解放

今週はトラブル続きで、帰宅が遅くなる事が多く、
かなり疲れとストレスが溜まってたので、
昨日、仕事帰りに友人とカラオケ行って、
溜まったものを思いきり吐き出して来た。

喉が枯れるほど叫んで心地いい疲労感。

今日は、リハビリ。
今回で3回目。
前回までは
女性看護師さんだったけど、今回は男性看護師さん。

一応、僕も男なので、女性の方がいいなと思ってしまう。
こんな事思うなんて、元気な証拠かな。

リハビリ中に、看護師さんが、
「クルマお好きなんですか?」

と聞いて来た。

どうやら僕が着ていたTシャツがモータースポーツ関連のものだったので、
聞いてきたみたい。分かる人には分かるものなので、
看護師さんに話を聞くと、彼もクルマ好きらしい。

リハビリ中はその話題で、楽しく過ごす事が出来た。

今の所、リハビリは精神と身体の解放になっている気がする。
平日の毒?を浄化してくれるいい時間になっている。

ささやかだけど、いい事があったなと思わせてくれた。

踏んだり蹴ったりの日々の中で、
これくらいの幸せがあってもいいよね・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

eriさんへ

お疲れ様です。

一人になってから、日常のほんな些細な幸せに気づく事が出来るようになりましたね。
伴侶がまさに身を以て教えてくれた形になっています。
もっとも、一番の幸せはどうやってももう手に入りませんけどね。

人と関わる事は自死遺族にとって、非常にリスクを伴うので、
極力避けたい気持ちはありますが、それによって得るものもあるわけで、
やはり外に出る事は必要だなと感じる次第です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

いつも優しいコメントありがとうございます。

腹の底から魂の限り叫ぶと、不思議と心身ともに
軽くなったような気がします。

私も一人になってから、幸せなんて一生無縁だと思ってましたが、
心の持ちようと言うか、気づかないだけで、
日常に幸せは存在してるんだと感じられるようになりました。

極端な事を言えば、食事が普通に出来るだけでも幸せなんだと思います。

朝晩は完全にもう秋ですね。お互い体調には気を配りたいものです。

まるさんへ

東海も昨日、今日と気持ちのいい晴れとなりました。

罪悪感は以前に比べて減りましたが、まだ残っています。
妻が亡くなったのに、あんなに苦しんでたのに、
自分だけ楽しい思いをして、笑ってなんかいていいはずがない、
ずっとその思いが強くありました。

ただ、それでは自分がもたないので、自己防衛機能なのか、
楽しいと思えるもの、心地いいものを求めるようになっていきました。

看護師さんは指名も出来るようですが、そこまでは・・・(笑)

中華街は目移りするほど楽しいところですね。
二人で食事して、山下公園を歩いた事が頭に浮かびます。
また行きたいです。一人で行くのはなかなかに難しそうですが。

いつも読んでいただき、ありがとうございます。
コメントに私も救われてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

るい37さんへ

趣味が合う方とお話しできて良かったですね。
私達自死遺族は自分の殻に閉じこもり気味で、
「所詮自分の気持ちなんて他人には分かってもらえない」と、
一般の方とは一線を置いたお付き合いになっていますが、
例え辛い気持ちは分かりあえなくても、
少しの部分で繋がりが持てたりするんですよね。

その少しの部分を大切にしないと、
本当にこの世から隔たれた場所でひっそりと
生きてゆくことになりますものね。
自死遺族になった当初は、それでも良いと思っていたのですが、
「やっぱり人生は暗闇の中でもがいているだけではなく、
たまには明るい場所に出てきても良いのではないか?」
この頃私はそう思えるようになりました。
と言っても、頻繁にとことん落ち込み暗くなりますが(笑)

るい37さんが、リハビリに行くのが億劫になって
「生きることなんて、もうどうでもいいや…」とならずに、
少しでも楽しい気持ちで通えることは
私も嬉しい。

るい37さんのお身体が早く回復することを
大阪から祈っています。
この前もコメントしましたが、
お互い、何とか日々を乗り越えて生きていきましょうね。

runさんへ

花金、もうめっきり使わなくなりましたねー、
トレンディドラマ(これも死語?)でよく使われてた気がします。(笑)

カラオケでは、アニソンばかり(しかも昔のもの)ですよ。
歌いながら、当時の事を思い、楽しかった子供時代、少年時代を
懐かしみ、妻も元気な女の子だったろうなと想像し、
お互いにまさか自分が自死するとか、自死遺族になるとか
思いもよらなかったのに、でも現在の結果と比較し、
これまでの事を振り返り、妙に切ない気分になったりもします。

好きな事やって楽しむ、これも今しか出来ませんから、
出来る事を精一杯やると言う理念に沿ってますので、
問題ないでしょう。

そうしないと堕ちていく一方になってしまいます。

罪悪感、悲しみ、切なさ、これらはもう自分の一部になっているので、
一生ものなのでしょう。



のあさんへ

好きな事に関する繋がりは、
世間と自分とを繋ぎ止める大切なものですね。

趣味の話をしていれば、家族等の話題に入らなくてもいいので、
こういう時間なら普通に過ごせます。

私はもともと出不精だったものが、さらにそれが加速していました。
自死遺族としてどこか引け目を感じていたので、明るい場所は苦手でした。
でも、引け目を感じる理由などどこにも無いのでは?と
いつしか思うようになり、やりたい事、見たいもの、行きたい場所を
我慢せず、考えるより前に行動してやろうとか思うようになりました。

それでも落ち込みする時は変わらずに落ち込んでます。
これ、消えるわけないですよね。

のあさんが嬉しいと思ってくれたのなら、
私もリハビリに行く足取りがさらに軽くなります。
のあさんが自身の為に楽しいと思える事が出来る後押しが
出来たらと思います。

ありがとうございます。
西を向いて集中して、のあさんの祈りを感じてみます。
のあさんに、楽しいと思える時間が少しでも多く訪れますように。





プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR