スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興

TVで、阪神淡路大震災から20年の特集を組んでいた。

そうかあれから20年か。

遺族の現状、震災を知らない人たちへの伝承、
各地で、それぞれの思いを胸に活動が行われている。

震災経験者で、小学校教員の人が、
震災直後に作られた歌を児童とともに各地で合唱する
活動をしていた。

その歌を聴いて、涙を流す人もいる。

その教員の人の言葉で、
「これはもう経験しないと理解は出来ない」
「悲しみは何年経っても消える事は無い」

この言葉は自分でも大いに共感出来る。

今の自分にも当てはまる。

知り合いに、震災経験者がいるけど、
それを知った時、僕は「そうなんだ」としか言えなかった。

上記のように共感出来る部分もあるけど、
自分は経験者じゃないので、何も言えなかった。

神戸の街は復興を果たしているように見えるけど、
被災された人達の心には深い傷が残っていると思う。
(こういう表現が適切かどうかは分からないけど)

忘れる事など出来ない、悲しみは消えない。
でも、生きていくしかない、現状に慣れていくしかない。
そんな思いで生き抜いているのでは、と思うと、
その部分は自分にも共感出来る。

どうか被災された人の心が、亡くなった人の魂が、
穏やかに安らかに過ごせますように。
震災を知らない世代にもずっと語り継いでいって欲しいと思う。


自死遺族は語り継ぐ事など出来ないなぁ。
ムリムリ。

神戸の街は10年経たない内に復興を果たしたような気がする。

僕の心の復興は果たして・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

お墓参りお疲れ様でした。
ご自分中での一区切りが出来たのではないでしょうか。

経験者の語る話はとてつもなく重く、
聞くものの素直な感情を引き出します。

チワワさんの思いも心の底からの素直な感情によるものでしょう。

この国に住んでいる以上、明日は我が身だと思います。
心の復興を果たしていないこの現状では、
震災で一思いに逝ってしまいたいと思わずにはいられません。
生きられる以上は生きる努力はしますが、
運命には素直に従うしかいない、そんな感じです。

立ち直る事はできるかも

こんばんは。
私は、るい37さんと同じように、死別した人以外を愛する事はできないでしょう。
亡くなった後、1人では生きていけないと、後追い自殺をしたり、他の人でごまかそうとしました。
でも、今は、私は誰も愛せないけれど、私を心配してくれる人がたくさんいます。その人達に報いるように、頑張って生きていきたいとは思っています。

atakoさんへ

こんばんは。

私もこの先はどうなるか分かりませんが、
今のところ他の人との愛は想像が出来ません。

一人ではつらいけど、一人で生きていくしか無いと思ってます。

一人ですが、自分を気にしてくれる人はいるので、
とりあえず普通に生きてみようかと思う次第です。

それでも不安定さは常につきまといますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

のあさんはその揺れを体感し、震災の影響を目の当たりにされているので、
経験者に近い立場で考える事が出来ますね。
本当に生きた心地がしなかった事と思います。

直接自分が被災していなくても、大切な人を亡くしたり、
仕事が無くなったり、震災がもたらした被害は計り知れません。
本当に適切な表現が見つからないほどの多くの思いが
人々の心に刻まれたに違いありません。

復興が早く感じたのは、やはり被災された人達の頑張りに他ならないですね。
国はあてにならないですから。
頑張りたくても頑張れない、そんな人達を国はもっと助けて欲しいと思います。

ご主人も震災の被害者となり、ある意味死ぬよりつらい道を
選ばざるを得ない状況に陥ってしまった事を思うと、
やはり神様は何も見ていないのだなと感じてしまいます。

一生平穏な人生では何も学べない、と言う意見もありますが、
確かに学ぶのはいいですが、その代償が大き過ぎます。
知らない方が幸せな事もあると思います。

自死遺族の独特のつらさ、孤独感を少しでも和らげたい、
そんな思いから、こういった被災者の方々の中に、
共感出来る部分を少しでも見つけようとしているのかもしれません。

のあさんがこのブログに共感して下さっている事で、
私の孤独感が和らぎます。一人じゃないと思える事で生きていく力を身に着ける事が出来ます。
ありがとうございます。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。