暮れて明けて

12月30日に何となくレコード大賞見てたら、
歴代の各賞を受賞した曲紹介で、当時の映像が流れ始めた。

僕が生まれる以前の時代からだんだん新しくなっていく。
20世紀から21世紀、2002年、2003年と来て、
2007年になった時、
「ああ、これが妻がいた時の最後のレコ大だ」
さらに2008年。
「もうこの時、妻はいないんだ」

胸が切なさでいっぱいになり、
2009年以降は全く頭に残っていない。

こんな風に、事ある毎にその時妻が生きていたかどうかに思いを馳せる。
その夜は切ないまま眠りについた。

12月31日は、クルマ仲間とお茶会納め。
久しく会っていなかったので、会話は弾んでこの時は時間が経つのを
忘れる事が出来た。
一年の最後にいい気分転換になったと思う。


年が明けて今日は体調回復祈願の為、三重県鈴鹿市にある神社へ。

初詣客で賑わう中には当然、カップルも多い。
カップルを見るとどうしても妻と来た初詣の想い出が頭をよぎる。
屋台が立ち並ぶ通りでの食べ歩き、おみくじを引いた事、
振袖を着てた事もあったなぁ。

前を歩くカップルが、
「寒くない?」
「うん、大丈夫」

そんな会話を交わす。
心の中でいいね、と微笑ましく思いながら、

自分もそんな会話を交わす側だったにのな・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

こちらこそよろしくお願いします。

何事も、どうしても一人になった時を起点として考えてしまいますね。
ここまでは、と、ここからは全く違う世界、感じ方、考え方になっています。

初詣も、一人になってからは行ってませんでしたが、
生きてる内は体調を良くしたいと思い、祈祷してもらってきました。

想い出が多く、人も多い場所は何だか自分だけが
取り残されたような気になりますね。
人ひとりいなくなる事の影響の大きさを噛みしめる日々です。

年を追う毎に、心が穏やかになる時間が増えていって欲しいと願う年始です。

イタリアンさんへ

本年もどうぞよろしくお願いします。

2008年、平成20年、死ぬまで、いや、死んでも忘れないでしょうね。
自死遺族になってからこれまで、自分の中で、ずっと落ちたままの自分と、
ヘンに慣れて来て、強くなったと思われる自分が
混在してるような気がします。

誰にも理解されないと分かってても、少しは分かって欲しいかなと言う
複雑な思いをずっと抱えています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

どんな心境でも境遇でも年は明けていきますね。

この時期は特にですが、休日のクルマ達は一人乗りは
ホントに少ないですね。みんな誰かと一緒なんだなと実感させられます。

ご主人の宝物?のDVDですが、誰でも普通に持ってると思いますが、
パートナーが嫌悪感をあらわにするのなら、やはり隠すと思います。(笑)
助平でも何でもなく、真面目で正常な行動だと思います。

うちも妻に見つかった事があり、妻はDVDのタイトルを大声で読み上げて
私の困惑する顔を見て楽しんでました。(笑)

悪い事でも恥ずかしい事でも無いんですが、
男は女性に軽蔑される事を怖がります。
ご主人の気持ちは良く分かります。
どうか認めてあげて下さい。

妻も怒ったりはしませんでした。
もう、しょうがないねー、と言う反応でしたね。

本年もよろしくお願いします。



のあさんへ

今年も出来る限り更新していくつもりですので、
こんな内容でも読んでいただければ嬉しいです。

本年もよろしくお願いします。

寒い中、福袋戦線に参戦お疲れさまです。
男には到底ムリな戦争ですね。
戦果は如何だったでしょうか。
どうか疲れた身体を十分労わって下さい。

神様なんていない、いたとして残酷な事ばかりするので、
無条件で参拝する事には同意出来ません。
今回は母親がどうしてもご祈祷してもらうようにと
強く言うので、仕方なく行って来た次第です。

新年明けましておめでとう、を心の底から言える日は
一生来ないんだろうなと思っています。
大切な人がまたひとつ遠くなっていくのに、何がおめでたいのか分かりません。

のあさん、どうか自分の心と身体の状態を最優先して、
心穏やかな時間を少しでも多く確保出来るように
また一年過ごしていきましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まるさんへ

こんばんは。

過去の音楽は懐かしさよりも、切なさの方が強いですね。
切なくて胸が締め付けられますが、当時の気持ちに戻りたいのか
そのまま見続けてしまいます。

妻が振袖を初詣に来たのは、1、2回だったと思います。
何かと気を遣うので、妻も疲れてしまうようでした。
それでも好きな人の振袖姿は、いいものです。

妻の両親とは妻の生前から決別状態で、
妻の死後も全く関わりがありません。理由は話すと長くなりますので割愛しますが、
おかげで?ヘンなしがらみも無くていいのかなと思うようにしています。

自死の場合、配偶者のせいにする親族はいるんですね。
自分の息子が愛した人を信じられず、それを労わる事が出来ない人とは
関わらない方がいいと思います。
ご主人の想いだけを大切にして生きていきましょう。
あ、あくまで個人的な考えなので参照程度に留めて下さい。

自死遺族みんなの穏やかな時間を願う想いが集まって、
それぞれの力になればと思います。

今年もマイペースで歩んで行きましょう。


あけましておめでとうございます

こんばんは。
私は、やっぱり空に昇った人以外は愛する事ができないし、今の夫のせいで5回も自殺未遂をしているので、もう離婚します。
でも、今は私1人になった時の生活費がないので、こっそりと夫には言わず、貯金を貯め、これからの事を主治医・訪問看護師さん・ケースワーカーさんとで、相談しています。まだ、夫には話していません。
どんどん夫を嫌になっていき、空の上の人の事を想います。
でも、思い出は少しづつ、消えていき、私は離婚をしたら、空の上の人の思い出だけで生きていけるのかと考えてしまうことがあります。
でも、愛せるのは、空の上の人だけだから。

atakoさんへ

こんにちは。

そうですか、atakoさんが自分の為に最良の選択をされたのなら、
空の上の人も応援してくれるでしょう。

どうか良い方向に向かう事を祈っています。

想い出は遠くなっても、その想いが消える事は無いと思います。
大切な人への想いを抱いてこの世を何とか生き抜いて欲しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まるさんへ

おはようございます。

親族の中にも、まるさんの事を気遣ってくれる人がいて良かったですね。
自死遺族となってお互いに傷ついているので、お互いに励まし合う事が大切だと思います。
そういった方とは今後も繋がりを保っていきたいものです。

義両親に伴侶を産んでくれた事に感謝ですか、確かに言われてみればそうですね。
新しい気づきです。

ありがとうございます。

プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR