同じドラマは無いけれど

昨日は東日本大震災から4年と言う、日本中が鎮魂の日だった。

追悼式でのある女性は、母親と一緒に津波に流され、
流れ着いた場所で、母親だけが重い瓦礫に挟まれていた。
その瓦礫は到底一人の力ではどけられない。

津波はまだ迫って来る。
時間は無い。

悩んだ挙句、彼女は母親に、
「ありがとう、大好きだよ」と感謝の言葉を伝え、その場を泳いで離れた。

彼女は、「助けるか、生きるか、今思い出しても涙が止まらない」
そう話していた。

どれほどの苦渋の選択だっただろう。
目の前で近しい人を亡くす痛みは、言葉にならない想像を絶する痛みに違いない。

震災では、こういったドラマが数えきれないほどあるのだと思う。

自死遺族のドラマは、ある日突然亡くす事には違いないけど、
感謝の言葉もお別れの言葉も言えない。
偏見と好奇の目で見られる。

せめて感謝の言葉だけでも言いたかったな。

追悼式での彼女とは異なるドラマだけど、
彼女の心情を思うと、涙が出て来た。

以前は他人のドラマには無反応だったけど、
次第に、反応が出来る心の余裕が出来て来たのかな。
もとより、自死遺族なので、近しい人を亡くす痛みは十分過ぎるほど理解出来る。

震災で亡くなった人達に、妻は遭遇したのだろうか。
急にあれだけ多くの人があの世に流れて来たので、さぞかし驚いただろう。
再会した時には、その時の事も聞いてみたい。

妻への想いとともに、震災で亡くなった方への鎮魂の為に祈りたい・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

日本中が、世界が衝撃を受けたあの震災から、
私の感想はもう4年と言う感じです。

自然災害遺族も、ある日突然、と言う意味では、
自死遺族と共通の部分はありますね。

明日は我が身、と思って、日々を後悔の無いように過ごしていきたいものです。

イタリアンさんへ

新聞にも載っていたので、目にされた方も多いと思います。

その時の光景を想像したら、涙無しではいられませんでした。

生きるって、試練や苦しみの方がやはり多い気がします。
喜びもあるにはありますが、辛い事の方がずっと後々まで残ります。

生きるってやはりそういう事なんでしょうか。
もういいじゃないか、休ませて欲しい、
それは常に思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

eriさんへ

おはようございます。

いえいえ、見てくれていると思えるだけで、十分ですヨ。
あの彼女、まだ20歳前じゃなかったでしょうか。
震災時は中学3年生だったと思います。
あまりに過酷なドラマです。

人それぞれ様々なものを、想いを抱えて生きているのだと思います。

私達もその一人です。

こんな日が来るのなら、もっともっとたくさん伝えて、抱きしめてあげれば良かったと、
今更ながら、悔やむ日々です。

季節の変わり目は、また、想い出が遠のくようで切ないですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

彼女もまた、一生背負っていく傷を持つ人ですね。
自責の念も自死遺族と同様に相当強いと思います。

当時、震災直後のニュースを見ても、
すごい事になっている、くらいにしか感じませんでした。
妻を亡くして2年半ほどで、自分の心に余裕がまだまだ無い状況だった気がします。

当時は、のあさんも他人の悲劇に涙するほどの余裕があったんですね。

誰も自分が同じ状況に置かれるなんて考えもつかないでしょう。

人生なんて分かりません。

「愛し合っていれば自死しない」とか、
「絶対に自死させない」とか、
当事者になってない人の無責任な言葉にしか思えません。

そんな簡単な単純なものではありません。

せめて亡くなった人には、安らかに過ごして欲しい、
それだけは切に願います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まるさんへ

おはようございます。

準備期間が全く無く、予告無しでの別れを受け入れるのには、
相当の時間が必要ですね。また、完全に受け入れられるかどうかも分かりません。

妻に再会した時には、当時のあの世の様子を聞いてみたいものです。
あちらでもさぞや混乱が起こっていたのではないでしょうか。

自分と出会わなかったら、こんな結末は無かったんじゃないか、は
確かに思いますね。
それでも、深い愛情、温もり、想い出、多くのかけがえの無いものを
もたらしてくれたこの出会いには、本当に感謝したいです。

その感謝の想いを一生送り続けていきたいですね。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR