誕生日

今日は、妻の誕生日。

生前から誕生日と結婚記念日には、
花を買ってプレゼントしてた。

それは妻が亡くなってからも続けている。

今年も花屋さんでアレンジメントを
注文して、ケーキ屋さんでケーキを買って、
お祝いした。

妻が生きている時は、
花と一緒にメッセージを添えてた。

でも、妻が亡くなって初めての誕生日に、
メッセージを書こうとしても
涙が止まらず、まともに
書けなかった。

なので、それ以来メッセージは
書いていない。書けない。

毎年、花とケーキと妻の写真とを
一緒に写真を撮ってるけど、
一度も写真に妻が写った事はない。

ホントにいつも傍にいるのかなぁ。

いや、僕が妻の存在に対して
疑念を持っちゃいけない。

きっとこの想いは伝わってるよね。


今年もおめでとう。

この先もずっとお祝いするよ。


そう、ずっと・・・



にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

るい37さん

コメントありがとうございました。

以前、ガードレールの所で出てくれた?ように、そうめったなことでは・・・?!

僕は死後や成仏というのがどういうことか分からないですが、やれることは日々の贖罪?のみです。。。応答はないですが対話や問いかけを続けることしかできません。。。

よしたださんへ

あのガードレールの向こうで、
かなりの力を消耗して、しばらくは
出て来れないのかもしれませんね。

僕も毎日贖罪ですヨ。
と言うか贖罪の仕方も分からずに、
どうすれば償いが出来るんだろうと
自問自答しています。

対話や問いかけは自分の心への
問いかけでもあるのかもしれません。

妻に問いかけすると、未だに泣けて来たりしますが、
ずっと続けていくつもりです。

No title

9月だったんですか。
うちの夫も9月ですよ。
奥様は間違いなく喜んでいると思います。
我が家もケーキでお祝いでした。
はい、食べてね~~なんて、口に運ぶマネをしてみるけれど、
やはり心のどこかで、本当は傍にいなかったら・・・なんて思ってしまってしまいます。
私達には死後の世界がどうなっているかなんて、40年以上生きてきたって、たとえ100歳になってもわからないですよね。

でもとりあえず私は、自分が生きている間は、夫が傍にいると信じようと思います。
たとえ傍にいる確率が1パーセントしかなかったとしても、信じ続けてみようかな?と思います。
そして、もし自分が死ぬときが来たら、私達みたいに苦しんでいる
人達のために、心配ないよ!いつでも傍にいるんだよ!となんらかの形でメッセージを送れればいいなと思って
いるのですが・・・今は他に何もやりたいことがなく、気力も湧かないのですが・・・それだけは絶対に実現したいと思っています。

つっちゃんさんへ

9月繋がりですね。

実はとっくに自分の元を離れてたら・・・
なんて事も考えますね。

でも自分がその存在を信じてあげなければ、
故人は本当に死んでしまうのではないかと思います。
(ややこしい表現ですが)

今、故人達が感じている、もどかしさ?とかを
身を以って知る時に自分に何が出来るんだろう?

あの世はあるとは思いますが、
もう少しそういった研究?が進んでほしいと
常々思います。

期間や回数限定でいいから、
どうにかして愛する人とコンタクトを取りたいですね。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR