しあわせである事

妻を自死で亡くしてしあわせなわけが無い。
今でも妻に会いたい、声が聞きたい、
その想いは全く弱まっていない。

今までずっとこんな不幸は無いと思って苦しんで来た。
この先も、ずっと不幸な境遇を感じながら、
苦しんでいかなければいけないのか?
それも相当きつい。

ふと、妻と出会う前の自分は不幸だったのか?
いや、不幸だとは思ってなく、むしろしあわせと感じる時が
あったと思う。

妻と出会ってからは、しあわせが倍増したと
考えればいいのかな。
一度、そのしあわせを味わってしまうと、
それが普通になり、それを失うと不幸のどん底に
落とされたように思ってしまうのかもしれない。

今の境遇でもしあわせと感じられるように、
妻と出会う前の自分が何にしあわせを感じていたか
思い出してみよう。

泣いても喚いても、もがき苦しんでも、
妻には会えない。
それを無意識の内に認めて、自分を
守る方向に変わって来てるのかもしれない。

妻と出会う前のしあわせって何だったかな・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは 
はじめまして、いつも読ませて頂いてます。
しあわせってわからないですよね、
不幸になって初めて幸せがわかってきますよね。
もう亡くなった人には一生会えないのですものね。
本当に悲しいですね。

あみさんへ

こんばんは。

はじめまして。
コメントありがとうございます。

こんな拙いブログでも読んでいただけると
嬉しいです。
以前は普通だと思ってた事が、実はすごくしあわせな事だったんだと
思い知らされますね。
悲しみはこの先も消える事は無いと思います。

るい37さんへ

主人の自死現場を思い出す度に落ち込んで、
時々何もかもが嫌になります。
催眠術でもかけて、記憶を消すか書き換えない限り、
一生苦しみながら生きることになりそうです。

何日か前から、また酷く落ちています。
愛犬がいて良かった…
可愛い顔でジッと見つめてきたり、
トイレやお風呂のドアの前で
私を待っている姿を見ると、
「この子たちの為に何とか生きなければ…」と
思います。

自分の人生が後何年(何十年)あるのか判りませんが、
るい37さんがおっしゃるように
ずっと不幸な境遇を感じながら、
苦しんで生きていくのは相当キツイですね。
私も、少しでも癒される何かを見つけたいな、
とは思います。

けれど、全てが帳消しになるぐらい
主人が自死した現実は重いです。


幸せも不幸も測れない・・・

るい37さんへ
いつも読ませてもらってます。
なぜかるい37さんの文章には人の心を素直にさせるものがありますね。

奥様を失う前、私は息子を失う前、いつどれくらい幸せだったか、
測るのは難しいですね。
息子が生まれた時の幸せがとても大きかったので、息子を失ったことは人生を半分もぎ取られたような感覚です。

将来どうやって生きていくのか、不幸なままなのか…というより、
今、今日をどうやって自分の不安をごまかして仕事にいくか
毎朝、むなしい戦いをしています。

幸せを自分に求めるのは難しくて。

永遠に解けないパズルを解いている
そんな気持ちで自分の苦しさに向き合っているような
感じです。

難しい知恵の輪でしょうか。

こういうコメントを書こうとしても書けないことが
多くなりました。
知恵の輪はますます難しくなりつつあり、
海に落ちた針は見つからない。

答のない人生を生きるのは
苦しいですね。

見つからない答を、
あがき探しながら生きていこうと思います。

のあさんへ

記憶が消せたらどんなに楽かと思う反面、
大切な記憶を忘れたくないと言う思いもあります。
悲しみ苦しみは消えませんが、
僅かでもどこかにしあわせを見出して、自分を楽にしたい、
そう願う日々です。

私も猫を見る度に癒されて、猫がいる内は、
健康で生きなきゃ、と思います。

昨夜は妻の写真を見てて、やっぱり泣いてしまいました。
想い出がどうしても切なくて、悔しくて、
どうやっても苦しいのです。

この苦しみ悲しみを上回るしあわせや癒しなど、
無いのかもしれません。
ただ、その中で例え一瞬でもしあわせを感じられるように
そんな時間を探して自分を鼓舞する、そんな感じです。

少しでも自分を引き上げる事をしないと、
自死遺族の重みで落ちていく一方になってしまいますね。



sueさんへ

ありがとうございます。
思った事をそのまま書いてるので、
分かりやすいのでしょうか。
高度な表現とか分からないので。(汗)

大切な人と出会う前も、それが普通だと思って
生きて来たはずなのに、しあわせが増えると、
それに慣れてしまう、良くも悪くも人間は
慣れる生き物なのだなと実感しています。

この先の事もそうですが、今日一日を
どう乗り切るかで毎日がギリギリの戦いですよね。
永遠に答えの出ない問いと向き合い、
矛盾する思いはずっと消えません。

目に見えない知恵の輪やパズルなど、
解ける訳がないと思います。

それでも、答えがいつか見つかるはずだと、
もう少し先に行けば、何かが変わるのだと、
その僅かな希望にも似た感情で、
自分の歩みをどうにか進めて行くのでしょう。



プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR