出来る時に出来る事を

昨夜、母親が、
今年は忙しくて紅葉を見てないからどこか連れてけ、
と言うので、今日は比較的近くにある紅葉スポット寺院へ。

地元過ぎて観光地な感じが全くしないけど、
現地に着くと、駐車場への行列が出来ていた。
やはり、立派な観光地らしい。
雑誌の紅葉特集にも載ってた気がする。

マジ~?何で地元で渋滞に並ばないといかんのだー、
もう帰ろうかなと思ったけど、ここまで来たから待つ事に。

20分ほど待って、駐車場入り。

その寺院はわりと山の上の方にあって、急な石段を上る必要があり、
母親に合わせて休みながら登る。

頂上について、上から紅葉した山々を見下ろす。
うん、まあそれなりに綺麗だ。(笑)

ここももちろん妻と一緒に訪れた場所。
寒い時期だったので、妻はブーツ着用で、
どのブーツだったかも覚えている。

妻も一緒に紅葉を見てるかな、などと思いながら、下山。

石段を昇降して、いい運動になったし、多少なりとも親孝行出来たと思う。
親孝行は親がいる内にしておいた方がいい。
出来る事は出来る時にしておかないと後悔するしね。


想い出の引き出しは限りないけど、
新しい想い出は、どうやってももう作れない。

再会して、想い出の地を2人で周るのが待ち遠しいな・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きっと、空で

こんばんは。
親孝行できて、よかったですね。
奥様とも、行かれた場所なんですね。
きっと、奥様も、空の上で、綺麗な景色を見ていますよ。
私は、空の上に昇ってから、どんどんと年が経っていって、思い出が薄れてきています。それが寂しいですね。
でも、いつも、写真の笑顔は見ています。
きっと、空の上でも、笑っているだろうなって思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

明日、親がいなくなるとか思えば、やれる事はやっておこうと
言う気になります。

これも妻を亡くした後悔から学んだ教訓かもしれません。

チワワさんはご主人を亡くされて一年ほどですので、
想い出に触れる事自体がまだまだ相当な冒険なのだと思います。
私もまだ悲しい気持ち、切ない気持ちは消えません。

それでも想い出の地を訪れる事が出来るようになっていますので、
チワワさんにもその時は訪れると思いますよ。
と言っても焦る必要は全くないので、自分のペースで
想い出と付き合っていきましょう。

atakoさんへ

こんばんは。

親孝行も、妻がそうさせているのかもしれません。
自分も一緒に紅葉を見たかったからかも?

想い出が遠くなっていっても、写真を見れば、
いつでも当時に戻る事が出来ますね。

いつの日か空の上で2人で笑いあいたいものです。

イタリアンさんへ

普通の日常、親孝行出来るこの状況を幸せなんだと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

12月は年月の早さを実感する時期ですね。
一緒に過ごす人がいないと、寒さと相まって寂しさがより一層増します。

このイベント続きで浮かれてる街全体が、
自分とは違う世界に思えて出歩くのが億劫になります。
ムリに溶け込もうとして、ウインドウショッピングでもしようものなら、
切なさや虚しさしか感じません。

のあさんのお母様が、のあさんと一緒に暮らしたがっているのなら、
それが一番の親孝行になると思います。
どうかその日が早く訪れる事を祈っています。

これからの時期は伴侶との想い出がつらくなりますね。
楽しい、温かい想い出が多過ぎて、余計に今が寂しく、冷たくなります。

昨日も今日も寒かったですねー。
左手は気になったりならなかったりと言った感じです。
症状にも慣れて来たのでしょうか。
とにかく暖かくするように心がけています。

のあさんも体調に気を付けてムリしないように
ゆっくり過ごして下さい。





プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR