とりあえず進んだのかも

土曜日の事。

ひょんな事から京都に行く事になった。
ガンダム好きな店主が営むお好み焼き屋さんが、
東寺の近くにあると言うので、同じくガンダム好きな友人とともに、
いざ、京都へ。

京都南ICから1号線を東寺方面へ向かう。

まだ紅葉の時期には早いみたいで、目立った渋滞も無し。
お店の営業時間前と言う事で、東寺を外から眺めながら、
京都駅までブラブラ歩く。

京都駅内のお土産屋さんを見てたら、のあさんが教えてくれた「仙太郎」を発見。
ぼた餅3種類とどら焼きを購入。これはいい買い物をした。

その内、いい時間になって来たので、お好み焼き屋さんへ向かう。

お店のマスターは同年代の方で、どっぷりガンダム世代。
普段、なかなか大きな声でガンダムトークが出来ないので、
この時とばかり、思う存分楽しめた。

妻との想い出がたくさんある京都。
その地に足を下ろすまでは、どんな気持ちになるのか不安がいっぱいだったけど、
意外と安定した気持ちで終始過ごせた。

これは今回、妻と一緒に行った場所を訪れていないのと、
友人も一緒だったせいかもしれない。

これが1人で、各スポットをまわっていたらどうなっていたか分からない。
ぼーっとして、涙ぐんでいたかもしれない。

でも、男一人で京都巡りはかなり浮きそうだ。
やはり女性がいないとダメだね。女性って偉大だ。

とりあえず京都を訪れる事は出来たので、一応、進んだ事になるとは思う。
次はどこか想い出の場所にチャレンジしてみよう。

さて、どこから行くか・・・

KC3Z1222.jpg

KC3Z1223.jpg

KC3Z1230.jpg

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

大切な想い出が詰まった地で、悲しみに暮れる事が無くて、
とりあえず良かったかなと思います。

少しずつ想い出を辿って、当時の2人に触れる事が出来たらと思います。

これ以上ない、悲しみや苦しみに耐えて慣れて、
その内に想い出の地を訪れる強さが身に着くのかもしれませんね。

るい37さんへ

京都まで運転されて左手は大丈夫でしたか?
今の時期は外出するのにちょうど良い気温で
遠出したくなりますよね。

仙太郎、いかがでしたか?
普通のお店のぼた餅だと、1~2個食べたらもういいわと
思うのですが、仙太郎さんは危険です(笑)
青じそ入りであっさりしているので何個でも食べれます(笑)
今の時期だと【栗蒸し】がメチャクチャ美味しいですよ。

ガンダムトーク楽しかったでしょうね。
同世代で話題も弾んで心地良い時を過ごせたと
思います。

最近のるい37さんは、体調も思わしくなく、
奥様の7回忌もあって心身ともに疲れている感じでしたので
今回の京都廻りで楽しく過ごせたことは、
本当に良かったですね。
隣りに奥様が居ないのは寂しいですが…

でもきっと、奥様はるい37さんのことを
いつも見守ってくれていると思います。
京都も、もしかしたら奥様も一緒にいらしたかも知れませんよ。

のあさんへ

京都までのMT車の運転は、思ったより負担はありませんでしたが、
帰宅してから少し腕が痛みましたので、これくらいの距離が
妥当かもしれません。

あのおはぎは不思議な味がすると思ったら、青じそだったんですね。
濃厚な甘さなのに、何個も食べられるので青じそが重さを
緩和しているような気がしました。

栗蒸しもオススメなんですね、次は高島屋で探してみます♪

教えていただき、ありがとうございます。

確かにここのところ、無気力さが強く出ていたので、
ここはひとつ行ってみるかと行動を起こしました。
気分転換とはまた違いますが、日々の生活の中で、
一服の清涼剤となったのは間違いないようです。

京都大好きな妻は、私も連れてけーとばかりに
ついて来てたのだと思うようにしています。

次は2人で歩いている事を意識して訪れてみようと思います。






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

maaさんへ

深まる秋に京都の佇まいは良く映えます。

想い出に触れる事が辛くて、2人で訪れた事の無い地へ逃げたくなる気持ち、
分かります。当時の楽しい時間と今とのギャップ、もうそれが2度と叶わない切なさに
胸が締め付けられます。

それでも想い出の地に行ける日は必ず来ると信じています。
あの日の2人が確かに存在した証を見つけに行くのも、
生きる目標になるのかなとも思います。

体調は波がありますが、まあまあ安定しています。
ありがとうございます。

鈴虫さんへ

私も3年くらいの時は、今よりもっと落ちる日、時が多かったです。

人によってその時々の事情は違いますから、
みな、その時に自分に出来る精一杯の事をしてると思います。

自責の念は一生消える事は無いですが、
今の自分を労わる事は忘れないようしています。
この状況で生きてるだけで十分にエライと思いませんか?

ムリに前に進もうとしなくても、現実に自分自身が慣れて来て、
想い出を辿る事が出来る時が来るような気がしています。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR