直視出来なくなって

雨の夜。
雨音を部屋の中で聞いてると、なぜか気分が落ち着く。


世の女性達。

それに対する自分の感覚と言うか見方と言うか、
妻の死後とその前では全く変わってしまった。

以前は普通に、綺麗な人だな、とか、芸能人に似てるかな、とか
そんな感じ方くらいだった。

妻の死後は、一人でいる女性を見ると、
配偶者や恋人はどんな人なんだろう、
どんな家庭なんだろう、
二人でお茶とかするんだろうな、
一人で買い物とかもするんだろうな、
羨ましいな、

そんな事ばかりを思うようになった。

女性と会話する時も、相手の目を直視出来なくなっていた。
どうやらその目の奥に、その人の幸せな生活を想像してしまい、
妻が楽しく人生を送っていた当時をダブらせて、
どうしようも無く切なくなって来る。

実際は、世の女性達がそんな幸せな人ばかりでないのは分かってる。

恋人も配偶者もいないかもしれない。
何か苦しい事情を抱えているかもしれない。
もしかしたら、自死遺族なのかもしれない。

それでも、生きて、歩いて、話して、
それだけで、僕にはもう眩しすぎるんだよ・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
女性を見るだけでも、そんなふうに感じてしまうのですね。
つらいですね。
でも、きっと亡くなった奥様は、るい37さんが笑顔で幸せでいることを願っていると思います。

私は、最愛の人を亡くし、寂しさから愛情のない結婚をしました。
でも、今、自立して1人で生きていく訓練をしています。
そして、1人で生活できる貯金ができたら、離婚して、1人で暮らしていきたいと思っています。
1人でいても、空の上の人はきっと、見守ってくれるでしょうし。

チワワさんへ

街を歩いていると、改めて生きている事すごさ、羨ましさを痛感しますね。

自分の大切な人の不憫さと、生きている人の元気さを比較して、
不公平だなとしみじみ感じます。

この感覚はずっと変わらないのかもしれませんね。

キリンさんへ

街には、眩しいものが多過ぎて、真っ直ぐ前を向いて歩く事が難しいです。

今も生きていたら、どんな服着て、どんな会話して、どこに遊びに行って、
その妄想は尽きる事がありません。

自死自体もそうですが、そうなる要因が存在しなければいいのにと思います。
ここでも「ソノウソホント」が活躍しそうです。

現実を完全に受け入れる日が来るのか分かりませんが、
多少はその兆しがあるような無いような、そんな感じです。

キリンさんも逃避しながら、徐々に慣れて行くしか無いのかもしれませんね。

atakoさんへ

おはようございます。

こんな感覚では、大きく前に進む事は難しい気がしてます。

やっぱりまだまだ現実逃避してるんだなと感じます。

現状では好きな事して、どうにか笑っていられる時間を確保するしか無いようです。

atakoさんに、穏やかな環境が早期に訪れる事を祈っています。
目標があれば、それに向かって進めますね。
応援しています。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

その人それぞれ事情があり、苦労もあるとは思いますが、
その場で生きて、歩いているだけで、羨ましい限りですね。

世の不公平さに憤りを感じて、いたたまれなくなった事は数知れません。

三度の食事をするような当たり前の事でも、自死した人の事を思うと、
すごく幸せな事に感じます。
初詣やお花見と言ったイベントなんて、雲の上の出来事に思えます。

眩しすぎますね。

これ以上の悲しみは無い、自分は良く頑張って生きている、
常々、そう感じます。
もうこれ以上落ちる事は無いので、あとはどうにか這い上がるだけと、
自分に言い聞かせて、深い底から手を伸ばし続ける日々です。

ヒカリさんへ

もう、同じ世で暮らせないのは、百歩譲って理解して、
せめてあの世での存在だけは、いつでも確認出来る状態を維持したい、
切実な想いですね。

街で見かける光景は、自分に無いものばかりなので、
時にクリティカルヒットとなる事も確かにあります。

自死遺族専用宿泊施設、いい発想ですね。(笑)
わかちあいの会の団体とかがそういったものを設立してくれないですかね。
すぐに予約入れたいです。


目を直視しなくても、行動さえ真面目にして、相手には伝わるのなら安心です。
助かります。ありがとうございます。

イタリアンさんへ

おはようございます。

雨音ってなぜか落ち着きますね。
雨の日の密かな楽しみです。

女性男性問わず、何でも相談出来る人がいるんだろうなと言うのは、
思いますね。支え合う存在が本当に羨ましく思えます。

自分が他人にどう見られてるのかは、以前はかなり気にしていましたが、
最近はもうどうにでもなれ、と言う開き直りが強くなっています。

ぼーっとのんびり生きられるようになりたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

イタリアンさんへ

いえいえ、そういう思いもある事は理解していますよ。

言い方は悪いですが、自分よりも苦しい事情を抱えた人がいると
思う事で、自分を安心させているのかもしれません。

切ない現状です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ヒカリさんへ

二日酔いですか、お酒を飲まない私には分かりませんが、
どうかほどほどになさって下さい。
それともお仕事のお付き合いですかね?
どちらにしろお大事にして下さい。

現状は、ドラクエで言うと、「痛恨の一撃」を受け続けている感じでしょうか。
「会心の一撃」はいつ訪れる事やら・・

被り物で、心まで覆い隠せば、少しは楽になるかもしれませんね。
何を被るかでまた変わって来そうです。(笑)

天気がいいと、何か予定を入れたくなりますが、
結局、何もかも億劫になって何もしない、と言う葛藤はありますね。

娘さん、免許取られたんですね。
おめでとうございます。
免許保持者の先輩として、危険回避運転を是非教えてあげて下さい。

No title

異性でも、同性でも、年配者でも、若者でも、皆幸せそうに見えてしまいます。
「この苦しみを知らない」「ずるい」「羨ましい」
同じ遺族の方を見ても「私より一緒にいた期間は長かったじゃないの!」なんて
見当違いに「一番自分が不幸」だと思い込んで
余計に苦しんでます・・・

まわりが励まそうと「元気だして!」「仕事して気を紛らわせて!」なんて言うたびに
どんどん負のスパイラルにはまって
「なんて私って可哀相なんでしょう!!!」なんて思う日もあります。

焦らされても、愛してた分、気持ちの切り替えなんてもうどうにもできないんですよね。

せめて、一週間に一回とかの制限付きでいいから
一言でいいから
返事してくれたらなぁ・・・今、幸せか、聞きたいなぁ

あおさんへ

周囲が自分より全て幸せな人に見えますね。
実際、私達には無いものをたくさん持ってますので、
当然でしょう。

一緒にいた期間が長くても、想い出が多過ぎてまた別の苦しみがあったり、
どちらにしろ可哀想には違いありません。

どこかで自分は一番不幸じゃない、そう思える事を探しているのかもしれませんね。

「元気出して」、って言われても、そう一番強く思ってるのは自分なのに、
それが出来ないから苦しい訳で、切替方法が分かれば苦労しません。

どんな思いで逝ったのか、今、どうしてるのか、
今の自分のこの生き方がどうなのか、それが聞けたら少しは安心出来るかもですね。

あおさんのブログ、どうにも行き所の無い思いが痛いほど伝わって来ます。
特効薬などありませんが、とにかく慣れるしか無いので、自分への労わり最優先で、
その日、その時だけを見て、お迎えが来る日を待ちたいですね。

荒んだ心に少しでも穏やかな時間が訪れますように。

初めまして
私も最愛の人をなくして四年になります

寂しさを紛らわすことはなかなか難しいです
もし、奥様以外に素敵な人が
なんて失礼しました

まだ、長い人生
いつかあなた様が笑顔で過ごせる日が来ますように
えらそうにすいません

お名前が・・・

初めまして。

4年ですか、何で寂しさを紛らわすか、それも人それぞれなのでしょう。
好きな事なのか、仕事なのか、他の愛なのか、何かが救いになれば、
穏やかな時間が確保出来る気がします。

お互いに笑顔の比率が多くなるように過ごせたらいいですね。
ありがとうございます。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR