何すればいいのやら

ここ数日、妙に落ち着きがなく、
イライラする。

仕事でのストレスかなぁ。

帰宅しても、TV見ても、ネット見ても、
休みに洗車や趣味をしてても、
言いようのない、不安だか不満だか分からない感情が
渦巻いている。

何するにも面倒、集中が続かない、
人に話しかけられると、イラっとして
そっけない応対をしてしまう。

やっぱり、正直な胸の内を話せる人、場が
無い事が原因なのかな。

先日から猫の体調が悪いのも影響してる?

そろそろ妻が猫を呼びに来てるのかな。

そうして、みんな僕を一人にしていくのだろう。

いった何をすればこの不安定な状態を
脱せるのか皆目見当がつかない。

思い切り運動して汗かくか、カラオケで叫ぶか、
その辺りも試してみようか。

結局、自分は弱い人間なんだと言う事で
片づけられそうな気がする。

自分でも知らないうちに、心が消耗してるのかも。

電池切れも近い?・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

るい37さんへ

私たち自死遺族は、そうでない人たちと比べて
毎日当たり前に生きることに
目に見えない大きなエネルギーをついやしています。

当たり前のことに、心のエネルギーを使い、
消耗して一日が終わります。

何とか一日もったと思っても、
ふとした瞬間にブレーカーが落ちて
動けなくなります。

我慢している分、怒りや焦燥感が
突如として自分を襲い、
コントロール不能になります。

それがいつまで続くのか、
先の見えない現実に
呆然とします。

そんなことの繰り返しをしながら、
毎日を何とか生きています。

正直に胸の内を話せる人が
一人でもおられたら、
一度は話してみるのもいいかもしれません。
冷静に聞いてくれる人もいると思います。

エネルギーはとてもいるけれど。

たまには怒って無茶してもいいかも…、
クッションを蹴飛ばすぐらいなら…

こころの底の悲しみを大事にするしかないんですよね。

せめてぐっすり眠れることを祈っています。

sueさんへ

やっぱり普通に生きる事自体に
かなりのエネルギーを要して、
自らをすり減らしているんでしょうか。

隠さなきゃいけない、嘘をつかなきゃいけない、
普通なら考えなくてもいい事を考えて
行動しなきゃいけない、
行く場所も限られる、

そんな事の積み重ねで、自分でも気づかないうちに、
だんだん溜まっていくのかもしれません。
期限も分かりませんしねぇ。

ここで吐き出せる事がせめてもの救いのような気がします。

おかげさまで不眠にはならないので、
そこは助かっています。

何も飾らない、隠さない、そんな会話が
出来る環境が最も欲しいものなのかもしれません。

こんばんは。

吐き出せる場所で思いっきり吐き出してください!

今日は夫の月命日でした。まだ5ヶ月しか経ってないのに、夫とここで住んでいた事が遠いことみたいです。

そして、5日ほど前、母がくも膜下出血で突然亡くなってしまいました。2、3時間前は普通にしてたらしいのです。

忙しすぎて悲しんでる暇もないし、夫の時ほどのショックもないのですが、人生なにがあるかわかりませんね。

1日1日大切にしていこうと思いました。

るいさんも無理なさらず、ストレスなどため込まないようにしてくださいね。

るい37さんへ

るい37さん、
不安なのか不満なのか分からない感情が
渦巻く感じ、理解できます。
私は、平和で当たり前の日常を目の当たりにすると
訳もなくイライラします。

例えば、穏やかで温かい気候の日曜日や祝日に
人々がゆっくり過ごしている光景を見た時。
公園や各家庭の玄関やお庭に綺麗に咲くお花を見た時。
朝の通学、通勤風景。
お昼休みに数人で外食をするサラリーマン。
数えたらきりがない…
夜のネオン、高台からの夜景、
こんな普通の光景にイライラするんです。

朝日が昇る、夕日が沈む、
月が綺麗な夜、心地よい風、ポカポカ陽気、
何もかもが腹立たしい。

それは、最愛の人が自死してしまった、
にも関わらず世の中は平穏に過ぎている。
その事実が許せないんだと思います。
大切な人が、自死を選ぶ程に苦しんだ世の中に、
素晴らしい個所があることを認めたくない気持ちが
湧くんだと思います。

そして、どうして自分達がこんな目にあうのか!
理不尽で不公平で言いようのない怒り。
この自死遺族特有の怒りのような感情は、
周囲には理解してもらえないし、言うつもりもない。
辛さや悲しみを吐き出せる場所は、
やはり同じ体験をした方たちの集まりのような
場所に限られてくるのかも知れません。

死別の詳細を語れない辛さ、
自死で大切な人を失った心の傷は、
自分でも計り知れないぐらいに相当深いと思います。

人に話しかけられるのが嫌だと感じたり、
些細な言葉に激怒したりは、私も頻繁にあります。
それはストレスなのか、心が既に病んでいるのか
分かりませんが、明らかに不満が溜まっているのでしょうね。

るい37さん、
お互いに心のコントロール方法を見つけて、
徐々にでも吐き出さないと。
ほっておくと、そのうちに倒れそうです。

ともさんへ

節目節目で、伴侶との日々が遠くなっていくのを
感じますね。心は何も変わっていないので、
そこで葛藤が生じます。

お母様の事、何と言ったら良いのか、
まずはお悔やみ申し上げます。

でもあまりショックを受けない気持ち、
分かるような気がします。
伴侶の死が大き過ぎるんですよね。

自分も明日死ぬかもしれないと思いながら、
生きています。
今だけを生きればいいんだと思えば、
多少、楽になるかもです。

ありがとうございます。

のあさんへ

日常に憤りや妬みにも似た感情を抱くのは、
私も以前ほどでは無いですが、未だにあります。
あの人達は、自死遺族なんて言葉も存在も
知らないんだろうな、とか思います。

普通の光景、平和な光景、その大切さを
知りすぎているだけに、世間がその瞬間を怠惰に
過ごしているように見えてイライラが募ります。

空を見て、天気がいい事ですら、
イライラの対象になったりもしました。

そんな思いを吐き出したい、
聞いてもらいたいけど、
分からない人にいくら言ってもムダだし、
興味本位で聞かれるだけなので、
結局、誰とも話せない、話したくないと言う
ループに陥ります。

人に話かけられたくないと言うのは、
何かの拍子に配偶者や家族の話に
言及するのがイヤで、避けるようになっていますね。

いったいいつまでこんなのが続くのか、
抜け出せない迷宮に入り込んでしまっています。

同じ思いを抱えた人と会って、
心のままに吐き出して、泣き喚いて、
それが最も効果的なのかなと思っています。

それが叶うまでは、不安不満を忘れるくらい、
集中出来る事を見つけないと・・

そうは言っても難しいですね。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR