確認したくなる

土曜日は病院でリハビリ。

看護師(と言っていいのかな)さんは
優しく話しながら、処置をしてくれた。
身体がほぐれた事もあって、穏やかな時間を
過ごせたと思う。
これならリハビリ続けられそうかな。

今日は、クルマの車検が近いので、
車検仕様にする為、ホイールを交換。

病気になってから初めての作業だったので、
果たして出来るのか不安だったけど、
左腕の違和感はあるものの、作業は無事完了。

こういうある程度力を遣う作業や、指先を使う作業が
ちゃんと出来るのか、事ある毎に確認したくなる。
ああ、まだ出来るな、と自らを安心させたいのだろう。

これもリハビリの一種?

身体の事は、考えても仕方がないけど、
頭から消す事も出来ない。
時折、何かにすがりつきたくてたまらなくなる。

でも、すがりつく物も、人もいないんだね・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

こんばんは。

抱き枕ですか、この寂しさも少しは和らぐのかな?
大の男が抱いてる姿は、どうなんでしょうか。(汗)
とりあえず猫にでもすがってみます。(笑)

秋のもの悲しさは、普通は寂しげな情景に浸ったりしますが、
それは日常が満たされているから、すぐに
温かいぬくもりに触れる事が出来るからこそ、出来るのだと思います。

常に寂しさと切なさと同居してる人間には、これ以上のもの悲しさは要りません。

自死遺族の環境に慣れる事が出来た自分なら、
この身体にも慣れていく事が出来るのかなとも思います。

マイペースを心がけていこうと思います。
またグチるかもですが、見守ってやって下さい。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チワワさんへ

リハビリは思ったより気楽に出来ましたね。
苦痛な時間ではないので良かったです。

私が立派かどうか分かりませんが、出来る事は
やっているとは思います。
チワワさんも生きてるだけで、
こうして自分からネットに出て、さらに
コメントのやりとりもされているので、
自ら行動して十分に立派だと思いますよ。

すがりつきたい、その思いをここで吐き出しているだけで、
お互いに、自分を維持出来る力を得ているのかもしれませんね。

私も冬は妻が好きな季節だったので、想い出がたくさんあって、
これからまた切ない時期に入っていきます。
結局、どの季節もつらくなってしまってます。

お気遣いありがとうございます。

チワワさんの心が少しでも温まりますように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

イタリアンさんへ

例え気休めでも僅かでも可能性があるのなら、
続けていくつもりです。

配偶者の死は、遺された者の寿命も
一緒に持って行ってしまうような気がします。
特に男性に顕著に出ると聞いた事があります。

心が健康なら、共有出来る人がいるのなら、
加齢による不調も、半分笑いながら話す事も
出来るのでしょう。

一人になってから、身体が出すサインには
かなり敏感になりましたね。
誰も何も気にしてくれないので、そうせざるを得ません。

お気遣いありがとうございます。

のあさんへ

病院で、リハビリ中に周りを見渡すと、
当然ですが、高齢者が多いです。
中には車椅子に乗って、親族に付き添われている人もいます。

それを見ると、自分には付き添ってくれる人もいないので、
果たしてどうなるのか?と不安が襲って来ます。

でもそれは紛れもない現実、その時は孤独死しか
無いんだろうなぁと漠然と半ば諦めの気持ちで、
無気力と投げやりが加速します。

先の事は考えても仕方がありませんが、
その時になって迷わないように、
決めておきたいと思うのは当然でしょう。

誰にも相談も出来ないので、余計に考え込んで
暗く落ち込んでしまいます。
そうなると、早く逝きたい、その思いが強まってきます。

伴侶の後を追いたいよりも、先の不安から
逝こうとする気持ちになるような気がします。

共感がいっぱい

はじめまして。

奥様に対する思い、とても共感しながら、最初の頃のほうから読ませていただきました。

素敵なご夫婦だったんですね。

こちらも5年ほど前に「別々」になってしまいました。

いま思うと、何気ない日常が、なんて幸せだったんだろうと思います。

1世代半ほど上なのと、ちょっと「離れ方」が違いますが、妻が恋しい気持ちは、同じだなあって感じました。

ラッキーパパさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

何気ない日々って、普通の生活って、
実はすごい事なんだと、1人になってから実感しますね。
人間はその大切さを失ってみないと分からないんです。

別々歴?は同じくらいですね。

いつまで経っても、恋しい気持ちはどうやら無くならないようです。

プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR