夏が来る

今日で6月も終わり。

明日からは7月。
いよいよ夏がそこまで来ている。

妻が体調を崩し始めたのが7月。
6月までは何でもなかったのに。
友達とも会って楽しく過ごしてたのに。
好きなものを買い物してたのに。

7月以降は、ほとんど誰とも会わず、
出掛けるのは病院くらい。
買うものも、病気に効きそうなもの、
心に効きそうなものばかりに変わっていった。

妻が見るウェブサイトも、ガーデニングや家の雑貨に
関するものや、衣服や靴、装飾品、ペット用品が
多かったのに、
病気に関するものばかりになり、
いつしか自死サイトを徘徊するようになっていた。

病院をいくつか訪ね、検査入院もして、
2人とも疲れ切っていた。
いや、妻の苦しみに比べたら、僕なんか
疲れた内に入らない。

夏と言うと、一般的には開放的で明るい印象で、
気分も高揚するのだろう。

僕にとっては夏は悲しく切ない季節でしかない。
あの年の夏の日を思うと、息苦しくて仕方がない。
毎年、この時期はこんな事書いてる気がするけど、
一生このままなのだから、また来年も書いてるのだろう。

普通じゃなかったあの夏は一生終わらない・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

父の3回忌も無事に済ましお寺で法話を聞きました。
そのお話の中に
3回忌を機に【極楽浄土】に行くそうです。
父もきっと極楽浄土で
先立っていた伯父やいとこ達と
大好きな釣りの話などをして過ごしてくれてると
思えるようになりました。

何度思い返しても
助けてあげたかった。。と言う気持ちには苦しめられて
時折、自分を責めてしまいます。。が

この間
久しぶりに夢の中に父が現れました

私の傍へ来て
「めぐみ、お父さんが悪かった」と謝るのです

こんな事があったり
ある日の夢では
紋付き袴の父がうつむいて現れ
何も言わずに消えてしまったり・・・

でも最近の私は前向きに
頑張る気力が少し持てるようになりました。

今思うと
父なりに私のことを愛してくれてたのかな・・・

父が戻る事は無いけど
幼い頃の生き生きとした父の想い出だけを大切に
これからの長い人生乗り切れたらと思うのです

めぇさんへ

三回忌、お疲れ様でした。

そうなると、妻は既に極楽浄土に
行ってるという事になりますね。
だから最近は向こうで楽しくやってるから、
ほとんど出て来ないのかな?

助けてあげたかったと自分を責める気持ちは
未だにありますが、反面、あれはどうしようもなかった、
妻も苦しみから解放されたんだと言う気持ちもあります。

お父様はめぇさんを愛していた事は
間違いないと思います。
ずっと心残りでもっと何かを伝えたい、
そんな想いで夢に出て来られるのでしょう。

めぇさんが、家族で過ごして楽しかった時の事を
思いながら元気に生きていく事で、
お父様も安心して極楽浄土を楽しめるのではないでしょうか。
再び、あの世で家族で話す時が待ち遠しいですね。

No title

伴侶が元気だった頃は、
季節が廻ることも楽しみの一つであったのに、
今はただ虚しいだけです。

自死サイトを徘徊する奥様、
その時期の奥様の心情を思うと胸が苦しくなります。
私も大病をした当時、
「なぜ私だけ?友人や同じ年頃の女性たちは
それなりに楽しく幸せな日々を送っているのに!
私は手術、入院、薬漬けの毎日。
なんで?私が何をした?神様なんていない!」と、
運命や世の中を憎みました。
主人からの愛情だけが生きる支えでした。

奥様もきっと、るい37さんの存在に癒されていたと
思います。
奥様は結果的に自死を選んでしまったけれど、
るい37さんと結婚できて幸せだったと思います。

私は桜の季節が苦しいですね…
主人の体調が目に見えて悪化したのがこの時期ですので。


のあさんへ

四季が巡ると、それぞれの季節での
楽しみが当然のようにありますよね。

それが今では季節を感じるごとに
昔を思って悲しくなったり、
それが今出来ない悔しさを感じたり、
想い出がまたひとつ遠くなる事に
切なくなったりします。

病気になると、心も病んでしまい、
世間に対する妬みやひねくれた考えに
染まってしまいます。
そんな時は伴侶だけが支えとなり、
妻も私だけが頼りで、一瞬でも長く
2人で一緒にいたいと言っていました。

それを思うと何も出来なかった自分の
無力さに情けなくなります。

のあさんは春ですね。
春も一般的には希望や未来と言ったイメージなので、
それと心の苦しさとのギャップで、
いたたまれなくなってしまいますね。

これは何年経っても変わらないのかもしれません。



プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR