スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きだけじゃ

先日、友達(バツイチ)と会った時に、再婚の話題になった。

死別と離婚の違いはあるけど、同じ部分もある。
これからもし、そういう異性が現れた時、結婚に結びつくかと
考えた。

結論からいくと、会う事は出来ても籍入れるまでには至らないような気がする。
妻と出会った頃は、まだまだこれからいろいろなものを作り上げていく段階で、
当時なりに考えてたとは思うけど、ほとんどは好きと言う感情だけで、
勢いがついて結婚したと思う。

今はどうだろう。

この年齢になるまで、多くのものを積み上げて、
それなりに守るものも出来ている。
若い頃は失敗しても失うものも少なく、やり直しが利く。

今は選択を誤ると、多くのものを失いかねない。

生活習慣も固まっているし、誰かと一緒になると言う事は
その家族や親類とも付き合いが生じ、多くのものを抱えていく事にもなる。
そもそもその相手が本当に信頼出来るのか。
これは相手にとっても同じかもしれないけど、
独身男性に近づいて、籍を入れては、殺害するような事件もある。

大して資産も無いから取られるほどのものも無いけど、
もう傷つく思いをしたくない。

妻と付き合っている頃は、相手が信用出来るのかなんて
考えた事も無かった。

今後、そういった異性に出会ったとしても、
会って話したり、遊びに行く事はあっても、籍まで入れる事は
今のところ無い気がしてる。

勝手な考え方かもしれないけど、これが正直なところ。

何より妻への想いが大き過ぎて、その重さが相手にも伝わって
向こうから離れて行くかな。

茶飲み友達までが精一杯。
そこまで行ければ十分進歩だと思う。

もう、好きだけじゃ進めない・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふぅさんへ

ここでは自分の苦しさを吐き出す事しか考えてなかったので、
そういう意識が薄く、何と言っていいか分かりません。

お互いに思いは分かり合える、と言うか分かりすぎて
どーなんでしょうね?
でも、支え合えたらこんなに心強い事は無いでしょう。
ここに来られる方は、邪な考えの人はいないでしょうしね。

ただ、出会いがあると言う事は別れもある訳で、
大切な人を送るのはもうたくさん、と言う懸念もあったりで、
微妙なところです。

新しい命の誕生、おめでとうございます。
お孫さんの健やかな成長を願っています。

自死遺族にしか出来ない幸せ、見つけてみたいものです。
それも生きる意味のひとつなのかもしれませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
私も、空の上に昇って行った人しか愛せません。
夫と付き合う前に、付き合った人にも、「俺は、誰かの代わりみたいだった。」と言われました。
そして、夫とも、もう離婚を考えているし・・・。

でも、あの人のぬくもりや声や色んな事を忘れてきています。
あの人しか愛せないのに・・・。
笑顔の写真をずーっと見ているのに。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

イタリアンさんへ

基本は自分に正直に生きたいですね。
好きな人には出来る事をしてあげたい、ごく普通の感情だと思います。
そこに愛があれば、いろんなしがらみも関係無くなるのかなとも
思いますが、昔のようにそれだけじゃ進めない気がしてます。

それでも、そこまでの相手に巡り合えば、何かが変わるのかな?

atakoさんへ

おはようございます。

赤い糸、運命の人、そういうのってあるのかも、
と妻と出会ってからそんな事を思うようになりました。

でもあの世とこの世では絆を確かめる事も出来ないので、
記憶が薄れていくのがつらいですね。

atakoさんの心に従って進む事が出来るように祈ってます。

イタリアンさんへ

もし、心から愛せる人に巡り会えたのなら、
これまでの教訓が活かされ、悔いの無い様、日々を過ごす事を
心がけると思います。

今までの後悔や罪悪感を軽減出来るまでになるのでしょうか。
現段階では全く自信がありませんので、この先も難しいのかなと感じています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

こんばんは。

明日明後日辺り、雪の予報が出てますね。
タイヤ交換完了との事で一安心と言ったところでしょうか。

離婚は、二人それぞれの人生があるので、
割り切りが死別に比べて容易なのでは無いでしょうか。

特に私と妻に関しては、離婚などあり得ない事で、
離婚の話題とかを耳にしても、自分達には全く違う世界の話だと思っていたのに、
それどころか自死遺族となるなんて、飛び越え過ぎて心が追いつきません。

男性は一人に弱いと良く言われますね。
何だか最近は実感が高まっているような気がします。
ただ、仮面を被って話してもそれもまた苦しいので、
自死遺族の事実を隠さず話せる関係を欲してるかもです。
それが心のふれあいなのでしょうか。

亡くなった人は最強ですね。
いいところだけが残り、欠点すら愛を感じます。

自死は心に依るところが大きいですから、心の病、
病死と位置付けてもいいと思います。

誰にでもその可能性はあるわけですから。




イタリアンさんへ

変わりたいと思っても変われない、
でも、自分でも気づかない内にいつの間にか変わってた、
いつの日かそう思える日が来るような気がしてます。

チワワさんへ

一人がつらいのはやはり事実なわけで、
だからと言って再婚までは・・難しい状況です。
ただ、目先の寂しさだけに囚われて自分を見失う事だけは避けたいですね。

もうホントにたくさんの想いが絡み合って良く分からなくなります。
そこに、心許せる茶飲み友達がいれば、自分も変われるかもしれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

(^_^)さんへ

何と言っていいのか、一緒になれなかった人は、
ただ、運命の人ではなかったと思うしか無いような気がします。
傷が深くなる前に離れられた、ご主人がそうしてくれた、
そういう事では無いでしょうか。

自死遺族の抱えているものを全て受け止められるのは、
やはり自死遺族しか無いのでしょうか。
それでも一人として同じ想いはありませんので、難しいですね。

私もこの場以外では、ありのままの思いを吐き出せる場所はありませんので、
ここでのやりとりに感謝しています。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。