休日の日課

休日の日課と言えば、
昔から朝から洗車がお決まりだった。

それ以外は特に必ず決まったものはなかった。

妻と付き合うようになってから、
「お茶の時間」が最優先となった。(笑)

それまで喫茶店の類はほとんど行く習慣がなかった僕は、
妻が「そろそろお茶しよー」と言う提案に
別にしなくてもいいじゃん、と最初は違和感を覚えていた。

ただ、元々甘いものは好きだったので、
喫茶店でケーキ等を食べる事で、お茶の習慣も、
わりと容易に受け入れていった。

妻は食事にはあまり拘らず、
お茶するお店、メニューにはいろいろ拘りがあった。
特にお店の雰囲気、建物、置いてある家具、小物
その辺りがお店を選ぶ基準となっていたようだ。

時には、高速道路を利用してまで、
お目当てのお店に連れて行かれた事もあった。(笑)
高価なお茶だこと、と僕は半ば呆れ気味だった。

まあ、僕がクルマ関連に拘りがあるように、
妻にも譲れないものがあったのだろう。
そういうお互いの価値観を認め合う事は
一緒に過ごす上で大切な事だと思う。

特に予定が無い休日の朝の会話、
妻「今日、何する?」
僕「洗車の後は特に何も無いよ」
妻「今日のお茶はここね」

そんな会話が昨日の事のように脳裏に
焼き付いている。

喫茶店でも行ってみるかなぁ。
妻の真似して新規開拓でもする?

どっちにしても一人じゃ微妙だなぁ・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素敵なカフェ

女の人って素敵なカフェ好きですもんね。
奥様も素敵な方だったのでしょうね。
カフェにさりげなく飾ってある雑貨とか
お花見るの私も好きです。
雑誌などで紹介されてたり
友達の口コミで行きたくなりますものね。
男性1人だと行きにくいものかな?
女性が1人で牛丼屋さん行くくらい微妙なのかな?(笑)
でも、るいさんが新しいカフェ開拓してお茶してたら
奥様も横で「凄いじゃん。よくこんなお店見つけてくれたね」って一緒にお茶してるかも知れません(*^_^*)

すいません。妄想に走ってしまいました。

なおさんへ

雑誌やwebで見つけたお店に
よく連れて行かれました。

妻なりにお気に入りの基準みたいなものが
あったようです。
やはり女性目線でお店つくりしないと、
お客さんも入らないんでしょう。

なおさんもお気に入りのお店が
いくつかあるんでしょうね。

一人で喫茶店行ける事は行けるんですが、
会話がないとなんかその場にいたたまれなくて
すぐに退散してしまいます。

新規開拓、チャレンジしてみようと思います。
妻の選択基準はなかなかハードルが高そうですが・・

るい37さんへ

奥様は家を建てられた時もそうですが、
インテリアに拘りをお持ちだったのですね。

カフェのメニューや雰囲気、建物、置いてある家具、小物
などを眺めることは、
奥様にとっての、楽しい癒しのひと時だったのでしょう。

近場のそこそこのお店より、
多少遠くても素敵なお店に行きたい…
その考え方は私も奥様と同じです(笑)

私の場合は、
拘りは食材や調味料です。
オーガニックや有機栽培という言葉に弱いです。
お値段が多少高くても、
つい無添加のものを選択してしまいます。

カフェの新規開拓、良いですね。
東海地方って、
喫茶店のサービスが凄いって本当ですか?
モーニングでも、食べきれないほどの量が出るとか。

私は最近、美味しいカフェインレスのコーヒーを探しています。
近くのカフェで豆を挽いてもらったり、
スーパーでドリップコーヒーを買ったりしています。
まだまだ、これっていうお気に入りがみつかりません。
でも、色々試している時は、ほんの小さな癒しになっています。

のあさんへ

家にしろ、小物にしろ何かとヨーロッパ系?が
好きみたいでした。
だからティータイムの時間を重要視してたのでしょうか。(笑)
イギリスのお茶の時間はかなり長いみたいですしね。

自分の好きなものに集中する時間は
大切ですよね。その時だけは負の感情が
消え、心が休まります。

食材や調味料も拘っていくと、
きりがないくらい広い世界なのですか?
妻が亡くなってから、たくさんあったキッチンの調味料も
今は物置の中で眠っています。(汗)

のあさん拘りの食材と調味料で作られた料理の数々は
味と健康を考えた、舌にも心にも美味しいものなのでしょう。

東海は喫茶店の激戦区なので、
様々なサービスがついてきます。
これでお店の利益あるの?ってくらいのものもあります。

もし、こちらに来られる機会があれば、
ご一緒しましょう♪

コーヒーも奥が深そうですね。
好きなものを探して、迷っている時間は
楽しいですよね。
品定めや妄想する時間、大切にしたいです。


るい37さんへ

アメリカには喫茶店文化がないです(>_<)
スタバが出来る前までは、美味しいコーヒーも、
紅茶が飲めるお店もなかったんですよ〜
最近は美味しいコーヒーのお店が出来てきましたが、
美味しい紅茶のお店は見たことがないような?!
紅茶はティーバッグが主流で、何種類も取り揃えてある
お店はあります。
店内のインテリアとか、日本の喫茶店のような
雰囲気の所はないです。
こちらは、お休みの日だったら、喫茶店というより、
美味しいブランチのお店探しですね〜
私もネットや雑誌で見て、夫を連れて行きましたよ〜
男の人も、そりゃ美味しいものは食べたいでしょうけど、
自分で調べて、探してまで、、、という発想があまり
ないようですよね。 ココ行ってみた〜いと思うのは、
たいてい女性? 
特に季節が良くなるとブランチに行きたくなります。
夫と行ったお店の事とか、昨日のように思い出しますね〜
でもやっぱり1人ではちょっと。。。

あめりこさんへ

コーヒー豆ってアフリカと南米原産のような
イメージですが、アメリカには
コーヒー文化って根付いていないんですね。
スタバってアメリカから来てると思ってたので、
意外でした。
北米にはあまり伝わらなかったんですかね?

紅茶はやはりイギリスってイメージですね。

日本人って海外のものを何でも取り入れて、
美味しいものを追究するんでしょうか。
ヘンに舌が肥えて?いるような気がします。

ブランチは私にはあまり馴染みが無いですねー。
でも話を聞いてると興味が湧いて来ます。
人間なんていつどうなるか分からないので、
食べれるものは食べれるうちに
経験しておきたいと思います。

でもやっぱり一人では・・です。
そうそう茶飲み友達が見つかるわけもなく、
今日はスタバでテイクアウトして来ました。(笑)


プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR