、
今では、「仲がいいのに相手がいない、仲が悪いけど相手が健在、うまくいかないもんだね」と
切返す。

ホント、世の中納得がいかない。



先日、ブログに書いた、新婚で妊娠中の女子社員。
ここ二週間ほど体調不良で会社を休んでいる。

どうやらわりと厄介な病気の様子。
何でも甲状腺とか何とかって言ってた。

どうするのかなぁと思ってたら、退社するらしい。
これは思わぬ展開だ。

厄介な病気と聞いて、妻の事が頭をよぎる。

その女性社員、悩んだ末にもしかしたら妻と同じ選択をするのかな、
そうなるとその夫が僕と同じ思いをする訳か。

こんな事を考えちゃいけないとは思うけど、
人間、いつどうなるか分からない。
世の移り変わりは無情だ。

あんなに満たされてた女性社員なのに、何もかも失うかもしれないこの状況。

明日さえ分からないから、今日を後悔しないように生きよう。

16回目の結婚記念日にそんな事を思った・・・

20150328-5.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まるさんへ

ありがとうございます。

妻が喜ぶ喜ばないに関わらず、自分の想いを伝える為に、
こうしてお祝いをしている気がします。

生前から毎年実施してましたので、その延長ですかね。
やめてしまったら、もう一度妻が亡くなるような気がして続けてます。

お母様、まるさんの事を本当に心配してくれていますね。
出来る事なら自分が変わってあげたいと言う思いが伝わって来ます。

女性社員の事ですが、まるさんは優しいですね。
私は心配するどころか、今回の事で女性社員が、
自分がいかに恵まれていたかを思い知るいい機会かも、とか
黒過ぎる感情をどこかで抱いてしまいました。

朝晩の気温差が激しいですね。
油断しないようにしたいものです。

チワワさんへ

ありがとうございます。

チワワさんも同時期にご結婚されたんですね。
結婚式当日の気候と今の気候を重ね合わせて、
懐かしいような切ないような気持ちになります。

二人でお祝いした回数を、一人でお祝いする回数が追い越す日が
来るかと思うと、それもまた切なくなります。

再会したら、お祝いをまたやり直したいですね。

ヒカリさんへ

ワンパターンは言い換えれば、安定と言う事ですね。

労いと励ましのお言葉、ありがとうございます。

ヒカリさんはわりとご結婚が早かったんですね。
その分、想い出も多く悲しみもまた深い事でしょう。
二十代の頃は、まさかこんなに早く一人になるなんて、
誰も思わないでしょう。

毎年恒例だった行事は、出来れば続けていきたいですね。
故人も参加してると思うので、その場所にはまだ行けなくても、
想い出に浸る事だけでも出来たら、と思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

こんにちは。

お疲れ様です。
巷にある憩の場と言うのは、一緒に過ごす人がいてこその憩になると思うので、
一人身には居づらい場所ですね。
特に一緒に過ごす楽しさ、安らぎを知っているだけに余計きついかもです。

昨日は良く晴れましたが、今日は一転、雨模様です。
こんな日は家で大人しく籠る事にします。(笑)

この季節、いろいろと区切りが発生する時期ですが、
runさんも大きな分岐点に差し掛かっているんですね。

新しい環境でも生きがいを見つけられるように祈っています。
環境が変われば、自分も変われるかもしれません。
どうか、より良い道筋をつけられますように。

のあさんへ

今となってはこんな事くらいしか出来ませんが、
この想いがあの世まで届けばいいなと思います。

両親ですが、今さっきも言い争いしてました。
その内容も、早く死んだら?とか、もう良くそういう事いえるなぁと言うセリフの
オンパレードです。


実際、どちらか一人になった時がどうなるか、
ある意味興味深いところではあります。

喧嘩出来るってホントに羨ましいですよね。

こちらが喋った事に対して、たとえ反論だろうが、
反応があるのは幸せな事だと思います。

ホルモンの病気は長引くと言うか、一生付き合っていかないと
いけないケースも多いみたいですね。
どうなるか分かりませんが、配偶者を自死で失う苦しみよりは
いいんじゃないかと、不謹慎ながらも思ってしまいます。

こんな考えは批判の対象になるかもしれませんが、
普通じゃない経験をしてるので、普通じゃない考えに至るのも
必然なのかと思います。

また今日も一日、出来る事をして、
何かを成し遂げて眠りにつきたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

キリンさんへ

ありがとうございます。

キリンさんの記念日は手作りケーキですか。
いいですねー、甘いものが好きな私だったら、飛び上がって喜びます。(笑)

何気ない日常って、実は脆くて儚いものだった事を失ってから気づきます。
どこにも保証なんてなかったんだなと。

一緒にいて苦痛な夫婦も、それはそれで苦しいと思うので、
やっぱり私達と変わって欲しいと思います。
あちらもそう望んでいるのではないでしょうか。

つくづく理不尽な世の中ですね。

今日出来る事は出来るだけ今日済ませて、その日その日を
完結させていきたいものです。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR