貴重な普通

昨日、たまたまつけてたTVで、
「死神くん」と言うドラマ?をやってた。

仕事も恋愛も何一つうまくいかず、
自暴自棄になって、三つの願いと自分の魂を
引き換えると言う契約を悪魔と結んだ20代の男性、
ひとつ目の願いは、
声をかけた女性が全て自分の事を好きになると言うもの。

いろんな女性にちやほやされていい気分になる男。
でもなんか違う。もっとときめく恋愛がしたい。

そこで出会ったのが、幼少から病を抱えていて、
死神からあと二日の命と宣告された10代の女性。
女性は幼少からずっと一人で外出した事がなく、
あと二日の命ならと、死神に依頼して一人で外出していた。

男性は女性に声をかけるも、その女性には効果がない。
どうやら死神に関わっている人物には悪魔の力が
効かないらしい。

女性は大企業の社長令嬢。
SP?らしき数人の男が女性を追って来たので、
女性は男性と一緒にクルマで逃走。

女性は仕事一辺倒の父親に、最後に大切にされたい、
困らせてやりたいと誘拐を男性に提案。
男性は女性の父親に電話で身代金を要求。

しかし、身代金受渡し場所には父親は現れず、
SPの一人が持って来た。周囲には数人のSPが張り込みしている。

男性は悪魔の力で身代金を自分の元に
持ってこさせるように二つ目の願いをしようとする。

女性は「そんな簡単に魂をあげちゃダメ」
男性は「どうせ何やってもうまくいかないし、
    みじめに長生きするより、短く楽しく生きた方がいい」

女性は男性の頬に平手打ちし、
「あなたは健康で普通に生きられる有難みが
 まるで分かってない。生きてさえいればいくらでも
 やり直しが出来るじゃない」

この時僕は、はっと自分の事を省みていた。

妻を自死で亡くしてから、
何もかもどうでもいいと惰性で生きて来た。
いつ死んでもいいと自暴自棄になる事も多数。

それは当然と言えば当然の感情。

伴侶を自死で早くに亡くしたと言う境遇は、
普通じゃなく辛く苦しいもの。それは紛れもない事実。

しかし、とりあえず身体は普通に動ける健康な状態。
それは妻が最も欲しがっていた健康な身体。

自暴自棄になって、日常生活を放棄する行為は
妻に申し訳ない。それは妻も望んではいないと思う。

「普通に身体が動くうちは、出来る事をして、
 生きる努力をしなきゃいけないよね」

そう妻に問いかける。

これからも落ちる日、落ちる時があるだろうけど、
「動ける身体の有難み」、と言う言葉を頭に置いて、
自ら生きる事を放棄する事の無いようにしたい。

無駄に長生きはしようとは思わないけどね。

と言っても、心は普通じゃないので、
落ちて這い上がっての繰り返しになるだろう。
そうやって世界は回っていくのかな。

「大切なものは失って分かる」と言う事を
これ以上ない授業料を払って経験した自分だから、
それを繰り返さないようにしたい。

心がどこまでついて来れるかな・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

るい37さんへ

健康な人はそれが当り前のように思っていますが、
本当は当たり前じゃないのですよね。
そうです!健康な体さえあれば、
何でも出来るはずなんですよね! 健康でも、
年をとれば、出来ない事も出て来るでしょうし...

でも、大切なものを失い、これ以上ない授業料を払ってまで
経験させられなければいけないほど、その前の私達って
ダメな人間だったのでしょうか?
今世において、そんなバツを受けなきゃいけないほど
悪い事をした覚えはありません。
でも、これがもし前世のカルマのせいだとするなら、
どうあがいても、この苦しい今世を生きぬくしかない
のか??? 人生って不条理!

あめりこさんへ

今、普通に動ける事に感謝して、
出来る事は出来るうちにやっておきたいですね。

伴侶と2人で暮らしていた時でも、
そんなダメな人間ではなく、
普通に暮らしてたと思うんですが、
今と比べると、感謝の思いが足りなかったかもしれません。
そうは言っても人間は弱い生き物なので、
毎日毎日感謝しろと言う方が難しいと思います。

人に迷惑をかけた事もそれほど無いと思いますし、
ましてや犯罪など犯していません。

自分でも知らないうちに誰かに迷惑をかけていたのか、
あめりこさんの言われるように、前世からの因縁なのか、
どちらにしても自分の身に覚えが無いのは納得いきませんね。
神様もそれを教えてくれればいいのにと思います。

人生いろいろとは言うものの、こんな試練は無いでしょう。
それでも生きなきゃならないんですよねぇ。



健康には身体的精神的社会的と三側面があるといいます。体が健康でも心が不健康なこともあります。
けれども、どの面から見ても健康が得られない人の話を聞くと、やはりどこかが健康だということにありがたみを感じずにはいられません。
医療者として、相手の気持ちや痛みを一緒に感じられる人になりたいです。
今日のブログを読んで、ハッと考えさせられました。素敵な文章をいつもありがとうございます。

たまきさんへ

三側面、言われてみれば確かにありますね。
どこか一面でも不健康だと、他の側面も
不健康になってしまう可能性もあり、
それぞれが繋がっている気もします。

いろんな考え方があると思いますが、
身体的側面が健康である状態が、
比較的恵まれていると思います。
身体が不健康だと、出来ない事が最も多く
なるのではないでしょうか。

三側面のお話、ありがとうございます。

るい37さんへ

でも、納得いかなです。
そりゃ私も気づかずに誰かに迷惑をかけたり、
傷つけるような事を言ったことはあると思います。
でも、こんなに重い罰を受けるほど、常に誰かを
傷つけ、迷惑をかけまくって生きているとは思いません。
困っている人に親切にすれば仇で返され. . .
ばぁさんはまだ居座ってます。
こちらでも居住権というのでしょうか?
私が彼女を強制的に追い出す事は出来ません。
助けてあげたことで、酷い目にあい、
苦しめられています。
しかも彼女は犬の散歩でいつも近所を歩いているので、
主人の死因を誰かに聞いたようです。
それをネタに私にハラスメント的な事を言います。
こんな悪質な人を守る法律はあっても、
私を今すぐ守ってくれる法律はありません。
これでもか〜これでもか〜と試練を与えられ、
いつまでオマエは生きてるつもりなんだ!と
言われているような気がします。

あめりこさんへ

あめりこさんは優しい人なので、
自分が施されるより、誰かに施す方が
多くなってしまうんでしょうね。
この世は何だかズルイ人が得をすると言うか、
そうでないとストレスばかりが
溜まるような気がします。

でも、ズルイ事したり、
人を蹴落としたり、妬んだり、
そうやって自分が美味しい汁を飲んでも
果たして本当に楽しいでしょうか。

綺麗ごとかもしれませんが、
そんな事の上に成り立っている人生なんて
何かのきっかけで脆く崩れ去ると思います。

あめりこさんはあめりこさんのままで
いて欲しいです。
これをしたからこの対価を求めるのではなく、
あの世に繋がる事なのだと思えば、
気の持ちようも違って来るかも?

あの世ではきっとそれが報われるに違いありません。
え?遅いですか?

この世なんて通過点、早く過ぎて欲しいですね。

ばーさん、確か期限があったと思うんですが、
それ過ぎたら玄関の鍵を変更して、
家に入れないようにするとか・・
毅然とした態度で臨みましょう。

何言われても何されても、死を
恐れない自死遺族の強さを見せてやりましょう。

あ、私の個人的意見なので、
ご参考程度に聞き流して下さい。

るい37さんへ

私は自分が病気持ちなので、
健康の尊さがわかります。

毎日どこも痛くない、お腹が空く、
行きたい所へいける、何週間後や何カ月先の
予定を入れたり、人と会う約束ができる。
これって実は凄い事なんですよ…
病気の人からみれば、奇跡なんです。

私は八年前に大手術を受けましたが、
同じ病室に入院していた、同い年の、
女性が亡くなりました。病名も私と同じでした。
彼女は私に「いつか結婚したい」と言っていました。

ですが病状が悪化し、食事も受け付けなくなって
「マロングラッセが食べたい」という、小さな願いも
叶えられずに亡くなりました。

私は主人が自死した当時は
「後追いしたい」と漠然と思いましたが、
生きたくても生きれなかった方たちを何人も
見てきましたので、命を軽くみてはいけないと
自分自身を戒めました。

他の方の死別ブログに、
「病死した嫁さんに早く会いたいから、毎日酒を浴びる程飲んで
肝臓をわざと潰している。」という記事がアップされていて、
記事を読んだ読者のコメントには
「私も同じです。わざと不健康なことをしている。」
「自死は天国で会えないから、自分も早く病気になって伴侶に会いたい。」
などの意見が大半でした。

はたして自分が本当に深刻な病気になった時に、
平気でこんなことが言えるのでしょうか?
大きな病院に行くと、
患者には必ずといっていいほど家族が付き添って
車いすを押していたりします。
家族がいる方は、わざと家族に迷惑をかけるのでしょうか?

私のように一人ぼっち場合は、
検査の時も、検査結果を聞くときも、一人です。
今の私はまさしくこの状態です。
先日も検査(pet)を受け、結果も一人で聞きました。
両親はいるにはいますが、遠くにいて高齢です。
何年かして両親が亡くなった時は、
完全に一人です。

何が一番辛いか?
ショッピングセンターや観光地で、
カップルや家族連れを見る事?そんなことは小さなことなんです。
私が一番辛い事、それは
【大病をして、通院や入院を一人で行うこと】です。
【医者の話を一人で聞くこと】です。
誰も頼れない、頼る人がいない、
歩けなくなっても、寝たきりになっても、
助けてくれる身内がいない。
赤の他人にお世話になるか、お金で人を雇うしかないんです。

健康は本当に本当に有り難いことです。
自分の体は大切に守らないと!

そして、万が一の時は
無駄な抵抗をせずに最愛の人が待つ
あの世にいけばいいと思います。

のあさんへ

予定を入れたり、計画を立てるというのは、
健康が大前提なんですよね。
妻も体調を崩してからは、
「カレンダーなんて要らない、
 先の事なんて考えられない」と
言ってました。

入院とかになると、
病院からは
「まず、ご家族と相談して下さい」
と言われますし、
手術となれば、家族の同意が必要となります。

今回、私も足の骨折で、
自分のクルマが運転出来ない状態となりましたが、
もし、独りだったら仕事も長期休みとなり、
通院もタクシーにしなければなりません。

本当に健康のありがたみを思い知る事となりました。

わざと自分の身体を傷めつけるのは、自死に等しい行為では
ないでしょうか。
自暴自棄になる気持ちは分かりますが、
周りに迷惑をかけてまでとは思いません。

生きているうちは、健康に気を配り、
自分の事は自分で出来るように維持していき、
それが出来なくなってきた時に、
短期間で逝けたら理想?です。

何もかも一人で考え、行動し、
決断していかなければならない。
これは健康であればいいですが、
調子を崩した時に大きな不安となって
襲ってきます。

だったら、伴侶をまた見つければいい、
なんて声が聞こえて来そうですが、
そんな簡単なものじゃあありません。
心が到底ついてきません。

とにかく自分で動ける時間を長く、
調子が悪い時間は短く、
調子を崩したとしても長引かず、
誰にも頼らない内に短期間で
逝きたいものです。

誰もがそう思うとは思いますが、
独り者はより一層強く願います。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR