こんな自分でいいの?

先日、友人の結婚式の招待状が届いた。

招待自体は、以前から打診されていたから、
ああ、来たか、という感じ。

冠婚葬祭は正直つらいから気が進まないけど、
友人からどうしてもと言われてたから、
出席するだけならと返信用ハガキに
記入しようとしたら、

何かカードが入ってる。

披露宴では、是非「おことば」を
いただきたいので、よろしくお願いします。


え?
「おことば」ってこれスピーチの事だよな?

結婚式ってただでさえ悲しくなるのに、
これはダメでしょう。

隅っこで大人しく目立たないようにしてようと
思ってたのに、思い切り注目浴びるじゃないか。

友人に、
「聞いてないよ、ムチャ振りもいいとこだ」
「死別したオレがスピーチしたら、縁起悪いぞ」

と言ったら、
離婚したわけじゃないから、全然気にしてないとの事。

彼は妻の死因は知らない。
知ってたら絶対頼まないだろうなぁ。

結婚式は自分の結婚式を思い出すから、
みんなが笑顔の中、一人悲しい顔してしまうから、
目立たないようにしてるのに。

これじゃムリヤリ笑顔作らないといけない。

参ったな。

めでたい式なのに、メッチャ憂鬱になって来た。

何を喋ろうか・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

るい37さん、こんにちは。
辛いですね、まさか、スピーチを頼まれるなんて。
もし、私なら、とてもじゃないけど、無理ですね。
なので、欠席か、どうしてもと言われたら、やはり、
隅っこで、目立たないで、おとなしくしていたいです。
スピーチを頼まれたら、私は歌が好きなので、
ゴメンね、歌で勘弁してね、と言って、もし良ければ歌に
変えてもらい、スピーチは、他の方へお願いしてもらいます。
何か、楽器とか、得意な事で許してもらうっていう方法も
あるかなって、思いました。
ご参考になれば、幸いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

明音さんへ

明音さん、こんばんは。

まさかまさかの展開です。
やっぱり傍目には以前のように
普通に生活してるように見えるんですかね?

結婚式はどうしても素直に
祝福出来ないんですよね。
あの日は妻もあんなに幸せそうだったのに、
そればかりが頭に浮かんで涙が出て来ます。

歌ですかぁ、私は一般的な歌をあまり知らないし、
得意な楽器も無いし、特技って言っても・・

アドバイスありがとうございます。

当たり障りの無い事を極力短めに
話して切り抜けようかと思います。




まみさんへ

はじめまして。

まずはお悔み申し上げます。
心中お察しします。

さすがに伴侶を亡くして2ヵ月後では、
結婚式出席は非常に難しい、と言うか
最後まで見れないのでは、と言う気がしてしまいます。

お友達に対しては、祝福してあげたい気持ちは
確かにあるけど、式や披露宴で泣きだして、
お友達に迷惑をかけてしまうんじゃないかと
心配もしてしまいます。

自死を知らせていないのであれば、
尚更、その矛盾と葛藤で自らを苦しめてしまいます。

とにかく自分のすべき事(余興)に
集中して、ある意味仕事感覚で
臨むと何とか乗り切れるかもしれませんね。

式が終わるまでは食べる事に集中するとかして、
終わって帰宅したら、泣き疲れて眠ってしまうくらい
泣きましょう。

私は2ヵ月後なので、結果報告を
参考にしていただければと思います。

苦しいですね

うわ~(+_+)
スピーチはキツイですね…
亡くなった奥様を思い出して、
ついウルウル涙目になりそうです。

どうしてもお断りできないならば、
るい37さんだけが知るお友達のドジ話とか、
思いっきり笑える話とか、なるべくしんみりしないように
明るくスピーチするしかないですね。

人の幸せを喜んであげたいけれど、
どうしても心から笑えませんよね。

昨年末ぐらいから、
やっと薬なしでも眠れるようになっていたのに、
また最近眠れなくなってきました。
仕方がないので薬を飲んでいます。
心療内科も予約しないと…

最愛の人に自死された衝撃は強烈ですね。
少し心が安定しても、暫くすると闇の中です。
一生こんな感じなのかな…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

スピーチの途中で、泣きだしたら、
周りの人達は、そんなに嬉しいんだ、と
思うんでしょうね。

一度、泣いてしまったら止まりそうに
ないので、何としても耐えないと。

スピーチの内容は、ホントにごく日常の
やりとりを傍観してた時の感想を
話すつもりです。スピーチの時だけは、
意識的に友達の事だけを思う事にします。

あくまで淡々と。

なかなか心が安定する日は
来ないですよね。
安定してるかなと思っても、
些細なきっかけで大崩れしたり、
きっかけが無くても、何だか急に
落ち込んだり。

この大きな傷はちょっとやそっとでは
塞がらないし、塞がるのかどうかも
分かりません。

眠れないのも身体に良くありませんが、
薬に頼り過ぎるのも考えものです。

ムリの無い範囲で、身体を
動かすと疲れて眠れるように
なるかもしれません。
汗をかくと負の成分が体外に
出るような気がします。

ジョギングでもウォーキングでも、
いいですが、ラジオ体操も真剣にやると、
結構、いい運動になります。

まみさんへ

今はどちらが前なのか後なのかも
分からない事と思います。

感情のコントロールは出来なくて当たり前です。
そんなに強い人はそうはいません。
未だに私も涙は枯れません。

ですが、いつからとか何がきっかけと言う
わけではないですが、涙の量は減ってきます。
妻の事を忘れたわけではありません。
むしろ想いは強くなっていますが、
妻がいない日常に慣れたのだと思います。

まみさんにもその時は必ず訪れます。

今、自分が生きていると言う事は、
まだこの世ですべき事があるのだと思います。
それを見つける為に生きられる内は
普通に生きていきましょう。
なかなかそれが難しいんですが・・

自分を労わる事、自分の心に従う事、
ご主人だったらこうする、
これらの事を常に頭において、
行動を決めて行くと、何か自分の
スタイルが出来ていくかもしれません。

ですが、境遇や想いは一人として
同じではありませんので、
あくまで個人的な意見として
参考にしていただければと思います。

まみさんは決して一人ではありませんよ。

るい37さんへ

うわぁ〜それはキツイ!
るい37さん、優しいですねぇ
私だったら出席はしても、スピーチはどうか
気持ちを察して下さいってことで断るかな〜
私は日本で結婚式&披露宴をしていないので、
自分の時と重なることはないですが、
もししていたら本当に辛いと思います。
幸せなカップルを見るのも辛いとこありますから、
結婚式は出席するだけで気合いをいれないと
いけなのに、スピーチまではねぇ...
どうか気合いで頑張って下さい(^o^)v

私は最近、ヘンな日本人のばぁさんに苦しめられてます。
私、真面目に生きてるのに、どうしてこんな
ヘンな人に出会ってしまうのか?何故、何から何まで
1人で解決しなきゃいけないのか? 
1人で勝手に逝ってしまった夫を恨みたくなります(>_<)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あめりこさんへ

ムチャ振りもいいところですよね?

優しいと言うか、5年以上経っても、
まだ悲しんでるの?と言う目で
見られたくないってのが
正解かもしれません。

幸せなカップルは、やっぱり見てて
辛いです。と共に、
後悔しないように今を大切にして
欲しいと言う思いもあります。

妻が亡くなってから、3回目の
結婚式ですが、スピーチは初なので、
気合いと開き直りで乗り切ろうと思います。

スピーチ自体は以前も経験ありますが、
伴侶がいるといないでは全然違うんだろうなぁ。
怖いです。

ヘンな婆さんですか?
ヘンなおじさんなら聞いた事ありますが、
相当ヘンなんですか?
あめりこさんが優しいから、
婆さんも調子に乗ってる?

状況がよく呑み込めませんが、
一度ガツンと言ってやりましょう。

ご主人も傍で支えていると思いますヨ。

ひなたさんへ

お久しぶりです。

ホントに勘弁してほしいです。
断ればいいじゃん、と言われそうですが、
祝福したい気持ちもあるので複雑です。

なるほど、そういう捉え方もあるんですね。
前向きなご意見、ありがとうございます。
それなら、妻も応援してくれそうですね。

新婚の友人夫婦は自分には眩し過ぎると思いますが、
自分の祝福の思いを正直に伝えられたらと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まみさんへ

後を追う事は私も何十回も考えました。
でも、心身ともにボロボロの自分を
顧みて、親兄弟に同じ思いはさせたくないと
言う思いが強くなっていきました。

自死はしない、させないと言うのも、
今となっては生きる意味のひとつなのかな
と思う時があります。

ご主人を思う気持ち、それこそ心のままに
表現するべき事だと思います。
感情は抑え込まずに吐き出す事が
必要です。

こんな私でも、何かの力や助けに
なれるのなら、私の方こそ救われます。

お互いに支えたり支えられたりして、
今を生き抜いていくのだと思います。

るい37さん

あ〜、そうですよね〜
奥様を亡くされて、間もない方には頼みませんね。
世間の方々にとって、5年も前の事は過去ですね。
悲しいですが、それが遺族と
そうゆう経験のない方々との温度差ですね。
ここは開き直って、頑張って下さい。
奥様はちゃんと側についていてくれますよ!

はい、ヘンな婆さんです。
日本人と言っても15才で留学してずっとこちらに
住んでいるらしいので、日本人と言えるか?
年の頃は65才前後?! 70過ぎてるかも?!
私、自分で言うのもなんですが、お人好しなんです。
それと、夫が亡くなった後、知人程度だった人が、
本当に良くしてくれて、助けられた経験もあるので、
目の前に困っている人がいて、自分に出来ることなら、
その人を助けてあげなければ!と思うのです。
しか〜し、そうゆう考えは危険!たとえ同性であっても
見知らぬ人を家に入れたり、係わったりするべからず!
という事を、思い知らされてます。 
ガツンと言おうもんなら、倍返しですよ!
一筋縄でいくような人じゃないんです(T_T)

あめりこさんへ

この温度差は埋めようがないので、
仮面をつけてこの局面を
乗り切ろうと思います。

ありがとうございます。

やっぱり、あめりこさんが
優しいのでそういうところに
付け込んで来る人がいるんですね。

自死遺族になってからは、
弱い人を助けたい気持ちが
強くなりますね。
逆に強い人には距離を
おきたくなります。

その婆さんも最初は弱かった?

居留守や用事を作って、
関わらないようにしてもダメですかね?
半ばストーカーのような気がしますが、
そちらでもストーカー法みたいなものは
あるんでしょうか。

ガツンがダメなら、徐々に距離を
おく方法で攻めてみてはどうでしょう?


No title

自分だったら、逃げます。
できない。

けんさんへ

最初は逃げようかと思いましたが、
妻が祝福してあげて、と言ってるような
気がしたので、引き受ける事にしました。

No title

いや〜、距離を置けるものなら置きたいですが、
家に居るんです(>_<)
簡単に言うと、テンポラリーの仕事で3回会っただけなのに、
友達づら(?)で人の好意につけ込み、家に入り込み、
お金も払わず居座り、しかも悪態つきます!  
貸し部屋が空いたので、住む所がなくてお困りだったので、
住む所が見つかるまで、1〜2週間のつもりでした。
もう1ヶ月たち、出て行く目処がありません。
数年前までは、セレブな生活をされていたようです。
それは嘘でもないようです。
身から出た錆で落ちぶれた、哀れなバァさんです。
そうです。自死遺族になって、前よりも、困っている人を
助けたという気持ちは強くなったと思います。
でも、まだ完全に立ち直っていない私が、
他人を助けるなんて、
おこがましい考えだったと痛感してます(>_<)

あめりこさんへ

何と、居候ですか。

一人での寂しさと、
助けたい気持ちが重なって、
招き入れてしまったかもしれませんね。

居候してるのに態度がデカイのは
いけません。

期限を決めて出て行ってもらうしか
ありませんが、でなければ警察の出番でしょうか。

お金もらっていないので、
食事の準備は自分でやってもらうとか、
その人のキライな動物を飼うとか、
完全無視するとか。

なかなか難しいですね。

るい37さんへ

ひつこい登場ですいませんm(_ _)m
ハイ、一応期限は最長4月末、
お金は3月末までに払うこと!守られなければ、
鍵を変え荷物は外に出す!と言ってあります。
明日、お金の工面に行くようです。
その為、私は彼女の犬の世話を頼まれました。
ハイ、驚きの犬づれです!
ま〜〜〜どこまでお人よしの私ぃ〜ですが、
まぁ、犬に罪はないし、嫌いじゃないので。
お金を払えばドックシッターでも、デイケアでも
簡単に見つかるはずですが、なにしろお金がない
様子なので、私が犬の面倒を見てあげて、
お金の工面に行けるなら仕方ないです。
出入口は別なので、ほとんど顔は合わせません。
もちろん食事は別で、居候と言っても、
下に人が居る気配を感じる程度なんですけどね。
頭に来てますが、哀れすぎて気の毒にもなってしまう
のですが、私には関係ないと心を鬼にしなければ!です。

あめりこさんへ

いらっしゃいませ(笑)

子連れならぬ犬連れですか!
かなりの図々しさですねぇ。
あめりこさん、やっぱり優しさに
つけこまれています。

困っている人を助けたい気持ちは
私にもよく分かりますが、
自分も大概弱っているので、そこまでは
自分を犠牲には出来ませんね。

自分が参ってしまう前に、
ここは毅然とした態度で、
期限は期限、約束は約束と
言い切りましょう。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR