逢瀬

先日、久々に妻が夢に出て来た。

いつ以来だろう。

夢の中ではまだ結婚前の設定だった。
僕と妻が一緒にいて、妻が習い事か何かが
あるから帰ると言い出した。

僕は、その場所まで送迎するよ、と
答える。

妻 「いいよ、悪いよ。」
僕 「全然悪くなんかないよ。」
妻 「どうしてそこまで出来るの?」
僕 「一緒にいたいから。」

なんかただのノロケみたいだ。

聞いてるこっちが恥ずかしくなる。

妻をクルマに乗せてその場所に
向かう途中で夢は終わった。

夢の中で妻は穏やかに笑ってた。

僕は言いようのない安心を感じていた。
これ、これだよ、この笑顔。
何物にも代えがたい妻との時間。

あの世で妻が夢の中の表情のように
穏やかに過ごせているのなら、
僕の心も穏やかになる。


目覚めた後、妻の遺影に語りかける。

「おはよう、今日も一日見守ってね」
これは毎朝の挨拶。

「一緒の時間を作ってくれてありがとう。
 嬉しかったよ、楽しかったよ」


自然と涙が頬を伝っていた・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

悲しみを抱えて生きることほど辛いものはありません。奥様がいつも守っていることと、良い思い出は今も生きていること、奥様はだから・・・今もここに生きていること。そして・・・そう あなたの涙をふいていること。

matu8さんへ

悲しみが消える事はありませんが、妻の思いを、
影を、常に感じられるようにしていきたいですね。

私が涙を流して、拭いている時は、
私の手に妻の手が添えられているんですね。

るい37さんへ

いいなぁ~私も主人の夢を見たいです。
主人が亡くなって一年…夢に出てきてくれたのは
数回です。

結婚前は、離れているのが寂しくて、
結婚が決まってからは、一緒に住む日が
待ち遠しくて、その日が来るのを指折り数えて待っていました。
マリッジブルーなんて、全く無縁でした。

るい37さんも、奥様の笑顔で癒されていたんですね。
私も、主人の笑顔が大好きでした。
嘘の付けない人だったので、笑う時は、本当に嬉しそうに、
楽しそうに笑うんですよね…癒されました。

人は、亡くなったらどうなるんですかね。
あの世で安らかに暮らしていると思いたいですね。
そして、またいつか会えると信じたい。

私も毎朝、主人の遺影に話しかけています。
「おはよう」から始まって、今日の予定を伝えます。
ここ何日か、2階の寝室で寝ずに、
1階のリビングに布団をしいて、犬と一緒に寝ています。
隣りの和室に仏壇があるので、
何だか主人が近くに居るようで安心します。

今日あたり、夢で逢いたいな。

のあさんへ

私もいつ以来なのか思い出せないくらい、
久しぶりでした。
あの世でも何かと制約があったり、
多忙だったりするのかもしれませんね。

のあさん夫婦は、結ばれるべくして
結ばれた組み合わせなのでしょう。
お互い、この人以外は考えられない、
この人に逢えて本当によかった、
それほど深い愛情をたたえていた2人なのに、
離れ離れになるなんて、悲しすぎます。

生きていれば、お互いに泣いたり
怒ったり当然しますが、
好きな人が笑うと最高にいい気分になれます。

私も以前の家では、寝室は2階でしたが、
独りになってからは、仏壇のある1階リビングで
寝起きしてました。
これならお互いに寂しくないかなと言う気がしてました。

この世での終末が苦しいものだったので、
せめてあの世では穏やかに気楽に
過ごしていると信じたいです。
ご先祖様にも妻を助けてくれるように
祈りを捧げています。


プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR