未来の比較

今日、部下の女性が、僕に相談があると言って来た。

聞くと、妊娠したから業務内容を変更して欲しいとの事。
元々、彼女は残業や休日出勤するような勤務では無いし、肉体労働でも無い。
とりあえず、重いものを持ったりする事を避け、
必要なら休暇を取るのも可だと伝えた。

その後さらに、彼女、妊娠した事をあまり公にしたくないらしい。

んんん? 業務内容を変更するにも、休暇を特別に取得するにも、
理由がはっきりしていないと、周囲も会社も納得しないと思う。

彼女は新婚で、普通に入籍も済ませ、新居で配偶者と二人で暮らしている。
隠す理由など無いはずで、むしろおめでたい事。

どうやら、なんか恥ずかしいらしい。

うーん、妻も子供もいない僕には彼女の思いがさっぱり理解出来ない。

さらに、この先子供を産んで育てていけるかいろいろ不安があるとも言って来た。

そう言われてもねぇ、全く未経験な部分なので、アドバイスのしようも無い。

この先かぁ、つい、彼女の未来と僕の未来を比較してしまう。

確かに、子供を産んで育てるのは大変な事がたくさんあると思う。
それでも配偶者がいて、子供がいて、楽しみな未来もたくさんあると思う。
何より、家族と過ごす時間は何にも代えがたい宝物。

僕には無いものを彼女はたくさん持っている。

彼女は僕が妻を亡くした事は知っている。(自死は知らない)
それを分かった上で言ってんだよな。
まあ、僕が直属の上司だから、言って来たんだと思うけど、

「不安? 何贅沢な事言ってんの。 十分恵まれてるよ、甘いよ」

そう喉元まで出かかって、どうにかその言葉を飲み込んだ。

イカン、イカン、黒い黒い自分が出て来た。

まだまだ心の闇は色濃く存在しているみたいだ・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

比べてみても何の意味もない~
比べたところで どうしようもない~
わかってはいても ついつい比べてしまう時 ありますね。私には男の子が1人います。旦那が亡くなった時は生後7ヵ月でした 絶望の中に 「この子を育てないといけない」と思う気持ちもあり 紛れていた部分も大きかった様に思います。 今は13歳 生意気にもなり~文句のひとつも言われる程になりました(笑) この子の為にも~と思う気持ちと~ 1日も早く旦那に逢いたいと思う気持ちと~ 両極端ですがどちらも正直な気持ちです。 一般的に考えると 無責任で母親らしからぬ事を考えている人間だと思われると思います~口には出しませんが。
黒い気持ち~みんな一緒だと思います 口には出せませんし~出さなければいいし~何よりそれを自分自身で理解できてますから(^^)

はじめまして

いつもブログ拝見させてもらってます。
私もちょうど昨日、黒い自分が出たところなので、思わずコメントさせていただきました。
昨日、久しぶりに会った友人から結婚の報告がありました。
それは素直に嬉しいので祝福の言葉を伝えたのですが、そのうち彼女からは式の準備をする中での彼への不満や喧嘩したこと、結婚生活への不安などが漏れ出し、私もるい37さんと同じで「喧嘩できる相手が居るだけいいやん。贅沢な悩みやんか」心の中で思ってしまいました。
最後には「○○(私)は偉いなぁ。辛いこと(自死だとは言ってませんが亡くなったことは言ってます)あったのに、幸せな人の話ニコニコ聞けて。私ならそんな風に笑えない」と言われ、モヤモヤした気持ちで家に帰ってきました。
本当はまだ辛いのに。泣くことだって沢山あるのに。私だって彼と結婚するはずだったのに。私だって幸せだったのに。羨ましい。・・・なんて、自分の真っ黒けの心が嫌になります(^^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

(^_^)さんへ

子供がいる事で、後追いなど考える余地も無い状況になる事があるようですね。

子供に自分と同じ思いをさせてはいけないと言う気持ちと、
あの世で早く再会したいと言う気持ちの葛藤がある事でしょう。

どうかこれからもご子息との時間を、大切にしていって欲しいと思います。
黒い気持ちも自分の一部なので、ずっと抱えたまま生きていくのだなと思っています。

しーあさんへ

はじめまして。

コメント&いつも読んでいただき、ありがとうございます。

お友達とのやりとりの中での複雑な胸中、お察しします。
良く分かりますよ。
逆の立場だったら、絶対相手にそんな事は言えません。
お友達はそういった経験をしていないから、しーあさんにとって、
地雷に近い言葉を言ってしまったのでしょう。

こちらの気持ちを理解してもらえるはずも無いので、特に言い返したりする気も起きません。

真っ黒い心を抱えている事は、それ相応の経験をしてるので、
当然だと思います。
これが消える時が来るのか、いや、消えてはいけないのか、
とても複雑ですね。






るびーさんへ

私も親とか親しい人間には、多少は軽い闇を吐き出す事はありますよ。

こちらが吐き出すと、相手は大抵、何も言えなくなりますね。
同じように言い返したつもりでも、何倍にもなって返っていくようです。(笑)

るびーさんは純粋ですね。
心のままに生きる事は大切な事だと思います。
なかなか出来る事ではありません。

私も、妻と一緒にいる頃は機関銃攻撃を受けとめて(受け流して)いましたよ。
懐かしいです。

ご主人もそれを楽しみにして待っていると思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

女性から見ても贅沢ですか。(笑)

こちらからすれば、彼女の悩みは悩みに入らないと思います。
圧倒的に幸せの方が多いですから。

のあさんところの人達もなかなかに自由奔放ですね。
ある程度期間が経てば、問題無いと思うんでしょうか。
誰かの為に何かを考える、愚痴を言う対象がいる、
自分を任せられる人がいる、
その幸せは亡くしてみないとやっぱり分からないようです。

明日は我が身、その言葉も何度言いかけて飲み込んだか分かりません。
当たり前が当たり前じゃなくなる日なんて、いつでもすぐそこに
迫っているかもしれないのに、幸せの中にいるとそれに気づく余地も無いのでしょう。

以前は自分もそうだったんですけどね・・

黒い自分を抑え込む度にまたストレス段階が上がってしまいますね。






まるさんへ

おはようございます。

めでたい事は素直におめでとうと言えますが、
そこでその話題は打ち切りにしたいですね。

ましてや配偶者の愚痴は、最も反論したい話題NO.1です。

私も、身内には多少は吐き出しますよ。
どこかで出さないとこちらの身が持ちません。

誰かに分け与えるだけの元気、欲しいですねー。
地球から元気もらえないですかね?(笑)

元気も癒しも完全に枯渇状態です。
配偶者がいると、元気を補充しあう事が出来るんですが、
今は充電する方法が全く無いので、好きな事をして、
どうにか細々と充電する日々です。

そんな微量の元気も、黒い自分が出ると一気にマイナスになってしまいますね。

runさんへ

おはようございます。

今週もお疲れ様でした。

彼女は元々、性格的に自分に優しく、他人に厳しい人なので、
当然と言えば当然の振舞かもです。

何かと疑う心は一人になってからは、やはり増幅してますね。
相手が本当は何を考えてるのか、とにかく悪い方向にしか考えません。
悪い方向に考えておけば、実際に悪い事態になった時に
ダメージが少ないので、これも自己防衛機能なのでしょうか。

職場では、基本、冷静で穏やかな自分を心がけていますので、
周囲から見れば、強くて優しい人物に見えてしまうんでしょうか。
実際は、職場でも、人が来ない場所で何度も泣いてるんですがねぇ。

時には、「奥さん亡くして、よく仕事続けて来れたねー、すごいよ、強いね」
とか言われた事もあります。
そんな時は、何だかなぁと言う感じです。

毎日が道化を演じる日々、春一番が自分に変化をもたらしてくれたら、とか思います。

キリンさんへ

おはようございます。

幸せそうな家族を見ると、自分達の方が
もっと仲良かったと思う気持ち、分かります。

あの家族、急に誰かが亡くなったらどうなるのかな、とか、
どうにも悪い方向へ行く事を想像してしまいます。

キリンさんは、一歩ひいて自分を見る事が出来ていて、
偉いと思います。

分かってもらおうと思う事が間違いで、
この世では、今の状態で幸せと感じる事を自分で見つけるしかない、
そう分かってはいても、生の感情がなかなかそう割り切らせてはくれません。

これまでに相当傷ついているので、多少の事では動じない自分と、
傷つき過ぎてこれ以上少しでも傷つくと力尽きそうな自分が同居してるので、
複雑です。

出来れば、もうこれ以上傷つかない未来を望みますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

プライベートの悩みは聞かされても、対応に苦慮します。
しかも今回は悩みなのか?と言いたくなる内容でしたので、
勘弁してよー、と言った感じです。

彼女は幸せ過ぎて、幸せの基準が上がり過ぎてるんじゃないでしょうか。
こちらからすれば、羨望と嫉妬が入り混じった感想しかありません。

心の進み具合とは全く関係なく、季節は巡ります。
置いて行かれてもいいので、マイペースを貫きたいですね。

runさんへ

こんばんは。

同情も憐れみも要らないと思いつつ、
どこかで誰かに少しは分かって欲しい思いもあったりして、
何だかとても複雑です。

理解されないのは分かっているんですけどねー。

人間は依存して、依存されて生きていくような気がしてます。
依存するものを仕事に求めるのも、ひとつの方法でしょう。
今は、それが自分を維持していく為のものだと自分自身で判断しているのかもしれません。

生きる意味は永遠に分からないかもしれませんが、
生きられる内は、それを探し続けるしかありません。
探し続ける内に、何とか生きて来た、いつかそう振り返る時が来る?

ここは本音で語る場なので、どんどんぶつけて構いません。
それに全て応じられるかは分かりませんが(汗)

お互いに穏やかな週末になりますように。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR