スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配偶者

先日の事。

両親と食事中に母親が、

「あんた結婚はしないの?」

といきなり聞いて来た。

僕は、
「無いなぁ」とだけ答えた。

母親は、
「あらそう」

あっさりとこの話題は終わった。

正直、親がくどくどと言って来たら、
面倒だなぁと思ってたけど、親もその辺りは察しているのだろう。
妻が亡くなって2年くらいの頃に何回か言われたけど、
最近は言われなくなった。

そんな簡単なものじゃないと言う事を
少しは理解してくれたのかな。

配偶者が絶対要らないと言えば嘘かもしれない。
一緒にいる人がいればいいかなと思う時もある。
でも、ずっと一緒にいたいかと言われると、
妻以外には考えられない。

どうやっても妻の事が頭から離れる訳が無い。
事るごとに遠い目をして物思いにふけってる姿を
頻繁に見せられたら、こんなメンドクサイ男なんて
重すぎて誰も相手にしない。

何より自分自身がその気にならないと進まない。

この先そんな人が現れるのかもしれないけど、
その時の自分の心次第か。

どうなんだろうね・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

るい37さんへ

高齢になった時に男性で独り身だと、
ちゃんとした食事を摂っているのかとか、
掃除洗濯が大変そうだなとか、
背中が寂しそうだなとか、
何となく全体的に悲壮感が漂うようなイメージが
湧くんですよね…

お母様も息子の将来が心配なんですよ、きっと。

再婚はどうでしょう…
配偶者を自死で亡くすと、
なかなか難しいでしょうね。
自分でも無意識のうちに、
何とも言えない、哀しいマイナスのオーラを
放出している気がします。

普通の人から見たら、
私達自死遺族は、
心の底から笑顔になれない、
影のある人物なのでしょうね。

そりゃ、鬱陶しいでしょうね(笑)
恋愛中にマイナスのオーラを出されてしまうと。
そもそも、配偶者と死別後に再婚してしまうと、
位牌やお墓はどうなるのでしょう?
現実を考えたら面倒臭そうですね。




のあさんへ

家事はここ数年の間に慣れましたので、
大丈夫ですが、食事が問題です。
準備が面倒で結果、ろくなものを食べていなかった気がします。
もともと食べる事に執着が薄いせいもあるかもです。

今のところ、心の底から楽しいと思える事もなく、
笑っていてもどこか冷めている、自分からあまり喋らない、
誘いもしない、そんな状況は変わらないので、
これからも同じなのでしょう。

お墓とか家とか現実的な事を考えても、
それをこなす体力気力が無いし、
心も何だかなぁと言う感じなので、
やはり再婚なんてムリでしょうね。

そもそもする気が起きないですがね。

たまに誰かと会って、気分転換してまた帰る、
そうやってお迎えを待つ、

先の事は分かりませんが、そんな感じで
人生を終えていくのでしょう。

見たくない話でしたら削除してください。

彼氏と結婚することになりました。
周りにはそんな人をなんで選ぶの!?って、言う人も多いです。

彼は思い出して物思いにふけることより、本当なのか嘘なのか、記憶がないとよく言います。

考えないようにしているのかもしれません。

受容の仕方は人それぞれ。向き合わないこと逃げること後ろ向きにいること、どんな状態でもそれがその人にとっての受容だと思います。

何か解決できないスピリチュアルペインがあって、それと戦うことが受容だと思います。

それをだれかと共有する必要もない、理解される必要もない。
ましてや、自分自身でその痛みを受容しなくちゃいけないものでもありません。

人間は誰しもこの人生でよかったのか、と常に悩み続けます。それは答えのない問いかけ。

私にとっては結婚は興味のないものでした。それは死別とか関係なくですけど。
結婚して二人でいる意味はわかりません、きっと一生わかりません。でも、そういうものなんだと思っています。

納得がいかない人生だから、夢や希望や理想が明日を支えるのだと思います。

たまきさんへ

おめでとうございます!

たまきさんが、彼の弱さや悩みも含めて受け止める事が
出来ているのだと思います。

彼もたまきさんも複雑な思いが交錯しているのは事実だと思いますが、
今この時は2人一緒にいようと言う結論に達しているわけですので、
この気持ちに素直に従えばいいと思います。

この先もお二人の絆がより深まっていく事を願っています。
一緒にいる意味はこれから見つければいいと思いますよ。

お幸せに。

プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。