重いなぁ

結婚式のスピーチの内容を考えてた。

①自分と友人との関係
②知り合ったきっかけ
③今までの友人とのエピソード
④友人と新婦の普段の様子
⑤二人への祝福の言葉

こんな感じで流せばいいかな。

問題なのは⑤。


後悔しないように
今を大切に
日常こそが幸せ
かけがえの無い存在
代わりはいない

こんな言葉ばかりが浮かぶ。

自分としては、
素直な気持ちで、お互いを
いつまでも大事にして欲しいと
思ってるだけ。

でも、結婚披露宴では
縁起でもない不吉な言葉と
取られかねないだろう。

重すぎるね。

自分の思いは押し殺して、
当たり障りの無い、普通の
言葉で祝福するしかないか。

その「普通」が既に出来ないから、
普通の状態じゃないから、
悩んでしまう。

この悩みなんて誰にも分かってもらえない。
話したところで奇妙なものでも見る目を
されるのがオチ。

伴侶がいる人は、本当に
今を大切に後悔の無いように
一瞬一瞬を過ごして欲しいと
切に願うばかり。

と言っても、
亡くしてみないとその大きさ、
ありがたさは分からないけどね・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

るい37さんへ

るい37さんのお気持ち、本当に良くわかります。
大切な人を失った経験のある人にしか、
一緒にいられる時間がどれだけ大切かなんて事、
あまりピンと来ないと思います。若ければ尚さら!
るい37さんが少なくとも60代を過ぎている位なら
伴侶に先立たれ、伴侶の大切さを語られても
良いと思いますが、早過ぎるお別れなので、
結婚式のスピーチとしては、触れない方が良いですよね。
ここは、以前にされたスピーチを思い出し、
当たり障りない内容のスピーチがいいですね(^o^)v

読ませていただきました!

「他人の本音がわかる心理学」管理人のふじきちです♪
参考になりました!
ありがとうごさいます^_^

ブロク村のバナーもポチッとクリックさせていただきました。
これからも、読ませてくださいね。

また、僕のブロクでは、今、
【好きな人が、あなたのことを好きか?嫌いか?】
一瞬で見抜く方法を公開中です!

もし、よかったら遊ぶに来てくださいね。
http://fujikichi-honpo.com

重いですね…

ほんと、夫婦生活に愚痴ばかり言っている人は幸せですよね。
ありきたりの日常がどれほど恵まれているか、
伴侶を亡くしてみないとわかりませんよね。

さっき、スーパーで初老のご夫婦を見かけました。
ご主人がカートを押して、
カゴに商品を入れるのは奥様の役目のよう。
「これ安いね…買おうか?」
「今日じゃなくてもいいよ…また今度にしよう。」
みたいな会話をしながら買い物を楽しまれていました。

私は「今度?明日の運命なんてはわからないよ。」と
助言したくなりましたが、
お二人を見て心の底から、いいな~と
羨ましさで一杯になりました。

普通のカップルや家族連れを見かけても
あまり何とも感じませんが、
高齢のご夫婦だけは本当に羨ましいです。
きっと、何十年も一緒に過ごされ、
夫婦共々現役生活(子育てや会社勤め)を引退され、
残された余生を二人で楽しんでいるんですね。
私も主人とこんなふうに年をとりたかったな。
結婚生活の理想の姿ですよね。

るい37さんが思いつくスピーチの言葉、
>後悔しないように
今を大切に
日常こそが幸せ
かけがえの無い存在
代わりはいない

などは、私も全く同感です。

でも普通の方が聞いたら、
特に【後悔しないように】【今を大切に】は、
別れを連想するかも知れませんね。

私達自死遺族にとって、
結婚式で普通のスピーチをすることは難しいですね。
結婚生活が普通では無くなってしまいましたから。

るい37さん、自分の結婚式を思い出して、
言われて嬉しかったことや心に残った言葉などを
書き出して、後はスピーチに関する本を読んだりしながら
アレンジするのはどうでしょう?
あ~でも奥様を想い出してしまいますね…
辛くなりますね。

やはりスピーチは重たいですね。

まみさんへ

まみさん、こんばんは。

私も妻の事を忘れた事など、
一瞬もありません。
ただ、考えても泣く事が減ったのは確かです。
これが日にち薬ですかねー。

カップルを見ると、伴侶との日々を
思い、切ない気持ちになるのはよーく分かります。
その場で何度となく涙ぐみました。

もう想い出は作れない、それも同じ気持ちです。

まみさんの感情はホントにごく当たり前のものです。
どうか、感情は抑えずに全て吐き出すようにして下さい。

その大切さを身を以って知ったからこそ、
後悔の日々を送っているからこそ、
友人には幸せを大切にしていってもらいたいですよね。

結婚式にはお互いに万全の準備で臨みましょう。
ありがとうございます。

ご主人の思いと加護を感じながら、
自分に出来る事をすればいいと思います。




あめりこさんへ

いくら、私達がその大切さを
説いたところで、理解など
出来るはずが無いですよね。

結婚式にはおよそ似つかわしくない
暗いムードが漂ってしまいそうなので、
そういうものをアツく語るのは
やはりやめときます。

友人には面白くないと言われても、
特に印象に残らない無難なスピーチで
切り抜けようと思います。

のあさんへ

今日も親の夫婦喧嘩を見て、
イライラしたりため息をついたり
してました。

今度?

今度って言ってみたいですねぇ。
もう二度とその時は無いんですよね。
「明日、死ぬかもしれないよ」と
言いたくなる場面に私もよく遭遇して、
出掛けた言葉を飲み込んでいます。

若いカップルを見ると、あんな時もあったなぁと
切なくなり、老夫婦を見ると、
あんな未来はもう無いんだなぁと
これまた切なくなります。

自分の素直な気持ちを表現しようとすると、
どうしてもめでたい席でのNGワードが
出てしまいます。

やはり自死遺族には結婚式はもちろん、
スピーチなんて向いてないどころじゃないですね。
めでたい席には禁忌な存在なのでしょう。

自分が結婚式で嬉しかった事・・
妻が横にいる事が全てでしたので、
思い出すだけでつらくなりますねぇ。(汗)

どうしたものやら。

あまり感情を入れずに(入れると泣きそう)
ごく一般的な言葉を連ねて乗り切ろうと思います。

ありがとうございます。

No title

るい37さんは、本当に偉いなと思います。私は、スピーチの以前に出席する事自体が無理だと思います。たくさんの場面でカップルや御夫婦の姿をみると羨ましいという気持ちより嫉妬心の方が強く負の感情だけ・・・。
結婚式に出席するだけで本当にお辛いと思いますが、るい37さんのスピーチはきっと早くにして伴侶を亡くした人の思いが、伴侶の大切さのこときっと伝わると思います。
本当に切ないですね。

ふーこさんへ

幸せな二人を純粋に祝福したい、
もう自分には出来ない事が出来る
二人にはそれを大切にして欲しいと言う
気持ちが、負の気持ちを僅かに
上回っているのかもしれません。

過去2回は、結構な切なさが押し寄せたので、
今回はどうかなと、自分の中の変化を
確かめる意味もあったりします。

伴侶の大切さを語ろうとすると、
泣きだしそうなので、ほどほどに
伝えられたらと思います。

あなたの言葉で

お気持ちよくわかります。
悲しい経験をすると、その気持ちを通してしか物事を語ることはできなくなりますよね。

でも、事情を知らない人からしたらるい37さんが重いと思ってることも何も気づかないということも考えられますよ。
私自身の結婚式で人生の大先輩から色々スピーチしてくださったことなど、あまり深く考えてなどいませんでしたもの。後で夫婦に波風たったときにふと「人生山あり谷あり…など、ありきたりな話をなるぼどな〜と思い出したりしたものです。

あなたの言葉で新郎新婦の幸せを思って語るのであれば、よろしいのではないでしょうか。結婚しても、どうせ…なんて思ってはいけません。よその夫婦とあなたは違うのです。

クロさんへ

どうしてもその気持ちを抜きにしては語れなくなってしまいました。

経験した事のない人には、いくらこちらが
語っても伝わらないので、ありきたりな言葉を
並べて役目を果たそうと思います。

そういえば私も自分の結婚式で、
スピーチしてくれた内容はよく覚えていないですね。
歌を歌ってくれた事くらい・・かな?

そう思ったら少し楽になって来ました。


重いですね。

ご友人は天然系の方なのでしょうか。
いや、るい37さんの人徳なのでしょうね。
スピーチをお引き受けになられたのは立派だと思います。

私なんて、未だに年賀状での「おめでとう」すら言えません。

そんな自分を情けなく思ってしまいます。

macunさんへ

わりとマイペースな友人です。

とりあえずこの人にしとけば無難かなと
言う選択のような気がします。
なので無難にこなそうかと思います。

おめでとうのセリフは、
未だに抵抗ありますね。
いつだって、何がおめでたいんだか・・の
思いは消えません。

情けないどころか、これは当然の感情なのだと思いますよ。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR