神と仏

先日、神社でご祈祷を受けて、お札やらいろいろもらって来た。

母親は、これらを神棚に飾って毎日拝むようにと言う。

僕は正直、あまり乗り気じゃない。
仏壇は毎日拝んでいるけど、神棚は特に気にしていない。
仏様は妻に対しての想い、先祖に対する想いから
自然と拝む気持ちになれる。

だけど、神様は果たして何かしてくれるのか。
もちろん、何かして欲しいから拝むのでは無いけど、
そもそも創造主としての神様は不平等過ぎて納得出来ない。

本人の努力次第での環境や境遇については、
人間に責任がある。

生まれつきの病気や障害、
予防も原因も治療法も分からない病気や障害を
なぜ作るのかなぜ無くさないのか。

いくら頑張ろうとしても、どうしようも出来ない境遇におかれては、
生活の質が大きく損なわれてしまう。

それが与えられた運命だとは言うけれど、
そんな言葉で片付けられるほど簡単で軽いものじゃない。

神様はちっとも平等じゃない。

とりあえず、母親が自分の事を思ってしてくれている事なので、
拝むようにはするけれど、何とも複雑・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

平穏無事のありがたさを知る人が果たしてどれくらいいるのでしょうか。

失わないと人間はその大切さが分からないんですね。

平穏無事って実はそれ自体が奇跡なのかも?とか思います。

試練も与えるのなら平等に与えてくれればいいのに、
過酷さが明らかに偏っています。

神様なんていない、いたとしても要らない存在に思えてしまいます。

ここのところ、左腕の調子があまりよろしくないです。
お気遣いありがとうございます。

健康で穏やかな日々を熱望しますが、
神様に祈ってもなぁと言う感じです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

確かに!

こんばんは。
私も、神様なんて信じていません。
空の上の人と会うまでは、神様にお祈りするしかありませんでした。
でも、愛する人が空に昇ってからは、信じられません。
それから、何もいいことはありません。
あの人と一緒に過ごせた事だけが幸せでした。

イタリアンさんへ

この格差はいったい何なんでしょうね。

一人になってから、自分の事を気にしてくれる、その有難さが身に浸みます。
神様云々よりも、自分を気遣ってくれる事に感謝して
お参りしています。

寒波が来ていますね。
自分の体調を第一に考えて過ごしたいものです。

ありがとうございます。


maaさんへ

本年もよろしくお願いします。
体調は良かったり悪かったりってところでしょうか。

日本人は無宗教と言われるほど、何でも祀ってある気がしますね。
厄払いやっても悪い事は起こる時は起こるわけで、
意味が無いんじゃ?と感じています。

神様は気まぐれなのか意地悪なのか忙しいのか、
思うようにはいきませんね。

お互いに思いやっている夫婦を引き裂くなんて、残酷な事をしてくれます。

それを試練と言うのなら、それに耐えたら果たしてそこに何があるのか
教えて欲しいです。

祈って悪い事が起こるのなら、祈らない方がいいと言う気持ちは
私も同感です。

素直に祈る事が出来る人の心境や境遇を聞いてみたいですね。
よほど恵まれているのか、はたまた悟りを開いているのか、
普通の感覚はどうだったのか、もう忘れてしまいました。



atakoさんへ

こんばんは。

何か見返りを求めているわけでもなく、
ただ、平穏を願っているだけなのに、
平穏どころか波乱ばかりに襲われると、
祈る気持ちも失せてしまいます。

この先、当時以上の幸せが訪れるのか、訪れないのか、
やはりあの世で再会するまでは我慢するしか無いような気がしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

自分の行いと信仰心によって、運命も影響されると
思っていたのに、そんなものは全く関係ないと
思わざるを得ない現状ですね。

神社やお寺にお参りするお二人の姿は、外から見ても
中から見ても仲が良く、一生添い遂げようとする思いが
神様なら容易に見てとれたはずなのに、
やはり神様なんていない、いても要らない、
そう思ってしまいます。

いったいどんな基準で試練を与えるのか、
ホントに問いただしてみたいです。
試練ばかりでなく、救いの手を差し伸べてくれてもいいのに。
やっぱり不平等です。

それでも母親の思いを無下にするのもどうかと思いますので、
一応、毎日拝むようにはしています。

自死遺族はこの世でこれだけの試練に耐えているので、
あの世に行った時の生前評価?は当然高いでしょう。
あの世では大手を振っていきたいものです。(笑)



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

仕事が始まり、身体が慣れず、何だか疲れを感じるここ数日です。

仏様に対しては、大切な人への想い、大切な人を守って欲しい想い、
自らも救いを求めている、そんな理由から拝む気持ちが
自然と湧いて来ます。

寺院にいると何だか妙に落ち着くようになった気がします。

そういえば小さい頃はお墓やお寺は怖いイメージでしたね。
仏像石像なんかも近寄りがたく思ってましたが、
自死遺族になってからは逆に安心する場所に変わりました。

霊界?を身近に感じたいと言う思いがそうさせているのでしょうか。

自分を気にしてくれる人がいる事は本当に感謝すべきだと思います。
一応、毎日のお参りは続けています。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR