取り囲まれて

先日、物置の整理をした。

そこには下駄箱に入りきらない妻の遺品、
「ブーツ様」達がいる。

主がいないので、手入れをされる事もなく、
埃をかぶっている。

何だか毎年のように入れ替わってたような気がするブーツ様達。
そのひとつひとつに想い出がある。
それぞれ、それを履いていた妻の姿は今でも鮮明に
脳裏に残っている。

妻は冬の間はほぼブーツ着用だったと思う。
ブーツ履いた妻に蹴られたり、飲食店でお座敷しか空いてなくて、
ブツブツ言いながらブーツを脱いでた妻、
その全てが愛おしい。
でも、もう二度とそれは見られない。

こうしてブーツ様達に囲まれてると、
何人もの妻に取り囲まれている気がしてくる。
いろんな表情の妻が思い浮かぶ。

まだまだブーツ様達を手放す事は出来そうにない・・・

KC3Z1162.jpg

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブーツ様www

ヾ(。・ω・)ノ゚.+:。 イイジャナーイ

冬はやっぱりブーツですね。

私も冬はブーツ履いてます。
お座敷に上がるのに脱ぐのがめんどいのですよねw
でも主人を蹴ったことは無いです(笑)
思い出の素敵なブーツ様は
ずっと取っておいたらいいかと思います。
ブーツ・・様・・なのですね
ハイヒールでは蹴られなかったですか?ww

なおさんへ

冬は、街行く女性たちは大抵ブーツですね。

あれは脱着が見るからに面倒そうなので、
冬はテーブル席から埋まっていきます。
混んでる時のブーツ脱着は、なおさらイラッと
するのではと思います。

大切なブーツなので、妻は「様」をよくつけていました。
下駄箱の中でもエラソーにスペースを取っていますしね。

ハイヒールを履いた妻は記憶がありません。
踵が高い靴は少なかったと思います。

今のところ、ブーツ様達は物置でずっと巾を利かせていく事でしょう。


るい37さんへ

うちにも沢山のブーツ様がいますよ(笑)
独身時代の物、結婚してからの物。
私はこのブーツ様達を履いて、
主人と色んな所に行きました。
勿論捨てることはできません。

玄関には主人の靴達が
あの時のまんまで並んでいます。
バーゲンセールで一緒に選んで購入した物、
少しお値段が高くて、二人で買うか散々迷った物。
この靴達を履いて、主人が歩いたり走ったり
していたと思うと泣けてきます。
当分はこのまま置いておきます。

靴と言えば、主人は私の靴の写真を撮って
箱に張り付けてくれました。
棚の上に置いた靴を探さなくていいように、
見つけやすいように。
今思うと、何てマメな人なんでしょう(笑)
ただ、年々増えていくので
途中でギブアップしていましたが。

るい37さん、遺品を手放すことは難しいですよね。
これは性格なのでしょうか?
自死遺族の方でも、少しの遺品だけ手元に残して、
洋服や靴は全部捨てたという方もいますね。

のあさんへ

やはり女性のところには必ず多くの
ブーツ様達がいますね。
他の靴達も年々増えていくのも同じみたいですね。

それなのに、靴の写真を撮って貼っておくなんて、
とても思いつきませんし、思いついたとしても
実行に移すなんて、マメ過ぎます。
愛ゆえに出来る所業なのでしょう。

私も妻の靴は玄関にずっと置いてました。
ただ、実家に移ってからはさすがに難しく、
妻が最後に履いてた靴のみを玄関に置いてます。

体調が悪い妻が、この靴を履いて一生懸命歩いてた姿を
思い浮かべると、やはり泣けます。

もちろん、他の靴達も捨てられずしまってあります。

遺品、自分や家族が使う事はあっても、
捨てる事は未だに出来ません。
捨てられる人もいますが、それは人それぞれで
何が正しいなんてのは無いと思います。

のあさんと私は考え方が似通っているのでしょう。
勢いで遺品を捨てた、と言うのは聞きますが、
そんな勢いはとても出て来る気配が無いです。

るい37さんへ

るい37さん、お久しぶりです。
私は最初に勢いでかなりの遺品を整理してしまったくちです。
奥様のブーツ様の写真、切ないですね。  
時が経てば経つほど捨てられなくなる気がします。
夫の靴は1足だけでとってあります。 
それは夫が愛用していたFryeのハーネスブーツ。
社会人になってからもスーツの下はそのブーツ。
会社に行く時は、なんとか普通の靴を履いて〜と
懇願しましたが、コレは俺のアイデンティティだとか
訳のわからない事を言って、聞く耳を持たず....
私は、通勤に履きやすそうな靴を買って来て、
こっちの方が仕事の時は絶対に履きやすいと思う!と
説得を続け、やっと履いてくれるようになりました。
それからは本人も、通勤には普通の革靴、休日も
ブーツより運動靴系の方が履きやすいと思ったのか、
365日ブーツじゃなきゃダメ!みたいなこだわりは
なくなりました。 最近、あまり見ない気がしますが、
Fryeのハーネスブーツを誰かが履いているのを見ると、
夫を思い出します。 20年位前は、ミュージシャンの
ステイタスグッズだったんでしょうね...

あめりこさんへ

ご無沙汰しております。
お元気でしたか?(元気と言うのもヘンですが)

そういえばあめりこさんは捨ててましたね。
個人の勢いの差って事でしょうか。

ご主人のブーツ、かなりの思い入れがありそうですね。
男性でブーツ着用は少ない方な気がしますので、
お気に入り度が相当高かったのだと思います。

仕事でも履くってところが徹底してますね。

自分の拘りは譲れない、それは分かる気がします。
そのブーツは、あの世でご主人に履いてもらう為に、
あめりこさんが逝く時に棺に一緒に
入れてもらうといいかもですね。

妻のブーツ、亡くなった当初の混乱の中での
勢いが出なかったので、もうこの先は捨てられない気がします。

私が逝った時は、棺の中は私のものより、
妻のものが多くなる気がします。(笑)


るい37さんへ

おはようございます

あの日、あの時
履いていたもの、身につけていて物
それはわたしにとって遺品ではありません
彼と生きた証を消去することなんてできません

奥様もきっとそばに置いてほしいと思ってらっしゃるかもしれません

わたしは彼が無くなったあの日から前へ進めず思い出とともに
逆流しいていて、引きこもりを解除できません

先日の法要の日、お坊さんがしみじみおっしゃった一言「わかすぎる、若すぎです、つらいですね~いっぱい涙をながして・・・・」あとはどんなお話をされたのか、わたくし倒れてしまいました

待ち受け画面も変えられず、歯ブラシも髭剃りもペンもそのまま
二人で暮らしたままの部屋

るいさんのブログを見守っています

生意気ですががんばってください

あいさんへ

こんばんは。

遺品は故人の生きた証なので、
遺された人がずっと伝えていくべきだと思います。
何年経っても捨てられません。

妻が夢に出て来ないと言う事は、
私の考えに同意してくれていると思っています。

引き籠りも、そのままの家具や衣類、
生活用品も全てあいさんの深い悲しみと
ご主人への愛がそうさせているのでしょう。

応援ありがとうございます。

私もあいさんの心が少しでも穏やかになるように
祈ってます。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR